前ミネソタ州知事による、ある医師のインタビュー:ワクチン接種の危険性

みなさん、こんにちは。

昨年末の「新型豚インフルエンザ」騒動は今どうなった? すっかりだれも聞かなくなったのでは? 日本では、今年からイギリスの悪徳メーカー、グラクソ・スミス・クライン製の「スクゥワレン入り(アジュバントMF−59のこと)」ワクチン接種が始まりそうなので、その危険性を指摘するYouTube番組を見つけたので、ここでも紹介しておこう。以下のものである。これを見ると、もうワクチンを打ってしまった人々は可哀想だがあまり良い人生は待っていなさそうである。

The Bilderberg Group 4/4 - Conspiracy Theory with Jesse Ventura


この番組の日本語訳は以下のものにある。
前ミネソタ州知事による、ある医師のインタビュー(米TV放送『陰謀セオリー』)投稿者 ひとりのちいさな手
強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 2
このブログの主であるoninomae氏の努力には実に頭が下がる。

この話の中にある以下の部分は実に興味深い。

”Gov: ドクター、我々は、すごい話に踏み込んでいますよね。世界人口の90%を消してしまう話ですから。ビルダーバーグが一番上の位階に位置するのでないとしたら、まだほかに誰か彼らの上にいるのですか?

Dr: 私がこの女性から聞いた話によると、『7人の男からなる評議会』a council of seven menというものがあり、彼らが世界の"長期的な動向”を決定しているのだそうです、つまり彼らが、どういうことが起こってほしいか、を決めているのです。それは、どの国が勃興し、どの国が没落し、どこの経済が繁栄するか、といったようなことです。

そして我々が理解するべき一番重要なことは、この『7人の男からなる評議会』は、どんな宗教にも属さないし、どんな国にも関係しないし、どんな政治組織にも関係を持たない、ということなのです 。彼らには彼ら独自のルールがあり、彼らはそれに則って行動するのです。彼らのルールは、我々が知っているどんな組織・会にも つながりがないのです。”

いやはや、今年もイルミナティーの面々は頑張りそうですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-01-12 17:06 | ワクチンコンスピラシー

<< 山梨学院サッカー初出場初優勝:... 癌は真菌感染のせい!?:トゥリ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE