ジョーク一発「ハリル監督体脂肪徳政令の惨劇」:興梠、権田に続き、宇佐見お前もか?

土坪(どつぼ)

どつぼとは深く落ち込んだ状態や最悪な状況を意味し、そういった状況になるという意味の「どつぼに嵌まる(はまる)」といった形で使われることが多い。どつぼはもともと関西エリアで肥溜め(肥溜めは野にあることから野壷ともいい、それが音的に崩れたものか?)のことをいうが、関西芸人が最悪な状況を肥溜めにはまった状況に例え、楽屋言葉としてどつぼというようになったとされる(壷に閉じ込められ、落ち込む様をどつぼと言い出したのが最初という説もある)。一般には1970年代末辺りからよく使われるようになる。


みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。本気にしないことが肝心。



みなさん、こんにちは。

いやはや、ハリルホジッチ監督はやることなすことすべてが「破壊的」である。

日本代表候補の選手たちが次々に体長不良を起こして、最後には精神病になっていく。

ひょっとしてハリルホジッチ監督はオーメンか悪魔の化身か?

ハリルホジッチになり、最初に脱落したのが、鹿島の興梠選手。体長不良で代表脱落。最近、やっと再び回復したが。

その次が、ロンドン五輪4位の英雄権田選手。体調不良で脱落。
代表辞退のFC東京GK権田修一、オーバートレーニング症候群と判明

 FC東京は5日、所属するGK権田修一がチームドクターの診察を受け、オーバートレーニング症候群と診断されたと発表した。

 東アジアカップに臨む日本代表メンバーに選出されていた権田だったが、7月29日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節のベガルタ仙台戦後に異変を訴え、コンディション不良を理由に参加を辞退していた。

 オーバートレーニング症候群は、過度なトレーニングにより慢性的に疲労状態に陥り、免疫力低下や食欲減退などを引き起こしてしまう病気。サッカー選手では、現在川崎フロンターレに所属するFW大久保嘉人が2010年の南アフリカ・ワールドカップ終了後に発症している。

 なお、権田の復帰時期については明かされておらず、早い回復が待たれる。


そして、今度はガンバ大阪の天才宇佐見選手。最近体調不良で脱落。以下のものである。
ACL敵地で無得点の“元凶” ガンバ宇佐美に「体調不良か」の声

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝・第1レグ(26日)。

韓国に乗り込んだG大阪は、全北現代と対戦してスコアレスドローに終わった。
試合後、MF遠藤保仁(35)が「勝てなかったのは良くなかったが、悪い結果というわけでもない」と話した通り、
G大阪にとって敵地でのドローはまずまずの結果。
地元で迎える第2レグ(9月16日)で勝てば、準決勝進出となるからだ。

もっとも、この日の試合で1点でも決めていたら、もっと楽な気持ちで第2レグに臨めたハズ。

無得点に終わった元凶は何か? エースFW宇佐美貴史(23)が足を引っ張ったからである。

序盤から、相手の密着マークにボールキープもままならない。
持ち味のドリブル突破も影をひそめ、シュートを放ったり、ラストパスを送るシーンも皆無だ。
後半26分、相手選手2人に挟まれながらもドリブルでペナルティー・エリアに進入してシュート! 
しかし、相手CBの出した足にブロックされた。

その4分後に大失態である。相手選手に手を掛けて倒し、主審は迷わずにイエローカード。
累積警告2枚目で第2レグの出場停止が決まった。

「8月上旬に中国で行われた東アジアカップの取材中にも感じたことなのですが、
宇佐美は体調不良を抱えているのか、大会を通じて覇気のないプレーに終始しました。
宇佐美というのは攻撃における高い技術、豊富なアイデアが持ち味なのですが、
それを可能にするには“万全な体調とキレ”が必要となる。
宇佐美は東アジアカップ後のJリーグでも、本来のプレーが見られない。
長らくコンディション不良が続いている印象を持っています」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

全北現代戦で公式戦7試合連続無得点となった宇佐美。不調を脱するのに時間が掛かりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000017-nkgendai-socc


というわけで、諸悪の根源はどうやらこれだったのか?

ハリル監督ついに「国内組と海外組の差」を発見!:うまいもん食って夜遊びしてぶよぶよが国内組だった!?

ハリル監督 宇佐美ら国内組にダメ出し!“高すぎる体脂肪率”に警鐘

 エース候補の宇佐美に体質改善指令だ。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)が14日、代表監督としては初めて都内で開催されたJ1、J2実行委員会に参加。各クラブの代表に対し1時間にわたってJリーグ勢の課題、改善項目をぶちまけた。中でもG大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)ら国内組の“高すぎる体脂肪率”には警鐘を鳴らした。


これ以後の日本代表はみんな本田圭介のようにスリムになったのはいいが、それまで米食中心でぽっちゃり型だった日本選手は軒並み体調不良に陥った。

フランスパン食ってる人間とは日本人は根本的に違うんだよってなわけで、どうやらハリルの作戦がこれまた裏目に出た。

やはり臨機応変、これである。

ハリルホジッチは何となく老害が出ているように俺には見えるんだがナア。

融通が利かない。人の話を聞かない。饒舌になる。→これが老人病の特徴

最後には日本代表には

そしてだれもいなくなった

ということになりかねない。


いやはや、世も末ですナ。






# by Kikidoblog | 2015-08-28 19:30 | ジョーク一発

第73世竹内宿禰が語る「明治維新」: 1853年ペリー来航「いざ降参せず日本は!」

みなさん、こんにちは。

最近暇なときは、竹内宿禰こと竹内睦泰さんのYouTubeの無料日本史塾を見ているのだが、実に勉強になる。受験生も見たらいいと思う。いろんな年代の覚え方があって面白い。

ペリー提督が浦賀に来航したのは1853年のことだった。
ペリーの見た江戸は美しかった!!:計算されたペリー来訪

(中国女真族を手下に従えての来訪だから、東周りで来たことを彷彿させる)


こういった年代の覚え方は、なかなか記憶に残らず覚えにくい。だから、私も高校生の時、日本史が好きになれず、世界史をとった。40年前の当時は、文部省により日本史と世界史はどちらか選択する科目だった。

せいぜい「いいくにつくろう鎌倉幕府」=「1192年鎌倉幕府設立」程度の覚え方しか知らない。それも日本史を選んだ奥さんから教えてもらったものに過ぎない。

さて、そんな中、竹内宿禰はいう。

「1853年ペリー提督浦賀に来訪」は、1853の後ろに「せず」をつけよ。

そうすれば、「1853せず」

”いざ降参せず”= "Not yet surrender"

と読める。

つまり、「ミスター外圧」の「ペリー」が我が国へやって来て、最新鋭の軍艦「黒船」を見せられても、徳川幕府はまだ降伏しなかった。

むしろ、日本人はペリーに船に乗せてもらい、エンジンルームを見せてもらい、逆に、

はあ?これはなんだ?
あれはなんだ?
どうやって動く?
何を燃やしているんだ?
はあ?石炭?
石炭とは何だ?
日本にもあるのか?

と質問攻めにした。

そしてなんと今度ペリーが来日した頃には、

日本はメードインジャパンの「黒船」を作って待っていた!!!

というのだ。

種子島に鉄砲伝来した時と同じだったわけですナ。

俺はこの日本人特有の性質から、仮に異星人が日本にやって来て、

どうだ!これが空飛ぶ円盤だよ〜〜〜ん!怖いだろ?

と言ったとしてもきっと同じことをして、今度その異星人が来訪したときは、日本人もUFOを作って待っている。

カレーライスしかり、ビーフシチューしかり。ステーキしかり。ワインしかり。

最初にはじめて見せられた時にはスケッチしたり、メモしたりして、今度の来訪の時には自作のものをお返ししてやる。

これぞ日本人なんですナ。


この気性は今も残っている。


一方、韓国朝鮮人や中国支那人は大分異なる。

最初は驚いて怖くなり、火病を起こす。大騒ぎして集団で暴動を起こす。ちっともその現物である「黒船」には注意が行かない。

最後は、それをくれと言ってもらうだけ。

サムソンもそうだった。

最初はアップルマッキントッシュの電源を製作させてもらっただけ。だから、iMac時代のMacはすぐに電源が落ちた。サムソン製だったからだ。

しかしそうやって作り方を教えてもらって電源を作って結構カネが溜まると、徐々に事大し始め、

もっともっと、もっとくれ、もっとくれ

となる。こうして、Macの幹部に女をあてがい、カネを積み、どんどん重要事項を盗んで行く。決して自分で勉強すること、自前で開発することがない。

こうやってサムスンがアップルに成り済まして(自分でではなく自分の奴隷に)同程度のものがつくれるようになると、今度はアップルになりすましたかのような似た製品を売り出す。

それが安かろう、似たものだろうで売れて金が入ると、今度はこれまで教えてくれたアップルに対して

恩を仇で返す

サムスンがアップルを追い落としないしは乗っ取りをかけるのである。


国に対してこれをやっているのが我が国に対してである。

シャープ、ソニー、新日鉄、日清、ロッテ、

ありとあらゆる日本企業に対しても同じことをする。

これが「朝鮮脳」の手口である。

しかしながら、結局はすべてを自爆し滅ぶ。これが「韓の法則」である。


日本人と支那・朝鮮人とはまったく似て非なるものである。まったく異なる文化文明を持っているのである。


さて、前置きが非常に長くなってしまったが、問題の竹内宿禰による日本史講義はこれである。
大河ドラマ花燃ゆ 吉田松陰と幕末~明治維新を語る① 竹内睦泰


大河ドラマ花燃ゆ 吉田松陰と幕末~明治維新を語る② 竹内睦泰


大河ドラマ花燃ゆ 吉田松陰と幕末~明治維新を語る③ 竹内睦泰
(ペリー来航がこれ)

大河ドラマ花燃ゆ 吉田松陰と幕末~明治維新を語る④ 竹内睦泰
(ペリー来航がこれ)

後は自動的にどんどん見て行ける。7まである。


4番目が一番面白い。

いや〜〜、「日本人は深い」ですナ。




# by Kikidoblog | 2015-08-28 10:24 | 竹内宿禰・竹内文書

ジョーク一発:「ミス日本コンステスト」「ボルトに韓の法則発動」「最新UMA」

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。本気にしないことが肝心。


(あ)「ミス日本コンステスト」

「ミス日本コンテスト」→というよりは、「ミス日本コンステスト」

ちなみに、「コンス」はブログ内検索を。

その証拠がこれだ。
2015年ミス日本コンステスト
(まさに朝鮮コンスですナ。ミスコンも乗っ取り完了。ミスコンスとあいなった。)

維新の党・松野代表の次女、未佳さんがミス日本最終大会進出!

ちなみに、真ん中の女性は、
松野頼久
の娘さんとか。

まあ、在日帰化鮮人の娘なんだから、「コンス」テストになるのは当たり前って言えば当たり前。


(い)世界最速の男ボルトに「韓の法則発動」された!

世界最速の男ボルトを最速で倒した男→やっぱり朝鮮人

悪いことをするときは日本人を名乗る。

これが朝鮮人(在日、韓国、北朝鮮、中国)の常套手段、伝統芸である。

人一倍気の良い世界最速の男ジャマイカ人のウセイン・ボルトが、200m優勝後に世界中のファンに向けてファンサービスしていたところ、一人の「東洋人」がその背後から最新型セグウェイに乗って音もなく忍び寄る。

そして、その男はコース仕切りに乗り上げ、一気に上から下へ右から左へ急旋回。その先にはボルトがいた。ボルトの両足を見事に刈って、隅返しか蟹ばさみ。ボルトは後ろにすってんころりん。


ボルトは左足に痛恨の裂傷。

百万ドルの黄金の足を傷つけた。傷害罪だな。

その現場を世界中が見守った。

世界中が激怒した事件である。まさに韓の法則発動である。以下のものである。
【世界陸上】ウサイン・ボルトの転倒怪我動画www男子200m決勝結果2015は優勝もレース後に中国人カメラマンがやらかすwww【身長・体重等のプロフィールあり】

Usain Bolt investito da un cameramen / Usain Bolt accident with cameramen


Epic Fail Usain Bolt Taken out by Camera Man After Winning 200M Title at World Championships 2015


ah~~, mamma meeya!


世界中のジャーナリズムでは、激突カメラマンは中国人だということらしいが、日本のマスゴミが報道しない自由を敷いていることからすると、たぶん、韓国人か、在日人のカメラマンだったのではなかろうか?


(う)最新UMA

最後は「UMA」→なんじゃ〜こりゃ〜〜〜???

ウクライナの森の中に落ちていたこの謎生物の正体は?






だんだんどこの星から来たものかも分からない、地球進化理論やらダーウィンの進化論を一切無視する生命体がこの地球上で発見される。

西洋白人がペリーと一緒にコロリ(=コレラ)を持って来たように、やっぱりどこぞの異星人がいっしょになんか持って来るんちゃうか?

地球内来種ならぬ、地球外来種。


いやはや、世も末ですナ。





# by Kikidoblog | 2015-08-28 09:23 | ジョーク一発