北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

保江「汝の敵の周りで舞いなさい」→井口「汝の敵にフリーエネルギー装置を向けなさい」

みなさん、こんにちは。

スピリチュアルな話ついでにもう一つ。

その2012年元旦の「ピラミッドの天辺の鳥居」のちょっと後の2012年1月4日。私はこんなものをメモしておいた。みなさんよくご存知の映画「Thrive」である。ギャンブルさん夫婦の制作したものである。
必見「THRIVE(繁栄)」:P&Gの御曹司フォスター・ギャンブル、”ギャンブル”に出る!?

Thrive Movie - What On Earth Will It Take? (Full)


これ自体は非常に長いので、そのフリーエネルギーの部分だけとりだした簡略版があった。昨日見つけたものである。これ。
フリーエネルギー テスラ



このテーマは、「トーラスエネルギー」という概念である。すべてのフリーエネルギー装置は、エイリアンのUFOも含めてすべてがこの「トーラスエネルギー」を使っているということである。
ギャンブルさんとトロンブリーさん

フリーエネルギー発電機の数々、どれもトーラスエネルギー体を使っている。




さて、そこで私がなぜこれをメモしたかというと、実はこれまた、保江邦夫博士の「合気(あいき)」「愛魂(あいき)」と関係があるからである。

保江博士の「伯家神道」の本の最後には、次のように書かれている。
「舞いは愛だ」=舞祈道(まいきどう)

「舞いは愛だ」

という!

そう、「愛する」という人間の根源的な行為は「舞う」ということに他ならないのだ。
何も考えず、ただただ踊りに没入するように舞う。それが「愛」なのだ。

人々は弱音を吐く。

「汝の敵を愛せない?」

ならば言おう。

「汝の敵の周りで舞いなさい」

それでも人々は文句をつける。

「汝の隣人を愛せない?」

ならば言おう。

「汝の隣人の周りで舞いなさい」

(中略)

まさに、

「合気道」

が徐々にフェードアウトして消え去り、その代わりに

「舞祈道」

とも呼ぶべきものが人々の心をつかんでいくようになる。それが2012年12月22日以降の新しい世界での変容を最も端的に表す1つとなっていくのだ。

これと、アダム・トロンブリーさんがフリーエネルギー発電装置の原理で説明したトーラスエネルギーについて、ギャンブルさんがこういうふうに説明したのである。
この新しい技術は、物を激しくぶつけて燃焼をコントロールするのではなく、
自然と一緒にダンスをするような融合が鍵になります。
フリーエネルギー装置に共通するのは、トーラスエネルギーの形を真似ているということです。


まさに保江博士の「愛魂道」と「フリーネルギー原理」はほとんど同じことだということである。保江博士の本を読んだ人ならもちろん分かっていると思うが、「UFOは愛魂で制御して運転するのである」。それは「UFOと一体となってUFOとともに愛に包まれる」そういう形態のコントロールである。

フリーエネルギーというものも、実はその逆であって、自然の愛に包まれるような自然から来る愛魂に包まれることからフリーエネルギーを入手できるのである。

とまあ、そんなスピリチュアルな科学装置がフリーエネルギー発電機なのである。

そういうわけだから、実際、私が知るかぎり、フリーネルギー発電機に興味を持ったり、UFOに興味をもつ人たちというのは、どことなく宗教家のような慈愛に満ち満ちた優しい感じの人が多い。決して石油屋のようなヤクザや荒くれ男というイメージとは程遠い。ニコラ・テスラも実に優しい平和的な人物であった。

私の個人的関心は、そうして考えるに、「ひょっとして”愛魂”というのは物理的実在なのか?」ということである。単なる精神活動上の想像物というのではなく、この現実世界に存在するリアルな物理量だという意味である。

宇宙の愛魂を取り込めば、エネルギーが得られる。これがフリーエネルギー発電装置だとすれば、そう考えざるをえないということである。

我々が愛魂を送れば、相手が我々の愛に包まれる。逆に自然から愛魂を得れば、今度は我々が愛魂に包まれてフリーエネルギーを得られる。互いに逆過程なのである。

というわけで、もしそのフリーエネルギー装置があれば、それを汝の敵に向けよ。愛魂を送れ。されば、敵はいつしかこっちの味方に変わる。

どうでしょう、フリーエネルギー装置(=愛魂発電装置)を発明したら、NWOの連中にその軸を向けて愛魂を送ってみるっていうのは?





# by Kikidoblog | 2014-12-19 21:03 | スピリチュアル

俺は、なんと「保江邦夫博士のハトホルの秘技成就」を予期していたのか?

みなさん、こんにちは。

さて、今回はちょっとスピリチュアルな話題をメモしておこう。もっともこの私自身にはまったくそういう能力はないのだが。

最近、再び保江邦夫博士の「伯家神道の本」
伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かった僕がなぜ


保江邦夫博士「予定調和から連鎖調和へ」講演会:いや〜、この講演は面白い!
を読みなおしたのである。やはりこの本は2、3回読み直さないと、時系列が入り組んでいるためによく理解できなかった。(ちなみに、保江邦夫先生の邦は、棒が飛び出ない邦夫である。)

結論から言うと、結局このテーマは「2012年12月24日のマヤの終末予言」「2012年アセンション」の時期の、保江博士とそのファミリーの一大叙事詩であったということである。

2012年の3月9日に伯家神道巫女さまとの出会いに始まり、
2012年3月28日、加古川の伯家神道の神社へ行く、
2012年4月8日、伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)、
2012年5月7日、白龍神社の地球祭、
2012年5月10日、ロシアUFO研の日本女性との出会い、
2012年7月1日、シリウスA司令官アシュターの名を知る、
2012年7月14日、仏門女性館長とのシリウス談義、
2012年7月16日、83歳伯家神道巫女様の御託宣「アンドロメダ生まれ],
2012年8月19日、エジプト行きの誘い、
2012年8月20日、キャンセル待ち登録、
2012年8月21日、葉巻型UFOを目撃、初孫誕生の知らせ、
2012年8月22日、青山圭秀氏の電話、
2012年8月23日、青山圭秀氏の訪問、
2012年10月28日、親族会でシリウスの巫女決まる、
2012年11月1日、巫女様の見舞い、
2012年11月19日、成田集合、エジプトへ出発、
2012年11月20日、エジプト到着、
2012年11月21日、ファラオの「合気と奥の手」発見、
2012年11月23日、スフィンクスの白い鳩、ツタンカーメンと写真、王の間入室、ハトホルの秘技、
2012年11月24日、女性ヒーラーとの出会い、
2012年11月25日、ハトホルの秘技成就の知らせ、シリウスのアシュターの歴史を知る、
2012年11月26日、羽田到着、
2012年11月30日、ハトホルの秘技成就の自覚、次元転移と名付ける、
2012年12月2日、東京道場で次元転移実験成功、
2012年12月3日、東京道場の次元転移実験成功、その成果の知らせが来る、
2012年12月19日、東京帝国ホテル本館3階「舞の間」で講演、次元転移実験デモ、大成功、
2012年12月21日、旧世界と別れ,
2012年12月22日、新世界到来、
2013年4月18日、あとがき書く、

とまあ、私が読んでまとめてみるとだいたいこんな感じの急展開の1年だったようである。まさしく、クリスチャンのいう「日々刷新」である。

手短に言えば、こうなる。
日本の神道の中でももっとも古いものを古神道というが、その古神道の本流が伯家神道であり、明治初期に現在の神道と別れたが、そこで行われてきた由緒正しい神事が「祝之神事(はふりのしんじ)」であった。おどろくべきことに、その祝之神事(はふりのしんじ)のルーツは古代エジプト文明までさかのぼり、最初はピラミッドの中「王の間」で行われ、男女が愛魂を重ね合わせることだった。後にイエス・キリストもマグダラのマリアとともに、この神事を「王の間」で行って神の子となり、キリスト教を広めた。その神事のことを西洋では「ハトホルの秘技」と呼んだ。フリーメーソンはこの神事を肉体を重ねることと誤解して悪魔の道を進むことになった。保江邦夫博士が日本で祝之神事(はふりのしんじ)の後継者となり、今度はエジプトの王の間で保江博士と姪子さんの二人が、ハトホルの秘技を行い、この2つの神事合一させた

もっと単純に一言で言えば、「日本の神道と超古代エジプト文明の秘技を合体させた」ということである。



さて、なぜわざわざ今回これをメモしたかというと、実は私のこのブログの2012年の一番最初の元旦のメモで私が作った絵がこれだったからである。
謹賀新年:今年は世界史的な年となるか?



もちろん、私はその当時、保江邦夫博士のことはまったく知らなかったし、名前を知っていたとしても遠い記憶の中にすぎなかった。ましてや、伯家神道の「はふりのしんじ」のことも、古代エジプトの「ハトホルの秘技」のことなど知り得るはずもなかった。

しかしながら、2012年の元旦。私はそれまでの私個人のリサーチから、おそらく古代エジプト文明は日本の神道のオリジンだろうという確信を持っていた。同時にまた、今現在の偽ユダヤ、NWO、シオニスト、悪魔主義者、フリーメーソンなどと呼ばれている、世界の支配層の心のルーツとなっているのが、この古代エジプト文明であり、いまでは彼らこそが世界のガンなのだから、このエジプトの大ピラミッドの天辺に鳥居を建てること、これこそが、世界平和への道だという直感があった。それで、象徴的に、大ピラミッドの上に神道の鳥居をつけたというわけだった。

ところが、なんと、その2012年の間になってすぐ、結局1年を要して、我らがスピリチュアル界のインディー・ジョーンズ博士こと保江邦夫博士が、まさに「ピラミッドの天辺に鳥居を置いて来てくれた」のである。だから、私は非常に驚いたというわけである。だれにも見えなくとも、ピラミッドの上には鳥居があるのである。

いや〜〜、実に面白い。









# by Kikidoblog | 2014-12-19 18:06 | 保江邦夫博士

「何もしない人」はやはり何もしなかった!:日本サッカー協会のバッドマンたち!?

「ふてぶてしさが売り」の呆れた日本サッカー会長の大仁邦弥さん

自分には、リーダーシップはないかもしれないけど、辛抱するのは慣れている。元々DFだったので……

こいつがいる限り、日本サッカーに未来はない!

日本代表がW杯優勝する秘策!?:アキーレた監督より佐々木則夫監督あるのみ!


みなさん、こんにちは。

いやはや、「何もしない人」大仁邦弥日本サッカー協会会長さんは、やはり”予想通り”、何もしなかった。以下のニュースである。
アギーレ監督、予定通りアジア杯指揮
(もはやDreamも希望もない!)

 日本サッカー協会は18日、東京・JFAハウスで理事会を開いた。終了後に原博実専務理事(56)、同協会法務委員長の三好豊弁護士が会見。八百長疑惑でスペイン司法当局に告発された日本代表ハビエル・アギーレ監督(56)について、嫌疑が固まっていない状況のため、予定通りアジア杯オーストラリア大会(来年1月9日開幕)に向けた日本代表の指揮を執らせる方針を示した。

 告発状がバレンシア裁判所に近日中に受理される見込みで、いよいよ本格的な捜査に入ることになるが、同専務理事は「理事会の冒頭で大仁会長がアギーレ監督について理事のみなさんに説明した。現状の中でアギーレ監督でアジア杯に臨んでいくと説明した。理事のみなさんにも理解していただいた」と強調していた。
[2014年12月18日18時0分]

はあ〜〜?「疑惑が固まっていないため」何これ〜〜?

という感じですナ。

一般人の事件の場合であれば、「疑わしきは罰するな」になるかもしれないが、サッカーは人気商売。それも小中高大一般とあらゆるサッカー選手やチームが、日本サッカー協会の「選手登録証」を得るためにお金を払って日本サッカー協会メンバーになっているわけだ。

我が家の息子たちも、公式戦出場するためには、まずサッカー協会メンバーになって「選手証」を取得。それを当日の試合に「持参」しなければ、ピッチに立てない。選手登録していたとしても、もし当日に選手証を家に忘れたら、それを取りに帰らなければ、試合に出られないのである。これが、今の日本サッカー協会のやり方だ。昔の文部省のお役人のようなひどい発想である。

まあ、サッカーに関係ない一般人は知らないはずである。

こんな状況下で、日本サッカー協会の会長やら、日本代表監督が八百長疑惑から八百長起訴になったわけである。即座にアギーレに辞表を出させるべきだろう。そして、契約違反行為として違約金を弁済させるべきである。それほどにスポーツ界においては八百長はイメージダウン、どころから、致命的なものなのである。なぜなら下手をすれば、ワールドカップ出場停止処分や、アジア大会出場停止処分がFIFAから来るかもしれないからである。

やはり一般人はこんな意見を持っている。以下のものである。
アギーレ監督潔白主張は「信じられない」

 日刊スポーツでは16日午後5時から、ウェブサイト「nikkansports.com」上で、日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)の八百長関与疑惑問題について緊急アンケートを行った。同10時時点で総数1144件。本人が「潔白」を主張し、裁判所もまだ告発を受理した段階ではないが、それでも大半の読者は1月のアジア杯での指揮に難色を示した。

 アンケート結果は、アギーレ監督への「No」の意見が大半を占めた。同監督の「潔白」との主張について、4割近い425人が「信じられない」と断じた。「どちらかと言えば信じられない」とする声も同数の463人。主張を信じるとした層を大きく上回った。

 「火のないところに煙は立たない」とのコメントが多数。来年1月に迫るアジア杯での指揮についても「大いに問題」とする見方が約64%の729人に達した。「問題ない」は151人にとどまり、疑惑が解消されない限りは、指揮を執るべきではないというのが“世論”であることが明らかになった。→一般人の考え方の方が真っ当である。

 アジア杯を待たずに解任すべきだという厳しい意見も多かった。「監督業務に集中すべきところを(出頭などで)自己都合で勤務できないのだから、たとえ潔白であっても本人から辞任の申し出があって当然である(愛知県50代男性)」など、半数以上の595人から寄せられた。→俺も最初からこの意見。

 一方で「結果が出たわけでもないのに騒ぎ過ぎ(埼玉県30代男性)」「告発は恣意(しい)的にされることもある。1審の結果を待つべき。疑惑だけで早々に解任したら日本の見識が疑われる(東京都60代以上男性)」と慎重な見方を求める意見も少なくなかった。→この手の人は、プロスポーツと一般人の事件のことが味噌糞になっている。日本サッカー協会はFIFAの下部組織になる。だから、八百長問題でFIFAから追放されることもあり得るのだ。

 「そもそも監督選考の時点でそういううわさがなかったのかと疑問(東京都30代女性)」「早期に監督を決定しすぎた日本サッカー協会に大きな責任(愛知県20代男性)」と任命責任に言及する向きもあった。→この2つの意見も実に真っ当な意見。俺は、アギーレが八百長監督で有名なことはずっとまえから知っていた。だから、最初からメキシコサッカーなら、アギーレよりペレルマンだとここにメモしてきたわけだ。ましてや自分から売り込んでくるような監督にろくなやつはないのは常識。ブラジルW杯の時に原博実等にアギーレが執拗に絡んできたわけだ。俺は現地へ行っていたからネ。現地の一種独特のムード、高揚感、一種の酔った状態の空気の中で、「すべては俺に任せろ」という感じでアギーレが取り入ったのだ。

 [2014年12月17日7時13分 紙面から]


人間にとって「顔つき」というのはとても大事である。40過ぎの男は「自分の顔に責任を持て」という。アギーレの時々見せる極めてジャークな顔つき


なんかバットマンのジョーカーそっくりなんだよな。
が、私は最初からずっと気になっていたが、やはりそこにはそれなりのジャークサイド、ダークサイドの暗黒面が現れていたということだろう。

同様に、原博実がどうも非常に暗黒面醸しだしてきたのが気にかかる。こんな選手だったっけナア?

こっちは、バットマンのペンギンにどことなく似ていますナ。

やはり権力を得るまでは猫かぶっていて、権力を手にした途端に手のひら返し。どこぞの国のお方なんでしょうナア。

それにしても、この問題によるイメージダウンはいったいいくらに匹敵するのだろうか?かなりの高額に違いない。

いやはや、世も末である。




# by Kikidoblog | 2014-12-18 21:02 | サッカー&スポーツ

< 前のページ  次のページ >