南米チリの巨大地震のHAARP振動はどれか?

みなさん、こんにちは。

うかつにもバンクーバーオリンピックに釘付けになっていたら、南米チリでかなりの巨大地震が起こったようである。

南米チリでM8・8の強い地震、78人死亡
e0171614_22443574.jpg


宇宙天気ニュース」によると、2月上旬から中旬の2月16日までは結構太陽風が吹き荒れ、磁気圏にオーロラが渦巻いていたようである。しかし、2月17日から今日までは磁気圏は比較的静かであったようである。

磁気嵐があると、いくらHAARP磁力計モニターであっても、正確に地震電磁波だけを検出できるということはない。それゆえ、2月16日までのHAARP磁力計モニターのデータから地震電磁波を見ることは難しい。しかし、それ以後であれば、かなり正確である可能性がある。

そこで、もう一度HAARP磁力計モニターのデータを見直してみることにした。
Fluxgate Magnetometer
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_22461836.jpg


すると、どうやら、今回のチリ地震に一番あっていそうなピークは、2月16日の午前10時のもののように見える。
e0171614_22471815.jpg


Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロに近くにある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、ピンク色に近い部分。
e0171614_22492898.gif


はたして現実はどうであったのだろうか?
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-27 22:50 | HAARPモニター観察

<< チリからの大津波ソリトンがやっ... フィギュアスケートコンスピラシ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE