ノルウェーのオスロのヴィーゲラン公園:レプティリアンはどこ?

みなさん、こんにちは。

W杯も1次リーグの佳境に入って来たため、なかなかこっちに書くことができないが、今回は比較的最近見つけた興味深い公園を紹介しておこう。

それは、ノルウェーのオスロにある、 ヴィーゲラン公園(Vigeland Parken)
e0171614_16272439.jpg

という「彫刻の公園」である。別名、「Gustav Vigeland Sculpture park」というらしい。

私はしばらく前に偶然以下のサイトを見つけてそこから調べて行って分かったものである。
レプティリアンが女性を誘惑している写真と、男性を攻撃している写真です。

とにかくこの公園は西洋人の石の彫刻、というのか、石像というのか、西洋人の老若男女のはだかの彫刻だけでできている。
ノルウェー オスロを歩く ヴィーゲラン公園(Vigeland Parken)

実際にこの公園を歩いた西洋人がいるので、その人々のYouTube番組を以下に紹介しておこう。これらを見ると、この公園がいかに変わっているか、いかに奇妙な公園か分かるだろう。

Vigeland Park, Oslo Norway


A Walk Through Vigeland Park


Gustav Vigeland Sculpture park Vigelandsparken Oslo part 1


Gustav Vigeland Sculpture park Vigelandsparken Oslo part 2



この彫刻の公園を設計しそのための彫刻群を1人で作ったというのが、Gustav Vigeland(グスタフ・ヴィゲランド)(April 11, 1869 – March 12, 1943)
e0171614_16284957.gif

e0171614_1628597.jpg

というノルウェーの彫刻家であるらしい。
Gustav Vigeland Sculpture

最後にこの公園にある極めつけの作品が以下のものである。人間(西洋人の男女)と交尾するレプティリアンである。
e0171614_16293618.jpg

e0171614_16294548.jpg


はたしてこの彫刻家はどこからこういったアイデアを見いだしたのだろうか?

いずれにせよ、このレプティリアン像がこの公園のどこにあるのか探すのは面白いゲームである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-06-21 16:32 | 人物

<< 「キメラ生物」から米軍の「スー... 地下深部掘削の”謎”:ロシアの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE