マイケル・ジャクソンはイルミナティーに殺された?:イルミナティーvsミュージック

みなさん、こんにちは。

マイケル・ジャクソンはどうして死んだのか? 殺されたのか? 病死したのか? だれもが知りたいことである。どうやらマイケル・ジャクソンは「イルミナティー陣営」に殺されたようである。というのは、マイケル・ジャクソンがリリースした「They Don't Care About Us」という曲がある。これが、まさしくウィリアム・クーパーやデービッド・アイクやジョン・コールマン博士が暴露してきた「人間牧場化計画」の世界をそのまま批判した曲だからであるらしい。以下のYouTubeである。では、ご覧いただきたい。



ついでに、以下のものもどうぞ。

イルミナティがいかに音楽業界を動かしているか?フリーメイソン

アメリカのヒップホップ界やラップミュージック界も「イルミナーティ」と歌うものがかなり出てきている。そこで私はここで予言しておくが、もうじき吉本興行の芸人が「イルミナーティ」とか「NWO」とか命名するものが出てくるだろう。

昨日、亀井大臣が怒ったように、すでに鳩山民主党政権にも「イルミナティー陣営エージェント」が白昼堂々と入ってきているようである。これは俗に「侵入」と呼ぶ。そしていつの間にか「乗っ取り」を計るらしい。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-11-12 16:10 | コンスピラシー

<< 金星にディズニーランドがあった... 金星にディズニーランドがあった... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE