1923年関東大地震の巨大津波に乗った男、デューク・カハナモク

ついでに付け加えておくと、今現在の水泳の「自由形」を世界中に布教し、サーフィンを世界のスポーツにしたのは、伝説のハワイアン、デューク・カハナモク
e0171614_10271932.jpg

である。

この人は、1923年9月の関東大地震の時に生じた巨大津波がハワイ沖を通過した時に、そのビッグウェーブを待ち構えていて、それにサーフィンしたという伝説がある。

きっとハワイ辺りでは、今回の大津波を待ち構えてサーフィンしようといる、大バカな猛者や勇者たちがいるのかもしれないナ。

一九一二年オリンピック、あの夏の男たち
e0171614_10313184.jpg


この本の中に詳しい。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-28 10:34 | サッカー&スポーツ

<< 「バンクーバー五輪女子フィギュ... チリからの大津波ソリトンがやっ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE