いよいよ明日オバマ大統領が重大発表するのか?

みなさん、こんにちは。

いやはや日本の大学にいる科学者の「お公家さん」ぶりを見ていると、ほんとに腹が立ってくるので話題を変えよう。

さて、いよいよ明日11月27日がやってくる。ネット上で噂のある「オバマ大統領がETや円盤技術について暴露する」という予想の行われてきた日である(UFO・宇宙人暴露vsNESARA: 過度の期待は禁物だ!)。以下の「2012アセンション」系のブログ主がずっと主張し続けてきたものである。
ふるやの森

この謎の人物のことはほとんど知られていないが、この人が基にしている欧米人は以下の、もっと謎の人々である。こういった人々の生活費を工面したり、ホームページを維持するだけでも結構お金がかかるはずである。いったいだれが彼らの活動を支援しているのだろうか?

デービッド・ウィルコック(David Wilcoc):Divine Cosmos
e0171614_21264741.jpg

e0171614_21285533.jpg

マイク・クゥインジー(Mike Quinsey):THE GALACTIC FEDERATION BY MIKE QUINSEY
e0171614_2127228.jpg

(上の「ふるやの森」はこのサイトの日本語版エージェントである。)
ベス・トルットウィン(Beth Trutwin):LightWorkers
e0171614_21275282.jpg


彼らの主張というのは、11月27日(あるいは以降)にアメリカのオバマ大統領が、これまで秘密にされてきた宇宙人問題やUFOテクノロジー問題の極秘事項を暴露するために、世界中で一斉にマスメディアが放映し、人々の目にさらされることになる。その時、ほぼ同時に、世界中の「闇の権力」(われわれがビルダーバーグとか、イルミナティーとか、陰の政府とか、ワンワールド政府とか、いうグループ)が一斉逮捕され、地球上からその権力が奪われる。その時同時に、宇宙から無数の(何百万もの)UFOが飛来し、我々地球人にその姿を現す(デクローキング)。地球政府は「NESARA(ネサラ)」なる、謎の法律を施行し、これまでの悪の権力による地球支配が終わる、というような趣旨のものである。

これが起こるのが明日だというのである。もし本当にそれが起こるのなら、そんなハッピーなことはない。がしかし、今のところその兆候の陰もみじんもないというのが現実である。キッシンジャーもブレジンスキーもブッシュもブレアもサルコジも小泉純一郎もみなさん元気である。

はたして「ふるやの森」の予言通りに事が運ぶのだろうか? マイク・クゥインジーのSaLuSaは実現するのか? UFOは明日地球人にその姿を見せてくれるのか? 実に楽しみなところである。

ところで、私が一番気になるのは、こういった「アセンション系」のホームページのシンボルに数多くの「メーソン的シンボル」
e0171614_21294314.jpg

が仕込まれていることである。アシュター銀河司令部コマンドには「ダビデの星」があるし、ピラミッドやら、メーソンや悪魔主義者の象徴もある。人類が未来へ向けて霊的にアセンションするということと、古代の悪魔主義者のメーソンのシンボルはどうやれば折り合いがつくのだろうか? この辺りが私にはよくわからない。
e0171614_21301492.gif

e0171614_21304380.jpg

e0171614_2131094.gif

e0171614_213289.gif

e0171614_21323269.jpg

e0171614_2133561.jpg


いずれにせよ、明日になれば分かるのだろう!?
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-11-26 21:35 | コンスピラシー

<< HAARPに地震波か? 「ノーベル賞学者の反論」への反... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE