「白人至上主義団体」シーシェパード、ついに日本の調査捕鯨船を爆撃!?

みなさん、こんにちは。

いわゆるイルミナティー、「白人至上主義者」の特有な行動パターンに「相手の気持ちや相手の言い分や考えや主張おかまいなしに相手に危害を加える」というものがある。「勝ってに連中でもりあがり、勝ってな論法を捻くりだし、勝手に他人をターゲットにしてくる」というものである。これはだれに教わったからそうなるというものではない。血に刻まれた遺伝のレベルの話である。それゆえ、たちが悪い。

その昔、会田雄次氏の「アーロン収容所」によれば、イギリス兵の捕虜収容所に捕獲された日本兵は、英兵の愛人たちであるイギリス女性の勝手気侭な、非人間的振る舞いに非常に難儀したと証言している。それに比べれば、「坂東俘虜収容所」のように、日本の捕虜収容所ほど居心地の良いものはない。前者と後者には、地獄と天国ほどの差がある。

こんな「白人至上主義者」団体のサポートするシーシェパードが徐々にエスカレートし、とうとう日本の調査船に爆弾を打ち込んだ。今日の以下のニュースである。ちなみに、言うまでもないが加えておくと、なぜシーシェパードが「白人至上主義者」団体かといえば、スカルアンドボーンズのモチーフにした海賊旗を象徴にしているからである。

シー・シェパードが酪酸入り瓶発射、3人けが
e0171614_15585158.jpg


さて、問題は、ここでシーシェパードが主張しているように、日本の捕鯨調査船の捕鯨がクジラ乱獲の問題かというと、事実は全く違っているのである。

実は、クジラが犠牲になる最大の原因は、米ロやイギリス艦隊の空母や戦艦や原子力潜水艦の繰り出す、「最強烈低周波ソナー」、正式名称「低周波アクティブ方式探索曳航アレイ・ソナーシステム(LFAS)」 のせいなのである。 周波数は数百から数キロヘルツ。水中で最高音圧となり、音源は何やら「アポロ」で有名な「サターン5型ロケット」並みの”240デシベル”を超える音を発する。数百km先でも140デシベルを維持し、反射音は即座に人工衛星を介して本国のスーパーコンピュータに送られて解析される。 それゆえ、このソナーは驚くほど強烈で、鯨やイルカの内耳が吹っ飛ぶ。それゆえ、耳から出血して死ぬ。

相次ぐ大量死…クジラ2百頭打ち上げられる
e0171614_1655196.jpg

ジャースクでイルカが再び謎の大量死
e0171614_15574613.jpg


したがって、英米ロの海軍は調査捕鯨の何十倍もの損害をこの自然界に与えているのである。がしかし、「白人至上主義者」は不思議と白人の権威組織には非常に弱いんだな。これが。だから、見逃す。シーシェパード、どうせつっこむんだったら、日本の調査捕鯨船ではなく、「現代の黒船」米原子力空母「ニミッツ」あたりにしたらどうだい? 今度中国の香港に行くらしいヨ。


一応、以下にその昔の私のブログで書いていた記事を再掲しておこう。

----------------------------------------------------------------
2008/11/13のBlog
可哀想なイルカや鯨たち:最新鋭ソナーの餌食に?

たまに海岸に大量のイルカや鯨が打ち上げられていることがある。(イラン南部でイ ルカが謎の大量死

この原因はなかなか分からず、”何らかの理由”でイルカや鯨が方向感覚を失って浜 に突っ込んで死んだのだろうと考えられて来た。 理由が分からなかった時代、大方は、「寄生虫が耳に入っておかしくなった」ものと いう似非科学的理由が科学者から出されていたものである。

しかし、最近になって、この原因がアメリカの原子力潜水艦やNATOの軍艦による「最強烈低周波 ソナー」のせいであるということが分かってきたのである。 このソナーは驚くほど強烈で、鯨やイルカの内耳が吹っ飛ぶ。それゆえ、耳から出血して死んでいたのである。

このソナーの正式名称は、「低周波アクティブ方式探索曳航アレイ・ソナーシステム(LFAS)」というらしい。周波数は数百から数キロヘルツ。水中で最高音圧となり、音源は何やら「アポロ」で有名な「サターン5型ロケット」並みの”240デシベル”を超える音を発する。数百km先でも140デシベルを維持し、反射音は即座に人工衛星を介して本国のスーパーコンピュータに送られて解析される。

これを知った環境保護団体「天然資源保護協会」(NRDC)などが、実戦や演習などでこのソナーの使用の禁止を求めて訴訟を起こした。

ところが、その最終結果が今日の以下の記事に出たというわけだ。

ソナー制限覆す、米最高裁判決 米海軍訓練「公益性高い」

”【ワシントン12日共同】米海軍が対潜水艦訓練で使用する音波探知機(ソナー)はクジラなどに有害だと環境保護団体が主張していた訴訟で、米連邦最高裁は12日、「海軍の訓練は公益性がより高い」として、ソナーの使用制限を認めた下級裁判所の仮処分を取り消す判決を下した。 環境保護団体「天然資源保護協会」などは、海軍のソナーにより、南カリフォルニア沖でクジラやイルカなど37種の海洋哺乳類が方向感覚を失って岸に乗り上げるなど、危機にさらされていると主張していた。 ロサンゼルス連邦地裁は今年1月、約2キロ以内に海洋哺乳類を発見したらソナーを停止する、な どの仮処分を出した。ブッシュ大統領は使用を可能とする決定を出したが、サンフランシスコ連邦高裁が仮処分を支持、訴訟は最高裁に持ち込まれていた。”

いやはや、何と言うべきか?
----------------------------------------------------------------
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-12 16:13 | コンスピラシー

<< 岡田ジャパン崩壊!?:もはやチ... テキサスの”謎の白いネットワー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE