日本サッカーU17、2009年ナイジェリア大会3連敗で敗退

みなさん、こんにちは。

今日は、日本サッカーのU17が2009年ナイジェリア大会で3連敗して予選リーグ敗退したので、今回は特例で、これまでとまったく違う、サッカーのYouTube番組を紹介しよう。

まず、今回の予選リーグの2試合は以下のもの。
スイス戦


ブラジル戦


メキシコ戦

打てば枠に入らない宇佐見のような選手がどうして日本代表に入れるのだろうか。この3試合全部で少ないチャンスをつぶすという、”爆弾”となった日本の疫病神であった。まあ、この程度の選手を「天才」などといってもちあげてつぶしてしまうガンバ大阪もどうかしている。どうみても昔の稲本の方がうまい。最近は何か勘違いするJリーガーが多すぎる。


一方、この2年前の2005年のU17世界大会について、小野剛、 風間八宏、 後藤健生、 高木豊が議論するYouTube番組があったので、これを紹介しておこう。以下のものである。






私がなぜこの番組を取り上げたか、と言えば、この4人の解説者の中で、元プロ野球選手の高木豊氏の考え方(もちろん、サッカーに関する考え方)がもっとも私の見方に近いからである。日本のプロ野球は世界ランキング1位である。およそ100年の歴史を持つ。そういう歴史的背景の中で野球選手として育った高木氏が、自身の息子がサッカー選手としてU17代表に参加するにあたり、それまでおそらく常にプロ野球とプロサッカー選手やそれぞれの育成方針や考え方の違いなどを考えてきたに違いないが、そのあたりのコメントが実に興味深いからである。

私自身ここ阿南の近辺で野球少年やサッカー少年たち、あるいは女の子たち、あるいは彼らの親たちをジョギングがてらによく観察しているが、サッカー少年とその父親、野球少年とその父親にははっきりとした違いがある。それは、野球少年は、父親たちから投球の仕方、ボールの握り方、キャッチの仕方、そしてバットの振り方に至までことこまかに父親からアドバイスされているという姿をよく目にするが、サッカーに関してはまさにそれがないのである。正しい蹴り方、正しいボールの扱い方、正しい身のこなし、こういったことがらについて最初から指導している父親というものには、私以外に目にしたことがない。この差は非常に大きい。そう長いこと考えてきた。

今回の番組で、唯一、私のこの観点と同じような観点で議論していたのが、高木豊氏だった。U17日本代表が世界大会に出たとしても、決勝リーグに出れなければ、つまり結果がでなければ、0点に等しい。いくら普段うまくても実際の代表の試合でシュートが決められなければ、技術がないに等しい。こういう厳しい観点から見ている。私もまったく同感なのだ。

例えば、シュートが外れるのは、きちんと足の形が決まっていないからだ。野球で言えば、ファールやチップと同じことだ。スウィングが決まらず、ファールしか打てない選手は一人前とは言わない。ならば、なぜ枠に行かないシュートしか打てない選手が日本代表になるのか? 私はいつもそう考えている。実際今の日本代表より私のシュートの方がうまいと思う。かつてテレビで、9枚のボード落としをやっていたが、全部落としたのは、当時ジュビロ磐田にいた、現ブラジル代表監督のドゥンガ、2度目でやったのが、当時名古屋グランパスにいた、現グランパス監督のストイコビッチ、そして3度目くらいでパーフェクトになったのがラモスであった。ゴン中山など当時日本代表の選手はことごとく失敗した。せいぜい3、4枚しかあたらない。だから試合では適当に思いっきりゴールに蹴っているだけだ。これでは、世界大会でゴールは難しい。

そういった趣旨のことをこの番組では、高木氏が主張しているというわけである。この番組は2007年のものであるが、この時とまったく同じことが今回のナイジェリア大会でも言えるのである。

それにしても、ここの2人の解説者はだめだな。やはりサッカーしたことのない、サッカー解説者が日本サッカーをだめにしているのだろう。あまりにサッカーというものを知らなすぎる。「この国民にしてこの政治あり」ではないが、「このサッカーファンにしてこのサッカーあり」というところだろう。私の個人的経験でも、17歳でできていないことは、25歳になってもできない。17歳でこの程度のサッカーであれば、彼らが大人になっても所詮はこの程度のサッカーしかできない。まあ、そういうことだ。プロ野球選手の方がはるかに真っ当である。

ついでに書いておくと、最近のユニフォームのパンツは、昔の不良チームのパンツのように長過ぎる。そのために、太ももが全く見えない。それゆえ、足を鍛えているのかいないのか、足の太さをみて判断するということができなくなっている。そのせいか、たいして鍛えていないサッカーチームでも、見かけでは強豪に見えてしまうという問題も出てきているのである。もう一度、昔のように短いパンツに規定した方が良いだろう。



[PR]

  by Kikidoblog | 2009-10-31 16:17 | サッカー&スポーツ

<< 今度のHAARPの揺れは太陽風... 「ケムトレイル」と「新型インフ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE