犬HKの珍説「クリスタル・スカルはドイツ製」:いや〜NHKはメーソンだったのか!?

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - 予告編


みなさん、こんにちは。

いやはや、「韓流」犬HK(いぬえっちけー)ことNHKは、もはや何を作っても視聴者や受信料納入者たちのご機嫌を損ねる番組ばかりしか制作できないようですナ。

私も偶然「クリスタルスカルの謎」を追いかけるという番組を見たのだが、さすがに途中からアホらしくて見るに耐えなくなったが、どういう論理展開を持ち込むのか、あるいは、賛成するのか否定するのかと一応最後まで見ていたが、あまりのひどさに絶句。結局、犬エッチケーは、「オッカムの剃刀」という我々科学者が良く使う概念を使って、結論を強引に捻じ曲げたのであった。

その内容は、以下のサイトに要領よくまとめられているから、そちらを見て欲しい。これである。
NHK「超常ファイル」はクリスタルスカルを偽物と結論づける

NHKにしては、珍しい番組を放送するなぁと思っていたのですが、結論を見てなるほどと納得しました。

(中略)

番組内で、光のナビゲーター栗山千明さんが
(この女性の顔の方が偽物では?原型を留めていなかったヨ。これほど顔が変わったら「背乗り」されても分からないナ。)

「クリスタル・スカルは、宇宙人がもたらしたものとか、アトランティスで作られたものだ、といった説がこれまで語られて来ました。

でも、おかしいと思いませんか?

謎を解き明かすのに宇宙人とか、アトランティスとか?

さらに謎めいたものを持ち出したら、結局答えになっていませんよね。」

と言っていたのが印象的でした。

つまり、NHKはこの姿勢で番組を構成していく、と言う事です。

いいんです。謎めいたものを信じない方はこちらの説に納得してください。

でも、私は全く別の路線でこれからも行きますよ~。その方が夢があって楽しいですもの。

(後略)

私もこの女性ブロガーの意見に大賛成。私も番組を見ていてまったく同じように感じたからである。要するに、これまでに行われてきた長い検証を「ご破算にする」という、これまでにも何度も行われてきた混ぜ返し番組にすぎないということである。

一見謎が大好き風に思わせてもっともらしく検証しているようにみせておいて、最後には大どんでん返しの「とんでも論」が結論される。という、お馬鹿さんのトウシロウの集まりにすぎない「と学会」のノリで検証するという、まさに「とんでも」番組であった。というより、「とんでもない番組」であった。

こんなものにいったいいくらの金をつぎ込むのか?

謎というものは、自分が理解できなければ、下手な結論や意見を吹聴すべきものではなく、そっくりそのまま「なぞだ」と言って謎を後世のために残しておけばよろしいのである。

さて、私自身がいちばん「アホくさ」と感じたのは、知ったかぶりの整形美人の在日だろう栗山千明が、「オッカムの剃刀」の話を例にとって、強引に結論で幕引きを謀ったところであろう。なぜなら、「オッカムのカミソリ」の意味をまったく逆転して理解していたからである。はっきりいって、犬HKの解釈は誤解である。間違い。


オッカムの剃刀」というのは、説明における「単純明快さ」を求めるために複雑怪奇な解釈よりは一見突飛に見えようともできるかぎり余計な説明をなくしたほうが真実に近いだろうという一つの考え方のことにすぎない。

ところが、それをどうやらウィキなどにある解釈をそっくりそのまま使って、知ったかぶりしたようである。その解釈とはこんなものである。
オッカムの剃刀

たくさんの仮説を持つ説明より、より少ない仮説を基にした説明を正しいものにするという解釈である。

何が問題かといえば、ここでいう「仮説」というのは、前提となるものならすべてを含むということである。だから、「エイリアンによって作製」とか、「古代文明によって作製」とか、「20世紀のドイツ人によって作製」とか、こういったものはすべて同等な仮説として扱われなければならないということである。

つまり、ここにこっちの仮設の方が好ましいとか、こっちはありえねーとか、こういう解釈を含めてはならないということである。

ところが、犬エッチケーでは、最初から意識的にそういった解釈を見えない形でうまく利用して「偽物説」に誘導していったというわけである。これが、俗にいう「偽ユダヤ人」の「懐疑主義団体」(この団体の真似コピーしているのが「と学会」)という組織の十八番である。が、実際には、この組織自体がそういうことを隠ぺいするCIAやNASAやNSAなどのお仲間によって運営されていることが分かっている。

要するに、真実に近づけないように工作するための機関なのである。だから、どこからともなく膨大な運営費が集まってくるらしい。

話を戻すと、ドイツ人の技工によって秘密裏に作成されたという仮説もまた証明すべき仮説にすぎず、いくらこれがマンメイドでもっともらしいからといって、これが仮説であるという域は出ない。証明が必要である。さもなくば、勝手にそう言っているにすぎないからである。

さて、問題の「オッカムの剃刀」に戻せば、これはもっとも文字数を省略して説明できることのほうが正しいという思想である。

たとえば、昔の天動説と地動説の場合を思い出せばわかる。「地球が中心で天の星々が地球の、周りを回っている」という天動説では天空運動を説明する場合に無数の仮説が必要になった。それよりは、「太陽の周りを地球が回っている」という地動説の方が、より少ない仮説でより多くの事実を説明できた。仮説の数できまるというのはこういう意味である。

ところが、ドイツ人製造説であれば、だれそれがだれそれとどこそこで出会い、だれそれがだれそれにドイツの技工を出会うように仕向けて、。。。。。。、という無数の不自然なる出会いの数々という仮説の数々、仮説の上に仮説をのせ続けなければならない。

それよりは、一見驚きの解釈であったとしても、「エイリアンによって作成された」という方が、まだスッキリ理解できるというというのが「オッカムの剃刀」という手法である。

まあ、いずれにせよ、死人に口なし。発見者がいない以上、何を言うおが発見者は反論できない。これを「シオニックファンタジー」と私は呼ぶが、韓国人がウリナラファンタジー連発して史実をどんどん自分に好都合に解釈していくというのの西洋人版である。話をどんどん自己流に捻じ曲げていく。

我が家は甲府の宝石加工業が先祖だから知っているが、石英の結晶をドクロに加工するのはそう簡単なものではない。丸い球を作るだけでもたいへんな作業である。レーザー光が発明されたのは1960年代だから、石英外部を傷つけないようにして内部を加工するということは戦後にできるようになった技術である。それも3次元加工はコンピューター技術が発展した1990年代以降の技術である。

そんなふうに加工されたものがマヤの遺跡から出てきたわけである。

普通にオッカムの剃刀流に解釈するとすれば、むしろ「高度文明によって加工された」と解釈するほうが自然であってより適切なのである。俺はそう思うがナ。

それにしても、犬Hケーはやることなすことメソニックで気持ち悪いですナ。何かありますナ。まあ、メソニックな電通の配下になってしまったわけだから、いっしょに解散させるべきですナ。





# by kikidoblog | 2014-04-20 21:39 | コンスピラシー

「インドでの体験」:世界が「ザパニーズ」を見破る時代到来か!?

Perfume「Spring of Life」

Perfume、韓国公演の開催自粛 旅客船事故に配慮


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これは非常に面白い。「インドでの体験」という話。偶然、見つけたものだが、ここにもメモしておこう。

「ザパニーズ」

とは、「海外で日本人になりすました韓国人」のことを揶揄する、ネット上の隠語である。そんな「ザパニーズ」がインドで起こした話らしい。以下のものである。
■インドでの体験■

外国人ビジネスマンが多く泊まる、インドのホテルのフロントで騒ぎがあった。
日本人のビジネスマンが
何事?
とその辺にいた白人客に聞いたところ
「ホテルの部屋が気に入らないと文句を言っている日本人がいる」
とのこと。
見れば、片言の英語で
「お前達は格下の人種だ、自分たちを特別扱いしろ!」
などと、傲慢不遜な態度で声高に主張する新婚らしきカップル。
困るフロント係。
外国人客からは
 「日本人はそんなこと言わない。お前らコリアンだろ!
と声が上がり、まわりの人間も
「そーだそーだ」
と、カップルを責める雰囲気に。
そこで件の 白人客 
「ここに日本人がいるぞ!」 
と叫び、注目を浴びる。
フロント係に助けを求められて日本語で話しかけてみると、カップルしどろもどろ
いつしか険悪な顔のインド人従業員に囲まれた新婚さん慌てて逃げる。

ホテルの外にも100人を超すインド人が集まっていて、カップルに罵声を浴びせ石まで投げられる有様。
ほうほうの体で逃げ出すザパニーズの姿に歓喜の声を上げるインド人従業員&宿泊客。
たまたま居合わせただけの日本人ビジネスマンを英雄のように持ち上げ、熱烈に感謝の言葉を述べては代わる代わる一緒に写真をとったりと、ホテル挙げての大騒ぎに。
その場にいなかった連れの日本人まで、同様にヒーロー扱いされたという。

なんでインド人のフロントマンが、そこまで日本人に対して感謝感激していたのか自分もよくわからないし、本人にもよく理解できなかったみたいなんだけど
「日本人はそんなこといわない」
と外国の人が分かってくれてたことが嬉しくて和んだ。
(今思えば、「日本昔ばなし」にもこんな類いのノリの昔話がたくさんあるが、ひょっとしていじわるばあさんやら意地悪ジイさん系の話も元をたどれば、同じ所に行き着いたのかもしれませんナ。「ザパニーズ」。昔は難破して適当に日本列島に住み着くことができたわけだからナア。)

この体験者は、
なんでインド人のフロントマンが、そこまで日本人に対して感謝感激していたのか自分もよくわからないし、本人にもよく理解できなかったみたい
というが、この答えは、もちろんこれ。
とてつもない日本

いまや日本人ならこの話は知らないでは済まされない話といえるだろう。

それほどまでに、日本の企業がなしたインドの地下鉄への貢献に、インド人のみなさんたちが心から感謝してくれているということである。

ありがたい話ですナ。

それにしても、もはや韓国人が日本人になりすます。そして「自分が悪いことを行った場合、全部日本人を名乗る」というのは、世界中に知れ渡ってしまったんですナ。

こういうことを日本では
身から出た錆(さび)
〔刀身そのものから生じて刀身を腐らせる錆の意〕
自分の犯した悪行のために自ら苦しむこと。自業自得。
という。韓国にはこういう表現が存在しない。そういうことからも、侍も日本刀も韓国には存在しなかったということがわかる。

ところで、韓国最大の
「反日高校」
の修学旅行で起きた海難事故といい、いよいよ「韓の法則が韓国人そのものを急襲しつつある」ような感じの今日このごろですナ。

クリスチャンにはこんな言葉も存在する。有名な言葉である。
天は自らを助くものを助く。
Heaven(God) helps those who help themselves.

私は、この意味はもっと原点に忠実に
天は人を助くものを助く
と解釈したい。この日本語訳は通常のものとは異なる。

なぜなら、これが「one」の
Heaven(God) helps one who helps himself.
なら、この意味は、普通の意味の「天は自らを助くものを助く」でどんぴしゃりだろう。しかしながら、「those」は「複数形」である。それゆえ、天にとって「those」とは「我々」ないし「人々」を、つまり「我々人間たち」を意味するに違いない。「自ら」の意味も神からすれば、「人間自ら」という意味のはずであろう。

したがって、最初のよく知られたクリスチャンの「自助努力を礼賛する」言葉「天は自らを助くものを助く」は、「天が個々人一人ひとりが自分を助ける=天が自助努力をするものに味方する」という意味とすれば、それは明確なる誤訳だろうということになる。これでは非常に限定的な意味になってしまうからである。

そこで私はより適切に本来の英語表現に忠実な解釈としては、「天は人を助くものを助く」の方が自然だろうということになり、これこそ本来の意味であり、我々の常識的にもそうあって欲しいとだれもが考えることである。

というわけで、やはり天は悪いことをするものたちには容赦無いということのようですナ。RIP。


おまけ:
【ハングルで書かれた靖国の絵馬】「地震起きて死ね」「独島は韓国領」「お前ら海に沈め」「日本沈没」「日本征伐」
韓国って統一教会っていうクリスチャン系の国じゃかったっけ???ああ、偽クリスチャンだな、こりゃ〜〜。




# by kikidoblog | 2014-04-18 08:59 | アイラブとてつもない日本

ジョーク「これがアジアか!?」:ドイツ人が見た現代のアジアの風物誌

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これはなぜか面白い。偶然見つけたものだが、ドイツ人のアジアのイメージを語るという写真集。ここにもメモしておこう。どれがどの国か考えるのは面白いかもナ?
ドイツ人「これがアジアってやつか・・」 アジアの写真をみたドイツ人の反応

日本(たぶん)
(英語が苦手)
(背中読めず)
(窓の外の人が変)
(完璧主義の国)
(お疲れ様レンジャー)
(覗き禁止ドア)


ぜって〜〜、バ韓国
(グッドシット?かりん糖をバカにしくさったお菓子)
(ウリはこりが好きニダ)

輸送編
アジア魔女の宅急便




作業中
(尻がかいい〜〜の)
(ナイスコラボ、和の精神)

おまけ:
日本はこんな感じ。


ほか多数。

ドイツ人もびっくりですナ。

さすがに自由と笑いの国アジア。


いや〜〜、面白い。



# by kikidoblog | 2014-04-16 10:41 | アイデア・雑多

< 前のページ  次のページ >