ジャン・ピエール・プチ博士の「宇宙人ユミット文明」

みなさん、こんにちは。

今回私は、宇宙人からさまざまな知識を得て本当に科学論文をさまざまな有名研究雑誌に投稿してるという人のことを紹介しよう。フランス人理論物理学者のジャン・ピエール・プチ(Jean Pierre Petit)博士である。プチ博士の専門は理論宇宙物理学である。「双子の宇宙論」、「反重力理論」、「磁気流体力学(MHD)推進」、「ダークマター理論」などが有名である。博士は、これらのアイデアのほんどが「ウンモ星人ユミット」からの手紙の解読によって得られた、と述べている。YouTube版は以下のものである。全部フランス語である。私は適当に想像して聴いている。

Jean-Pierre Petit et l'affaire UMMO sur « La 5 » (1/6)


Jean-Pierre Petit et l'affaire UMMO sur « La 5 » (2/6)


Jean-Pierre Petit et l'affaire UMMO sur « La 5 » (3/6)


Jean-Pierre Petit et l'affaire UMMO sur « La 5 » (4/6)


Jean-Pierre Petit et l'affaire UMMO sur « La 5 » (5/6)


Jean-Pierre Petit et l'affaire UMMO sur « La 5 » (6/6)


e0171614_11141446.jpg

このジャン・ピエール・プチ博士にさまざまなインスピレーションやアイデアを与えたという「ウンモ星人」とは、よくUFOの円盤の下面に漢字の「王」に似た文字が付いているものがあるが、それがウンモ星から来たと言われているUFOである。我々日本人には「ウンモ」の響きが「うんこ」や「雲母」に似ているためになぜかユーモラスで、それゆえまゆつばものの印象を受けてしまうが、それは我々日本人だけの話。「ウンモ星人」は「プレアデス人」などと同様にいわゆる「ノルディック型宇宙人」(つまり、「金髪碧眼で色白長身の北欧西洋人と極めて似た外見」の宇宙人)なのである。

「ウンモ星人」は1963年に初の地球来訪したかなり新しい宇宙人で、その文明自体も発達段階からすると我々の地球の北欧圏によく似ている。例えれば、ノルウェー人が惑星全部に住んでいるという感じである。「ウンモ星」自体も大陸は1つしかなく、極めて均質な一種類の人種しか住んでいないために、地球で例えるなら、北欧の歴史がそのまま「ウンモ星」の歴史というような発達で、地球のことばで言えば、「共産民主主義国家」にかなり近い、平和的な文明圏らしい。地球人と比べれば、科学が発達する前に精神状態の発達が先んじたために、我々の地球のような「科学兵器による緊張」を経ずして高度文明化できたという。

現在、ウンモ星人の地球探査部隊の人々が、北欧やヨーロッパ全土に医者やさまざまな職業を得て北欧人の顔をしてこの地球上に住んでいるという話である。これらの人々が、これはという地球人に手紙の形で「ウンモ文明」を伝承し、それを「地球人がどう反応するか」という形で観察中であるという。そういう地球人の1人がジャン・ピエール・プチ博士である。

「ウンモ星人」のユミットが地球人に送ったという手紙は既にものすごい数になり、その中には「宇宙の起源や構造」、「生命の起源」、「生命の進化の法則」、「建築」、「空飛ぶ円盤技術」などなど、我々がのどから手が出るほど欲しい科学技術の数々が説明されているというのである。さらには「地球文明の危機への警告」など我々地球人への耳の痛い話も多い。

こういった内容はすでに以下の本として日本でも出版されている。
e0171614_11145392.jpg

宇宙人ユミットからの手紙
宇宙人ユミットからの手紙―30年間2000通の秘密文書の謎を解明
宇宙人ユミットからの手紙〈2〉人類介入へ精密なるプログラム
e0171614_11153245.jpg

宇宙人ユミットからの手紙〈3〉人類の脳に「種の絶滅コード」を発見

これをだれかのいたずらだろうとか、何か悪ふざけだろうとか、まったくの創作だろうとか、いろんな見方はできる。しかし、こういった内容を自分なりにチェックして自分の頭で考えて行くというのも大事であろう。私はそう考える。

例えば、ビリー・マイアーが接見した「プレアデス人」もこの「ウンモ星人」もこの宇宙は「双子宇宙」であると発見した。つまり、恒星にも「2つの太陽」を持つ連星系というものがあるように、我々の宇宙は我々の住んでいる宇宙ともう一つちょっとずれた時空間に別の宇宙がくっついていて、ダブルの宇宙となっているという点ではどちらもまったく一致しているからである。ジャン・ピエール・プチ博士は宇宙人によるこういう示唆に従って「双子の宇宙論」を研究しいくつもの有名な論文を書いたというのである。

私にもこういう親切な宇宙人が付いてくれないものか。そうすれば、「生命の起源」などあっとういう間に解決できるのはなかろうか。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-05-27 11:16 | 未知の宇宙文明

<< 本当の「イルミナティ」とは? 矢追純一氏の「宇宙人は本当に実... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE