HAARPの波形に第二第三の大変動が現わる!!

みなさん、こんにちは。

e-PISCOの「ラドンイオン濃度」の周期パターンが続く中、HAARPの波形に2番目の大きな変動が現れてきたようだ。注視が必要である。
Fluxgate Magnetometer
e0171614_1119445.jpg

e0171614_20512629.jpg

Induction Magnetometer
e0171614_11175018.gif

e0171614_20505068.gif

このグラフと「いよいよHAARPの波形に大変動が現わる!!」の第一回目の大変動のグラフを見比べる限り、理由は私には分からないが、Induction Magnetometerの例の「星形格子パターン」よりむしろ0周期のところのピーク(つまり、一番下の山状のパターン)が現れる時にFluxgate Magnetometerの大変動が同期しているように見える。このことから、例の「星形格子パターン」はHAARPがアクティブの場合に対応し、「0周期ピーク」の方が地震活動による磁気嵐を反映しているのではないだろうか、という感じがする。また、下のグラフにおいて、神奈川・厚木のグラフの変動も小さいながら千葉・南房総のピークに連動してほぼ同じ時間帯に小さなピークが来ているように見える。

千葉・南房総
e0171614_11192254.gif

e0171614_20515122.gif

神奈川・厚木
e0171614_11195991.gif

e0171614_20524928.gif

兵庫・川西
e0171614_11201091.gif

e0171614_20521564.gif

いよいよいつ大地震が来てもおかしくない状況に入る。首都圏にすむ人々は、”それなり”の地震対策をした上で生活すべきだろう。備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-09-28 11:36 | HAARPモニター観察

<< 地震雲の科学:地震雲監視ネット... HAARP vs e-PISC... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE