HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

HAARPに「地震電波」らしきものが検出されている。今日のものは振幅はそれほど大きくないが、非常に長時間に渡って揺らいでいる変動である。

Fluxgate Magnetometer
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり長い時間揺れている。
e0171614_17151450.jpg

e0171614_22501082.jpg

e0171614_2042811.jpg

Induction Magnetometer
右下の、周波数ゼロに近くにある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、ピンク色に近い部分。
e0171614_17153373.gif

e0171614_22504883.gif

e0171614_20424269.gif

HAARP VHF Riometer」
下の赤い部分がVHF波における電離層の揺らぎ(擾乱)の程度を示すが、今回のものは、右下の赤い部分に非常に強い電離層の擾乱があったことを示している。
e0171614_17154694.jpg

e0171614_22511667.jpg

e0171614_20431046.jpg

はたしてこの地震電波はどこに来る地震のものだろうか? 今回のものは、地震電波の出現がかなり長時間に渡っているので、かなり特殊な地震かもしれない。だいたい地震電波出現から56時間後から1、2週間後に間に地震が起こるようである。どこに来るか分かれば本当にすばらしいのだが。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-11-25 17:19 | HAARPモニター観察

<< 「ノーベル賞学者の反論」への反... 民主党の「必殺仕置き人」、科学... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE