人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」3:ネアンデルタール人が海底原人化した説!?

ACRI


みなさん、こんにちは。

風よりも早く、学研ムーよりもずっと早く、みなさんに真実をお伝えする究極のブログ。それがここ。ついに人魚伝説に最終的解決を提供。

いやはや、マーメイドはリアルだった。それを隠ぺいするために「マナティー=人魚」伝説が作られた。NASAによる宇宙人隠蔽をまったく同じである。


さて、先日の
人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」:あの二人がテレビに登場!?
人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」2:海底原人=海坊主だった!?

Discovery Channel Mermaids: The New Evidence
のディカバリーチャンネルの「人魚特集:新しい証拠」という検証番組は見れば見るほど興味深い。

1865年7月15日、アメリカのニューヨークでは、リアルマーメードの展示公開が催されようとしていた。ところが、開催日の2日前の1865年7月13日にその会場となる建物が、謎の火災で全焼。リアルマーメードも燃え尽きた。
ということになっているらしい。

その時のチラシ広告がこれらしい。
1865年7月15日開催予定、見世物ショーのチラシ

これには
シャム双生児のチャンとエン(Chang and Eng)


世界最小の男=親指トム大佐(General Tom Thumb)=身長23インチ(約58cm)

世界一のデブ男、などがラインアップされていたらしい。

ところが、公開日2日前に大火災で会場が消失。当時のニューヨーク市最大の火災だったらしい。
1865年7月13日のニューヨーク市大火災

アメリカ合衆国の面白いところは、こういった写真や記事がすべて「米公文書館」に保管されているというところである。この謎のチラシや火災記事やリアルマーメードの写真も米公文書館の記録を研究する中から発見されたらしい。

その中で見つかった「リアルマーメード」の本物の写真が例のやつだった。以下のものである。
リアルマーメード




おどろくべきところは、このマーメードには「とさか=crest」がある。要するに、ウルトラマンのような頭をしているというところである。

海中を泳ぐ場合、やはり背びれのようなものがあると安定する。それが頭にある。

問題は、例の「潜水艇に挨拶した海底原人」
Mermaid 3000 Feet Deep Off the Coast of Greenland Mermaid Caught on Film

や「海岸で発見された海底原人」
Mermaid found on a Beach

にも、とさかがあったということである。

というわけで、海底原人=人魚(半魚人ではない!)は確かに実在する、ということである。もし捕獲すれば、大金持ち間違いなし。まあ、ジョークだが。

さて、問題は人類の進化の問題である。

人類進化の系図の中で、いったいどこでこの種族に分岐したのか?

ということである。捕獲したり体細胞が見つかれば、すぐに理研のDNA解析器で分析して、進化の系統が理解できるはずである。

そこで、以下は私個人の直感というか、妄想である。つまり、
ネアンデルタール人が海底原人になった!
と想像したい。

ネアンデルタールは、欧州にいた。我々東洋人やそれから別れたクロマニオン(西洋人)が存在する前から、そこにいたという。しかしながら、わからない理由によって、欧州大陸から駆逐されて絶滅したということになっている。また、ネアンデルタール人は我々のような言葉が喋れなかったと考えられている。

つまり、陸上向きではなかった。陸上には敵が多すぎた。

そこで、私は、
実はネアンデルタール人は絶滅したのではなかった。絶滅したのではなく、海中に生活の場を変えた。そして、海底原人に進化したのだ。
という仮説をとりたい。

はて、その証拠は?

そんなものはない!いまのところ。

しかしながら、ネアンデルタール人の頭蓋骨は現生人類よりずっと大きく、がっちりしている。そして目に大きなくぼみがある。だいたいこんな感じらしい。
現代人とネアンデルタール人の頭蓋骨比較

ネアンデルタール人の後頭部は尖っている。特有の出っ張りがあるらしい。人類で一番似ているのはアフリカ人らしいが、アフリカ人の頭はそれほど大きくはない。

ネアンデルタール人の頭蓋骨が一番「海底原人」の頭蓋骨に似ているのである。

というわけで、ネアンデルタール人が海に入っていった。そして、ACRIこと、ホモ・アクアリリアス(=homo acqualilius)になった。私はこの仮説に非常に興味を感じるのである。

いずれにせよ、毛髪や体細胞を採取できれば、即座にDNA解析できる時代であるから、真偽がすぐに判明するだろう。

今後の情報を待ちたい。



# by kikidoblog | 2014-09-19 09:19 | UMA:人魚・海底原人

壮大なる金正日ファミリー!?2:中丸薫説に従うとこんな感じか!

みなさん、こんにちは。

先日、
壮大なる金正日ファミリー!?:「第4夫人=クネクネ大統領説」があったヨ!

金正日ファミリー
をメモしたが、中丸薫さんの言っていることをそのまますなおに理解して家系図を作るとこんな感じだろうか?
金正日ファミリー2


確かに金正日の顔は、金日成より金策(=畑中理)の顔に似ている。

遺伝子検査を行えば、すぐに真偽のほどは判明するはずである。




# by kikidoblog | 2014-09-18 20:19 | 北朝鮮・高句麗

人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」2:海底原人=海坊主だった!?

ACRI


みなさん、こんにちは。

昨日メモした
人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」:あの二人がテレビに登場!?

Discovery Channel Mermaids: The New Evidence
のディカバリーチャンネルの「人魚特集:新しい証拠」という検証番組は実に興味深いものだった。

この検証番組には、ここにもメモしてきたのと同じ映像がいくつかピックアップされている。たとえば、こんなもの。
Mermaid found on a Beach





「半魚人危機一髪」:漁師の網に入ったUMA「海底原人」
Mermaid trapped in a net. Document 1979.




Increible video de Sirena en Kiryat Yam, Israel ---人魚イスラエルに記録


ディスカバリーチャンネルの映像にはまだYouTubeには出ていないものも存在した。イギリスの海岸警備隊が海岸救助に行ったところ、それがなんと海底原人だったというもの。

さらには、19世紀には「生きた海底原人」が捕獲されて見世物小屋で展示されていた。しかし、公開2日前に展示会場がなぞの火災にあって結局公開されなかったというもの。その時には写真まで撮られていた。

さらには、海底の沈没船を無人潜水艇で撮影していたところ、カメラの前で「狩りを行う海底原人がいた」というもの。

そして最後のものが、例の3000フィートの海底で潜水艇の窓にハイタッチした海底原人のものである。一応、これらをメモしておこう。

(あ)まず、イギリスの海岸警備隊が海岸救助の演習中に海底原人を発見したというもの。
Mermaid Caught on Tape - UK Coast Guard Cam During Man Over Board Training




(い)19世紀には「生きた海底原人」が捕獲されて見世物小屋で展示されていたというもの。




(う)海底の沈没船を無人潜水艇で撮影していたところ、カメラの前で「狩りを行う海底原人がいた」というもの。



(え)3000フィートの海底で潜水艇の窓にハイタッチした海底原人
Mermaid 3000 Feet Deep Off the Coast of Greenland Mermaid Caught on Film


いや〜、それにしてもこの「海底原人」は我々の先祖が陸で狩りを行ったように海中で狩りを行うらしい。そのモリも人間の使うモリ
人間のモリ


海底原人のモリ
とは違う。

海底原人のモリは、理にかなっている。海の中だから、流線型のモリの方が射程距離が長くなる。細長い魚のような形である。人間のモリは、陸上から海中へ投げ入れるものだから、陸上で使いやすいということが前提になっている。それゆえ、私はこの海底原人のモリを見ただけで、これは実在するナ、と思った。

また、岸辺に打ち上がっていた海底原人が突如起き上がって、シャ〜〜〜と叫んだというのもうなずける。人間のような言葉を使わないということである。おそらく、くじらのような極超低音の音声を使って、かなり遠くでも意思疎通ができるのだろうと思う。

それにしても、今頃になってどうしてこれほどまでに海底原人が人間の近くに現れるようになったのだろうか?

おそらく、米英ロなどの原子力潜水艦が極超低周波ソナーで海底ナビゲーションしながら進行するようになったことと関係があるのだろう。

要するに、海底原人からすれば、うるさくてしかたがない。アマゾンの森の住人が、近くで道路を作るブルドーザーの音でうるさくて仕方なくなって見に来たというような感じのことだろう。

それにしても、1865年にすでに生きた海底原人が捕獲されていたというのはすごい。しかも水槽に入れられていた。まさに19世紀のキングコングと同じ発想である。


我が国には「海坊主」という言い方がされているが、海底原人とは海坊主なのだろうか?古来日本人は海坊主伝説
海坊主

読み札
 海坊主 
 トドのつまりは
 大海亀
妖怪名
 海坊主 

海坊主の正体は大海ガメだというのが、江戸時代の百科事典「和漢三才図会」に書かれています。人面の亀ですから、やっぱり妖怪でしょう。

を持っていた。やはり海洋国家の我が国の先祖たちは、海底原人を発見していたのだろう。

おまけ:
ところで、イスラエルのKiryat Yamという海岸では頻繁に人魚の姿が目撃されているらしい。そこで、イスラエルの大富豪が懸賞金を出したらしい。なんと100万ドル。約1億円。人魚ハンターの時代到来。どうでしょう、海中にいって人魚を捕獲するというのは。それにしても米米CLUBの石井竜也さんの「ACRI」。ちょっと時代が早すぎましたナ。いまならおそらく空前の大ヒット。借金地獄も吹っ飛ばせただろう。




# by kikidoblog | 2014-09-18 08:32 | UMA:人魚・海底原人

< 前のページ  次のページ >