「ほっ」と。キャンペーン

ウィリアム・クーパー講演パート1:宇宙人&UFO問題の起こり

みなさん、こんにちは。

今日からしばらくの間、私は最近紹介したウィリアム・クーパー講演(「ビル・クーパー「ロズウェル事件の真相」を語る」)のYouTube番組の”私の”日本語訳をここに紹介して行こうと思う。

私が英語のYouTube番組を見聞きしているのは、自分のヒアリング能力を訓練しかつ維持するためである。が、我が家の92年製ソニーのテレビが死んでしまい、私が最近はテレビを見ずに十分に時間ができたためでもある。

毎日英語を聞いていると、さすがにアメリカ留学はもう20年も前の体験や記憶となってすっかり英語ヒアリングを忘れかけてきた私の脳みそにもそれなりの覚醒を引き起こし、それなりに聞き取れるようにはなるようである。

ウィリアム・クーパー氏独特の米語発音は私にはかなり聞き取りにくい点がたくさんある。さらには氏の語る内容が宇宙人問題に関するかなりインサイダーな極秘事項を扱っていて、そのための特殊な言葉使いなどがあるために、私自身意味を取るのにかなり苦労する点がある。

そんなわけで、私のヒアリング能力はそれほどたいしたことはないので、かなりいい加減でうまく聞き取れずに誤訳や間違った解釈をしている部分もあるだろうが、その辺は見逃してもらってお許しいただき、ご自身で適当に補ってもらいたいと思う。したがって、英語能力の高い人は直にYouTubeから自分で聞き取ってもらえばよく、私の日本語訳は無視してもらいたい。仮に私の翻訳が断片的に意味があっていただけだとしても、ウィリアム・クーパー氏の講演における主張の内容の大筋は理解できるだろうと思う。

いずれにせよ、ウィリアム・クーパー氏が自身の命をかけて行った一世一代の「宇宙人問題暴露」講演は実に衝撃的でかつ非常に深くかつ興味深いものである。



【パート1】
いくつかの情報は、私が見た情報から導きだした研究に基づいています。たとえば、私が見た文書には、宇宙人(エイリアン)問題の疑問に関する、欺き、うそ、事実、真実、その根拠や本当の証明などを研究するための「ジェーソンスカラー」と呼ばれたコミッション(これは学者の秘密社会のことだが)におけるアイゼンハワー大統領の文書がある。NSCメモ5410には、12人のメンバーからなるもう1つのグループがあったと記され、NSCメモ5411には、研究グループについて述べられていました。こういう人々の動きをカバーし、なぜこういう組織が必要かを説明し、なぜ定期的に会合を持つ必要があるかを説明するメモ、NSCメモ5412/1、5412/2、も存在しました。NSCメモ54121は1955年3月に作られました。NSCメモ5412/2は1955年11月に作られました。そういったメモやその境界やいつ書かれたかをよく知るものは、5412が1954年3月に以前に書かれたということ、そしてパート2が11月に書かれたということを知っています。それらは本当に最初に1954年に書かれたということです。

さて私は本題に入りますが、私はいくつかのことについては触れずにすまさなくてはなりません。それは至極単純な理由からです。というのも、私がもらったたった1時間半の講演で全部をカバーしてお話することは出来ないからであります。

話を始める前に、私は2つほど引用をしたいと思います。1つめは、アレスター・クックによるものですが、彼はこう言いました。
「明らかにいまあるように、この惑星は今から50年はまだ進んで行くだろう。しかし私は2000年に至るとは思えない。それは非常にひどいものとなるだろう。」
ウィンストン・チャーチルはこう言いました。
「我々は、我々の意志に反し、どの人種、どの国民、どのクラスの意志に反して、不可解な破局に向って動き、ただよっている。だれもがそれを止めたいと思っているが、だれもどうしたら良いのか分からない。」
皆さんはこれらの引用をどう思うでしょうか?
ロナルド・レーガンは、1983年10月にアメリカイスラエル社会問題委員会代表のトーマス・ダインの会合においてこう言ったといいます。引用します。
「ご存知の通り、私が皆さんのいにしえの予言や言い伝えに戻った時、私は軍備を結集するように言うように署名した。それを見る世代がどこでそれに出くわすのかどうか私自身不思議に思う。あなた方が予言のいくつかを後々知るようになるのか私は知らない。しかし私を信じてください。確かに機が熟しているとそれらは記しています。」

皆さん、ここで皆さんにお話することや提供することや説明することは、この現象の歴史、だれが「秘密の政府」なのか(私があとで名称で名前をつけますが)、始まりのグループ、研究グループについてです。私が今日彼らがだれであるかを教えます。私はすべてのことを教えます。だれが皆さんの子供たちに麻薬を売っているのかお教えします。なぜアメリカ合衆国が「UFO」に関する真実であることを皆さんが見いだすことを恐れているのかお教えします。

初期の円盤についてすべて触れることははしょりますが、というのも、皆さんが思っている以上にたくさん存在するからであります。初期の円盤(マイクを直して「多少マシになりましたか」)、非常にたくさんの墜落がありました。皆さんが知っている以上に多数のエイリアンの身体の回収がありました。しかし、それはたいしたことではありません。大事なことは、「それが起こった」ということであり、その「数」ではないからです。いくつであったかとか、どこでだったかとか、いくつの身体だったかというようなことに関心のある人々はだれにとっても時間の無駄をさせるだけです。大事なことはそれが起こったということなのです。

いずれにせよ、とてつもなく重要な墜落事件は2つありました。それらは、どんな理由においても政府が皆さんから真実を覆い隠す必要のあるものでした。ニューメキシコ州アズテックに起こった2つのクラッシュ事件です。なぜそれが大事かと言えば、両方のUFO墜落事件において、その中に人間の身体の一部分が含まれていたからです。政府は国民のパニックを心底恐れたのです。

このため、すべてにおいて、エイリアン問題について、すなわち、墜落したUFOに関して、宇宙人が存在することに関して、我々が回収した宇宙人のテクノロジーに関して、非常に厳しい安全対策の毛布が敷かれました。いくつかのUFOは奇妙にも全く損傷していませんでした。我々は機械的、電子的、流体的など、我々のこれまでの知識ではまったく理解不能でした。例外としては、乗り物(クラフト)は小さな反応炉(リアクター)を、大きなサッカーボールか、バスケットボールくらいの大きさのものを含んでいたということのみです。それは、クリーンリアクターで、どうやら水を燃料にしているらしいということがわかりました。しかし、それがどう作動するのか、私は全く分かりません。私が核物理学者ではないからです。神に感謝します。

その現象を調べるために、1947年12月にアメリカの最高の科学者の特別グループが「プロジェクトサイン」の名の下に組織されました。その時にはまだ「MJ-12」のようなものの兆候はありませんでした。汚い仕事は秘密裏に行われました。1948年12月に「プロジェクトサイン(sign)」は「プロジェクトグラッジ(grudge)」に変更されました。

非常に低レベルの情報操作のコレクションが「プロジェクトグラッジ」の下で形成された「ブルーブック」でした。16巻ありました。これについてはいろいろ議論の余地がありますが、私とビル・イングリッシュ(Bill English)が見て、読み、公衆に暴露したものにはグラッジ13があります。「ブルーチーム(Blue Teams)」が破損した円盤の回収と死んだ宇宙人の回収のために招集されました。「ブルーチーム(Blue Teams)」は、後に「プロジェクトパウンス(Project Pounce)」、「プロジェクトプルトー(冥王星)」の下でアルファチームに含まれるようになりました。

初期には、米空軍とCIAは「宇宙人の秘密をどのように完全にコントロールするか」訓練していました。米空軍は後に脱落しました。というのは、空軍の若い上官たちには海軍の力を超えるほどの政治力がなかったためです。事実、CIAは大統領戒厳令により宇宙人の存在を扱う目的を表現するために作られたものだったからです。後に、国家安全保障法がCIAを設立しました。国家安全保障諮問委員会(National Security Council, NSC)が、国際情報機関を超越するために(特に宇宙人の飛行に関して)設立されました。公的な指導原則枠や国民政策に基づいて作られたものではありせん。事実、NSCはMJ−12の前身であったということができるでしょう。NSCとMJ−12の間にもう1つのグループがありました。これについては後で述べます。NSCのメモシリーズは、CIAの全仕事の除去、情報機関の招集等、ゆっくりだがすばやく以前の隠蔽行為や直接行動を法制化するための戒厳令でした。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-06-21 09:37 | クーパー

<< ウィリアム・クーパー講演パート... オライオン・コンスピラシー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE