「ビームイベント」:スカラー波兵器?

みなさん、こんにちは。

しばらく前に「天空に光り輝く巨大な雲:これは何だ?」で紹介した、「天空に光り輝く雲」

に関するヒントを見つけたので、今回はこれを紹介しておこう。以下のHPである。
TESLA DOOM WEAPONS & AUM SHINRIKYO By David Guyatt

これは、どうやらかつてのオウム真理経の麻原がどうして神戸淡路大震災を予言できたのかということを検証した論文のようであるが、この論説の最後の方の「TESLA WEAPON TESTING IN THE OUTBACK?」にこうある。

”As he continued his research, Mason began to gather a significant amount of additional data relating to what he terms “beam events.”  These are bright beams of light that hang suspended from the sky, often for prolonged periods.  He states that these include “orange beams, small bright white lights and vivid blue-white energy discharges” in the more uninhabited regions of Australia.  These also include observations of “diffuse orange energy ‘cylinders’ coming down and striking the ground, whilst clouds overhead light up with exotic colours.”  These beams, some experts believe, are a clear “signature” of Scalar wave weapons.  In addition there have been other unexplained “fireball” events - notably a 1st May 1995 explosion above Perth, estimated to have been in excess of 1 megaton of TNT energy equivalence. ”

この部分の「ビームイベント(beam events)」なるものが、空に保持された光り輝くビームで、オレンジビームや白色ビームや青白色ビームなどを含んだものであるという。ある専門家たちは、これこそ「スカラー波兵器」の証拠だと信じているということらしい。

ここでいう「スカラー波」というのは、電磁場の粗密波、すなわち電磁波の進行方向に振動する縦波成分である。これは、一般の物理学者は電磁波はその進行方向とは垂直の振動成分しか含まない、すなわち横波であると考えているために、スカラー波は存在しないと考えてきているものである。(「”HAARP”、この不気味な新技術研究所」)

しかしながら、この「スカラー波」こそ、重力制御や反重力、そして生命現象の理解への鍵だろうと信じている科学者もたくさん存在する。というのも、もし重力と電磁力が結合するとすれば、スカラー波の存在が重要となるからである。このテーマについてはまたいつかにしよう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-01-26 11:45 | HAARP

<< ついにHistoryChann... HAARPに地震波か? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE