ついに中国に宇宙文明到来か?

みなさん、こんにちは。

最近、非常に興味深いニュースが中国で飛び交った。以下のものである。
中国・杭州でUFO騒ぎ、空港を約1時間閉鎖

【上海=奥寺淳】中国浙江省杭州の空港で7日、未確認飛行物体(UFO)の目撃情報が相次ぐ騒ぎがあった。落下物などの決定的な証拠は見つかっていないが、「安全のため」(地元メディア)、同空港を一時閉鎖。航空管制当局や警察が調査を始めた。

 UFOの目撃情報が寄せられたのは同日午後9時ごろ。新華社通信のウェブサイトや地元の報道によると、空港に着陸する飛行機の中から、乗客がキラキラ光る一つの丸い物体を見つけた。その後、飛行物体は「すぐ消えた」と話しているという。

 空港周辺の住民も「空飛ぶ発光体」を見たとの情報を寄せた。同空港のスポークスマンは空港の観測機器が正体不明の飛行物体をとらえたと発表したが、具体的な位置関係などは公表を控えている。

 このUFO騒ぎにより、空港が約1時間にわたって閉鎖。杭州行きの飛行機は行き先を変更するなど、空のダイヤも乱れた。

 中国では6月30日深夜にも新疆ウイグル自治区ウルムチで、白い光の帯を放つ丸い飛行体を見たとの情報が相次いだ。地元の天文学関係者からは「米国のミサイルだ」との憶測も出ているが、最近はテレビやネットでUFOの話題が飛び交っている。


はたしてそのUFOとはどんな形の物であったか? それを知りたい。

そこで、いろいろ調べたところ、UFOサイトの「ふるやの森」に以下のものがあった。この中に中国で撮られたという問題の写真が載っている。

杭州蕭山国際空港を閉鎖させたUFO?

e0171614_1119988.jpg



これを見ると、フライングビークルはいわゆる「円盤型」ではなく、「バス型」である。両側に窓のような物まで見える。底部の面が光、反重力エンジンに電磁場を使っているだろうことが推測できる。

はたしてこれが「地球製」か、「宇宙人製」か、どちらだろうか? 迷うところである。

一般に、宇宙人製のビークルは、小型機は「円盤形」、大型機は「葉巻型」であることが多いと考えられている。円盤はさまざまなモードがあり、円盤全体が発光するする場合、無色透明の場合、金属光沢の場合の3種類となることが分かっている。

それに対して、地球人イルミナティー製ビークルは、イルミナティーがピラミッドにこだわり過ぎのため、「三角形型」が主流であると考えられている。ビークルの底面には基本的に三角形の頂点部分と重心部分に光るエンジン部分があり、ビークル全体は光らない。しかしながら、一応トランスポーテーションもできるものがあり、その場合には、ビークル全体が光の球に包まれ、直後に一瞬で消えることができる。(「「エイリアン工学」はすでに実用化している!」参照)

今回のものは、それらのこれまでによく知られたものとは形もエンジン部の様子も異なる。私の個人的な印象では、地球製のUFOであるような気がする。おそらく、上のリチャード・ボイラン博士のHPで紹介されている「(5)ノーチラス宇宙航空機(ボーイング&EUエアバス製)」である可能性が高いように思う。これはまだ公開されていないため、形状は未知であった。

しかし、その基地はアメリカユタ州とコロラド州の境にある、「ユタ州ソルトレークの東部のワサッチエリアにあるもっとも高い山キングマウンテンの麓」
e0171614_1655593.jpg

と考えられている。

はたして真実は公開されるだろうか? いったいだれが乗っていたのか? 今後を待つほかないだろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-07-10 12:08 | 未知の宇宙文明

<< 白人ウソつく、インディアンウソ... パラグアイ美人サポーターの”公... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE