HAARPに地震波か?:緊急情報、見たことのない巨大な地震電磁波の可能性あり!?

みなさん、こんにちは。

いやー、これはすごい。というか、これはひどい!! 私もこれまでHAARPモニターをずっと眺めて来たが、これほどまでにすごい地震電磁波は見たことがない。そんな波形がつい最近のHAARPモニターに現れて来た。

HAARPモニターは、ガコナ以外のものは一気に停止し、
e0171614_21414229.jpg

サウンドトラックも一時消滅したから、何かただならぬ動きや気配を感じるところである。

宇宙天気ニュース

Fluxgate Magnetometer
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_20194193.jpg

モニター画面を振り切るほどの波形である

Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロに近くにある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、ピンク色に近い部分。
e0171614_20213776.gif

これほどのものは見たことがない

HAARP VHF Riometer
下の赤い部分がVHF波における電離層の揺らぎ(擾乱)の程度を示す。
e0171614_2023154.jpg

電離層の揺らぎもものすごい。深夜のものはオーロラの活動によるものである。

今回のものは、非常に大きな電離層の擾乱を示している。おそらくその震源地付近の上空には「地震雲」が観察されるはずである。私は、HAARPモニターの誤作動か、あるいは、人間のいない場所への地震であるか、ただただそう願わざるを得ない。

しかしながら、「ケムトレイル・気象操作掲示板」の100403 空模様に、福島県在住の方が発見したという、超巨大な「地震雲」の写真もある。関東から北関東の人々は注意すべきかもしれない。
昨日
e0171614_2010483.jpg

e0171614_2085435.jpg

今日
e0171614_2092945.jpg


これは俗に「2週間前の地震雲」というものである。今度巨大な暗雲立ちこめ、非常に暖かくなったら要注意。それは「2、3日前の地震雲」というものである。

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-05 20:17 | HAARPモニター観察

<< 「地震マシーン」:テスラ振動子 「ニュースZERO」のねつ造疑... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE