「双対性」この魅惑的な概念:高橋秀俊ファンの言葉「仰るとおりでしたヨ」

みなさん、こんにちは。

今回は、個人的な物理メモである。普通の人にはあまり良くわからないはずだから、スルーを。

数学には、ディリクレ境界条件というものとノイマン境界条件というものがある。これは、物理では、固定端境界条件というものと自由端境界条件というものにあたる。

要するに、境界、すなわち壁、にあたると、そこでゼロになる場合と、最大になる場合の2つの極端な条件があることになる。

波が固定端に衝突して跳ね返ると、位相が逆転して戻ってくる。上を向いた山波が下を向いて跳ね返るのである。一方、自由端では、上を向いた波はそのまま跳ね返る。

境界でゼロになるということは、逆にそこでは速度が最高になれる。一方、境界で最大ということは、逆に速度がゼロということになる。

ブランコで大波小波と振っている時、振幅最大の位置は一番前か一番後ろである。その時は方向が逆転するために一瞬速度がゼロになる。一方、振幅ゼロの最下点では、位置エネルギーが速度エネルギーに全部変わっているから、最大速度の位置になっている。そして、その位置の前後でブランコの速度の方向(つまり、ブランコの進行方向)は変わらない。

このように、固定端と自由端は双対になっている。デュアルなのである。

この世界のあらゆるものには、こういう双対性がある。この問題を非常に私好みに説明しているものがある。比較的最近見つけた古い本だが、「数理と現象」という高橋秀俊博士(故人1985年逝去)のものである。以下の本。
『数理と現象』
(もう絶版で、アマゾンにもない。)


この双対性(デュアリティー)というもの、バカにしてもらっては困る。

というのは、この自然界のかなりのものにこれがうまく生かされているからである。

一番有名なものは、爬虫類の視覚と哺乳類の視覚との違いである。ジュラシックパークで、ティラノサウルスに襲われそうになった時、

「動くな」「動くと見つかる」

という場面がある。

これは、爬虫類の視覚は、「静止したものが見えず、動いているものを認識する」ようにできているからである。一方、我々哺乳類の視覚は逆にできていて、「動いたものが見えにくく、静止したものを認識する」ようにできているのである。

言い換えれば、哺乳類はディリクレ境界条件(固定端)、爬虫類はノイマン境界条件(自由端)なのである。

同様に、流体は固定端境界条件、電波は自由端境界条件になっている。

ここら辺から、一気に飛躍しよう。

この世界がそういう双対性を知っているとすれば、つまり、この宇宙が双対性を基にして生まれたとすれば、我々が見ている宇宙は「固定端」の世界だけかもしれない、ということになる。

つまり、ひょっとしたら、この世界のどこかに同時に「自由端」の世界が存在している可能性がある。

この自由端の宇宙の世界の住人、人間がいたとすると、

「止まるな」「止まれば見つかる」

といって、始終動き回っているに違いない。ちょうど、恐竜の前の我々の逆をしているはずなのである。

実際、我々の目は1秒間に16コマ程度で連続に見える。だから、映画はそれ以上にしてある。1秒間に32コマで十分。テレビは走査線が1秒間に72コマ(画面)が切り替わるば、それで十分なのである。パソコンもいっしょである。

ということは、これ以上の速さで動いているものがいると、我々の目には見えない。

はたして、そういう生物が存在できるのだろうか?

そういう疑問がわく。

あるいは、彼らにとっては静止していることが、我々にとっては運動しているようにみえる。そういう可能性もある。逆に我々が静止していることが、彼らにとって運動していることにあたる。

こういう組み合わせもあり得る。

実際、電気と磁気との関係はこういうものである。

つまり、我々の世界が電子を基にした電気をベースにした世界であるとすれば、彼らの世界は磁気単極子(モノポール)を基にした磁気をベースにした世界ということになるだろう。

数学的には、位相がπだけずれた世界である。直行した世界ということになる。

この2つの世界が同時に存在しているとしよう。

はたしてこれが双子宇宙というものだろうか?

時々、この2つの世界の境界が共有される時がある。すると、そこが時空の割れ目となって行き来できる。

磁気の世界から来たものが電気の世界に姿を見せれば、おそらく光り輝く。逆もしかり。

我々の世界で流体として見えているもの、物質として見えているもの。こういうものは、むこうの世界では、電磁波のように見えないものになる。逆に、我々の世界で電磁波のように感じるものや見えないものが、向こうの世界では見えるものになる。

はたしてこの双対性は、この世とあの世の双対性を表しているのだろうか?

かつてガモフやリチャード・ファインマンが、全てが逆の世界として、すべての素粒子が反粒子と入れ変わった世界を想像した。反物質でできた世界である。物質と反物質が出会うと光になって消滅する。だから、もし反物質の人間と物質の人間が出会って握手すれば、その瞬間に爆発して光となる。

この場合の交換はあくまで粒子と反粒子の交換である。つまり、電気の正負を入れ替えたものである。電荷の双対性である。

私が言っているのは、これとは異なる。磁気と電気との交換。電子と磁気単極子との交換である。静止と運動との交換である。見えるものと見えないものとの交換である。

約10年ほど前私と当時名大の青本和彦博士とで、準双対性というものを発見した。これは口で説明できるものではない。分数や無理数の電荷や磁荷の間の双対性である。

この世界はまだまだ分からないことばかりというわけですナ。


ところで、私は高橋秀俊博士の感性のファンになったのである。昔の東大生は本当にすごかった。そういうことをこの高橋博士が教えてくれる。いまの東大生とは出来が違う。これは、かの仙谷由人の革マル派の学園紛争の時代で終焉したのである。

高橋秀俊さんは「ロゲルギスト」というグループのボスであった。いくつか「物理の散歩道」という本を書いている。また、日本で最初の電子計算機を独自に作った科学者である。
スーパーコンピューター ランキングの行方と計算科学の世界

日本独自の論理素子、パラメトロン素子を用いた独自設計によるPC-1とその発明者・後藤英一氏(左)と高橋秀俊氏 (提供:後藤英一夫人)

物理が専門だが、電子回路、流体力学、工学など多分野で理論実験の両方に秀でた日本ではまれなタイプである。というより、むしろ日本は平賀源内のように、あるいは、仁科博士のように実験理論両方できる多芸多才が多かったのだが、それが西洋流で分化専門家に格下げされたというのが本当のところだろう。だから、高橋秀俊博士は数学もすごかったらしい。

噂では、この人は晩年の1985年頃、ちょうど私が阪大の大学院生だった頃、量子力学より古典力学の方が大事だと言っていたという話だった。が、その当時は「何言ってんのこの老教授。耄碌したのか?」と俺は思っていた。

が、今になってみると、まさに私自身が同じことを考えてやっているから面白い。まったく私はいま古典力学しかやっていないのである。なぜなら生命の基礎を理解するには、まさに古典力学と熱力学の拡張が必要だが、それが実に難しいことだからである。

高橋秀俊博士の慧眼には恐れ入るばかりなのである。一読の価値あり。




# by kikidoblog | 2014-09-02 10:29 | アイデア・雑多

また在日ブーメランが飛んだ!:「慰安婦がダメなら、関東大虐殺だ」ってヨ!



ブーメラン ストリート

作詞阿久悠
作曲三木たかし
唄西城秀樹

ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう
ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう

(中略)

ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう
ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう


みなさん、こんにちは。

いまでは日本人の朝鮮人研究がかなり進んだようで、
「息を吐くように嘘をつく」
「恩を仇で返す」
「火病を起こすと何をするかわからない」
「火事場泥棒」
「弱い者いじめ」
「相手に裏切られると思うと先に裏切る」
「自分個人のストレスをレイプ、暴力、放火で晴らす」
などなど、もはや常識の一つになりつつあるようですナ。

昔の人は、これを一言「バカチョン」と言ったらしい。言い得て妙であったというわけである。

さて、今日はそんな朝鮮人(=韓国人)が過去に大活躍した日である。それが関東大震災である。

今日は、その関東大震災の起こった日である。大正12(1923)年9月1日、午前11時58分に関東大震災が起こった。

やっと「従軍慰安婦」は韓国人とトロイの木馬となった在日韓国人やパチンコ議員たちによって用意周到に計画された「捏造」であったことが社会的に認知された。が、これよりも深くもっと昔から同じような手口で繰り返し捏造されたもの。

それが関東大震災の時に起こったとされる「朝鮮人大虐殺」というものである。在日韓国人朝鮮人のいうところの「関東大虐殺」である。連中、大げさな呼び名が好みらしい。

「従軍慰安婦」は、吉田清治なる自称ジャーナリストによって書かれた小説がひとり歩きして、それを日本の在日韓国人系の左翼の弁護士、ファック島みずほ銀行こと、福島瑞穂や、パチンコ議員の河野洋平やその取り巻きたちが生み出した架空の捏造話だった。

それを犬エッチKがワールドウォッチで取り上げて、全世界とただでNHKを見ている韓国人に広めたのであった(NHKは日本人より韓国人から受信料取ったらどう?)。そして、それを朝鮮日報日本支社の赤日新聞こと朝日新聞が執拗に取り上げたのであった。

「南京大虐殺」もまた、吉田の代わりを作家の本田勝一が、福島瑞穂の代わりを田辺誠書記長が果たして行われた捏造であった。

これらの捏造事件の共通点は、
実際には、やられた被害者が加害者にされ、やったほうの加害者が被害者面した、
ということである。

南京大虐殺は、普通のシナ人を虐殺したのは、国民党+共産党(パルチザン)であった。そして、中国人よりずっと多く殺されたのは、当時中国に入植して中国を近代化していた日本人の婦女子であった。

それが、戦後共産党が支那を仕切るようになると、史実を逆転化、意味逆転化したのである。

従軍慰安婦は、もはやスキップ。すでにみんな知っているはず。

要するに、今騒いでいるのは太平洋戦争=第二次世界大戦中ではなく、朝鮮戦争時以後の朝鮮人「(公的)売春婦」の話であった。それを事大するために、左翼と韓国人が「慰安婦」と「女子挺身隊(ていしんたい)」と無理やりくっつけた。

当時の日本人女性は女子挺身隊に実際に学徒動員など含めて実体験している。だから、日本人が「挺身隊」と聞けば、それは企業や軍需工場で朝から晩まで働くための女子部隊であったことをだれもが知っていた。だから、挺身隊と慰安婦を混同する事はありえない。

ところが、バカチョンは、つまり、朝鮮人韓国人はもはやまともに漢字が読めない。だから、「挺身隊(ていしんたい)」という響きが「貞操帯(ていそうたい)」=陰部保護装置の響きと誤解した。だから、すぐさま「下半身」のことを連想したわけですナ。そして、「女子挺身隊」とは、「従軍慰安婦」=「強制的な性労働」のことだと自信満々で捏造したわけである。

それが、今回、「当時は研究者が少なく〜〜〜」と朝日新聞は見苦しい言い訳をした。が、漢字が読めればだれもが誤解しようがない。だから、朝鮮人が捏造したのは明白である。

そして、実はまだ第二次世界大戦が始まるずっと前の大正デモクラシーの平和な日本で起こった大災害、それが関東大震災だった。

この時、大震災の地震による日本人被害者数は、それ以前の日本で起こった同程度の大震災とほぼ同じと推定して、1万人の死者だったと推測された。

ところが、火事火災で亡くなったものが多すぎて、最終的には13万人が亡くなったのである。したがって、関東大震災では計14万人が死んだのである。

問題は、この13万人の死者の大半が、火病を起こして屋根を飛び跳ねて東京中に火を付けて回った朝鮮人の放火によるものだったのである。つまり、東京中で放火した韓国人のせいで13万人が死んだのである。焼き殺されたのである。これを「大虐殺」と言わずしてなんというのか? 

また、井戸に毒を入れたのも朝鮮人だった。婦女子を集団で陵辱殺害したのもまた朝鮮人だった。

これに対して、正当防衛として犯罪者である朝鮮人を処罰したのである。

それが、何十年か経って、みんな忘れたのを良いことに、「関東大震災の朝鮮人大虐殺」と捏造したのですナ。手口が全く同じだったのである。

さて、従軍慰安婦や南京大虐殺の捏造はある程度知られてきているから端折って、この「朝鮮人大虐殺」の捏造事件の真実をここにメモしておこう。これは、毎年ねずさんこと、小名木善行さんが記事にされているのでそれをメモしておこう。以下のものである。長いので本文はそちらを読んでもらおう。
今日は関東大震災が起こった日

このときの関東大震災の問題が再燃したのは、関東大震災から30年経って、人々の記憶から当時の不逞朝鮮人の凶行のの記憶が薄れはじめた昭和28年のことです。
タイミングとしては、ちょうど日本がサンフランシスコ講和条約によって主権を回復した年にあたります。

それまで占領統治の、というか植民地統治のセオリーである、「その国内にいる少数民族を手なずけ特権を与えることで、言葉の通じない当該国の民衆を支配する」という古来変わらぬ植民地統治の手法で、朝鮮人たちが厚遇され、また、この頃に終わった朝鮮戦争によって、大量の朝鮮人難民が日本にやってきていました。

難民たちは不法入国者ですが、朝鮮戦争当時の日本には主権はありません。
難民が押し寄せてきても、これを武力を用いて追い払うことも、逮捕投獄することもできません。
ですから、数十万人が日本に上陸していました。
そうした人たちは、本来であれば不法入国者ですから、朝鮮戦争が終わり、半島内の治安が回復した時点で、朝鮮本国に送り返さなければならない人たちでした。

ところが朝鮮半島は、身分差別の著しいところです。
帰れば、「こいつらは俺たちが戦っているときに敵前逃亡して逃げた奴らだ」とののしられるし、戦争が終わったと言っても、いつまた政府によって殺されるかわからない不安な状態にありました。
だからなんとかして日本に残りたかった。
そのために、自分たちはもとから日本にいて、日本人によって差別されてきた弱者だと、とつぜん言い始めたのです。
それが当時の在日朝鮮人たちによる、「関東大震災のときに朝鮮人達がいわれなく6000人も殺された」と言うデマです。

そもそも6000人という人数自体、いきなり降ってわいたような何の根拠もない数字です。
それをいうなら、不逞朝鮮人によって、12万余の日本人が殺されています。

人は、極限状態に置かれたとき、それぞれの本性というか、同じパターンの行動をとります。
小さな例では、たとえば同一人の泥棒は、必ず毎回同じ手口で泥棒をします。
喧嘩でも、大声を出す人は必ず大声で怒鳴りちらすし、黙って手を出す人は、やはり毎回モノも言わずに手をあげます。
日本にはない習慣ですが、何かあったら大声でウソ泣きをして泣き叫ぶ。これまた特定の出自の人たちの特徴です。

ところが日本人は、過酷な情況になればなるほど、我が身を犠牲にしてでも、周囲を助けようとします。
旧日本軍の軍人さんたちがそうでしたし、近くは東日本大震災や、阪神大震災、新潟地震等でも、同様の行動パターンがみられます。
むしろ自分よりまわりの人を助けようとして、多くの人が命を落としたりします。
教育とかそういう次元の問題ではなく、これは民族的DNAのはたらきとしかいいようがないことなのかもしれません。
その日本人にも、おかしな人たちはいます。

ひとつ大事なことを書いておきますが、関東大震災の歴史を通じて、私は朝鮮人がおかしな人たちとは思わないし、そのように主張する気もありません。
朝鮮人でも、日本人よりも立派な人はたくさんいるし、現に関東大震災の際でも、不逞でない朝鮮人達の方が、むしろ数の上では圧倒的に多かったのです。
それだけに、悪行というのは、犯行を犯した者が、たったひとりであったとしても、あとあとまで「◯◯人は」といわれてしまうものであるからこそ、彼ら自身のコミュニティにおいて、身を律することを学んでいただきたいと思っています。

歴史は学ぶためにあります。
なぜなら歴史は「繰り返す」ものだからです。
だからこそ民族の記憶、経験として、学ぶ必要があります。

繰り返しになりますが、関東大震災で問題を起こしたのは、「不逞在日朝鮮人」です。
そうでないまっとうな朝鮮人もたくさんいた、というのことも忘れてはならないと思います。

日本人よ、とにかく学べ。知れ。覚えろ。忘れるな。

朝鮮人は極度のストレス下では火病を起こして100%何をするかわからない。自分でも止めれないらしいナア。とにかく、そういう場面では、警戒して離れるべし。自衛、正当防衛をためらうな。
そういう動物だということである。ちょうどマントヒヒがカーっとなった時に似ている感じがするナ。

はやく政府は銃刀法を改正し、自衛の銃所持を開襟すべきである。もちろん、成人免許制度で日本人のみ所有である。

さて、一方、この時期に見事に合わせて、「従軍慰安婦がばれたらこっちだ」とばかりに仕組んできたらしい。このしつこさもまた、朝鮮人韓国人の特質である。血が濃すぎるのである。苗字がたったの5種類ほどしかないため、簡単にいえば、5人に1人は同族親戚である。そういう計算になる。

欧米ではイルミナティーとか、レプティリアンとか、王家とか、言われている人たちが血が濃すぎる。だから、韓国人と非常に似たような気質を持っている。あっさりしていない。

そんな人が今日起こしたものがこれらしい。
【韓国の反応】日本人が書いた朝鮮人大虐殺の本「九月、東京の路上で」が日本で売れている!【関東大虐殺】



91年前の1923年9月1日に発生した関東大震災。 当時、朝鮮人が暴動を起こしたというデマが広がり、6千人以上の朝鮮人が日本軍人と警察自警に集団虐殺されました。 これらの犠牲者を称える追悼碑の前にひざまずいた日本人は、フリーランスのライターの加藤さんです。 加藤さんは、今年3月に関東大地震朝鮮人虐殺事件について、一般人のための最初の大衆書籍を執筆しました。

本のタイトルは「九月、東京の路上で」。

【嫌韓デモ隊:韓国人と在日朝鮮人を殺せ。]
(韓国の皆さん、このデモは全部在日韓国人のしばき隊+男組が起こしたものでしたヨ。)

嫌韓デモ隊が朝鮮人を殺そうという不気味な言葉を叫ぶのを見て衝撃を受け、執筆に乗り出すました。
[加藤/「九月、東京の路上で」著者:人種、民族差別的言葉を繰り返している社会は、決定的な時に同じミスを繰り返す可能性があります。そのような意味で怖いです。]


とまあ、いつもの手口ですナ。

というわけで、韓国人のやることは、欧米のイルミナティーのやることと同じで、非常にわかりやすいって言えばわかりやすいんですナ。深くない。単純だ。

そこで、せっかくだから表にしておくとこんな感じですかナ。
捏造テーマ     関東大虐殺     南京大虐殺     従軍慰安婦

時代         大正      大東亜戦争初期    大東亜戦争
韓国人被害者数   せいぜい500人    0人      243人
日本人被害者数    13万人      数万人      数10万人
日本人を殺したもの  関東の韓国人    大陸のシナ人   半島の韓国人
殺害方法      放火、陵辱、撲殺  放火、陵辱、撲殺  放火、陵辱、撲殺

捏造小説作家(在日)  加藤直樹      本多勝一      吉田清治
捏造政治家      韓国人      田辺誠(社会党) 河野洋平(自民)
捏造協力者      韓国人      江田五月      福島瑞穂
捏造新聞       朝鮮日報     朝日新聞      朝日新聞

これを見ても、いつも同じ。やった方がやられた方に成りすます。

在日韓国人で、強姦している女と結合している最中に捕まっても、ウリはやっていないというらしいからナ。推して知るべし。

いずれにせよ、日本政府は早く銃所持教習所を作らないと、来る2015年、2016年の怒涛の極東情勢には間に合わないだろうヨ。確実にいまのイラクやウクライナのように半島はなるらしいからナ。

備えあれば憂いなし。




# by kikidoblog | 2014-09-01 19:00 | 反日・在日の陰謀

代々木デング公園?:やはりNHKのそばだった!デング熱持ち込み犯は名乗り出よ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、やっぱりですナ、というのが、私の感想である。以下のものである。
デング熱、新たに3人 代々木公園の蚊媒介か


 横浜市と新潟県は31日、10〜20代の男女計3人がデング熱に感染した疑いがあると発表した。いずれも最近1カ月間の渡航歴はなく、8月に東京都立代々木公園(渋谷区)やその周辺を訪れており、公園に生息する蚊が媒介したとみられる。全員快方に向かっている。国立感染症研究所はこの3人を含めて感染が疑われる10人以上の検体を調査中で、厚生労働省は感染が確認されれば1日午後にも公表する予定。

 横浜市によると、感染の疑いが判明したのは神奈川県横須賀市の10代の女子高校生と横浜市港北区の20代の男子大学生。女子高校生は8月16〜18日に代々木公園付近に滞在し、23日に頭痛や高熱を発症。大学生は友人と18日に代々木公園に出かけて蚊に刺され、25日に発症した。女子高校生は現在も入院中で、大学生は既に退院。横浜市衛生研究所でのスクリーニング検査で陽性反応が出た。

 新潟県も、県内在住の10代男性に感染の疑いがあると発表した。8月20日に学校行事で代々木公園を訪れ、蚊に刺されたという。24日に発症して現在も入院し、県保健環境科学研究所の検査で陽性と診断された。行事の参加者には学校で聞き取り調査し、男性以外に発症を訴える人は確認されていないという。

 関係者によると、国立感染症研究所にはこの3人のほか、スクリーニング検査で陽性が出たり、高熱などの症状が出た患者の検体が10人以上寄せられ、感染の有無を調べている。患者はいずれも8月に入り代々木公園や周辺を訪れたという。

 デング熱では東京都と埼玉県の10〜20代の男女3人の感染がこれまでに確認されていた。【高木香奈、塚本恒、桐野耕一】

ちょっと前に私は次のようなメモをしていた。
70年ぶりのデング熱感染!:やはりブラジルW杯関係者が持ち込んだのか!?

おそらく、ブラジルワールドカップ帰りのだれかから持ち込まれたものだろう。私の想像では、日本人サポーターからではない。NHKスタッフとか、マスゴミ関係者が持ち込んだものだろうと思う。

なぜなら、日本人サポーターはせいぜい1〜3試合の観戦、3日から1週間程度の滞在にすぎなかったが、マスゴミ関係者は一ヶ月くらい現地に留まったからである。

というわけで、今やデング熱蚊の本拠地となってしまった、

代々木公園とはどこなのか?

そして、いまや韓流電通/博報堂や超反日朝鮮日報日本支社のアカヒ新聞などと並び、反日の総本山となった犬エッチKこと、

NHKはどこにあるのだろうか?

と調べると、私の予感がどんぴしゃり。以下の位置関係だった。
代々木公園とNHKとの位置関係
(代々木公園のすぐ南にNHK軍団が居住していた。)

というわけで、やっぱりナ、というわけである。

ワールドカップブラジル大会に繰り出したNHK関係者など、マスゴミが大挙して押しかけた。その結果、だれかがデング熱に感染した。が、マスゴミ関係者は問題になるのを恐れて黙っていた。

ところが、昼食時などで頻繁に代々木公園で食べている内に、蚊に食われた。その蚊が沼地や池や溝や側溝で繁殖。

そんなところへ、何も知らずに地方から代々木公園に行っていた若者たちがデング蚊の餌食となった。


いつも犠牲者は無知なる者。

私がいつも無知は罪である。無知は犯罪だ、と言っている意味はそういうことである。

デング熱にかかっていいことは何もない。お気の毒としか言いようがない。

それもこれも、マスゴミの不徳のいたすところであろう。


一方、かのアフリカのエボラ出血熱も、わざわざそういった危険地帯に犬エッチKのスタッフが取材に行った。だから、デング蚊の二の舞いになりそうな予感がある。

きっとこのNHKの近傍から、日本初のエボラ出血熱が発生するのではなかろうか?

というわけで、代々木公園を消毒したって意味が無い。NHKを消毒しなくちゃいけませんナ。

とまあ、そんな気がするわけですナ。


いやはや、世も末ですナ。





# by kikidoblog | 2014-09-01 09:45 | バイオコンスピラシー

< 前のページ  次のページ >