「911」にこだわる菅直人政権とマスゴミ:メディアの真実

みなさん、こんにちは。

いやはや、菅直人
e0171614_161286.jpg

民主党政権はいったいどうしてしまったのだろうか? やはりイギリス詣でを長らくしているうちにタビストック研究所流の洗脳を施されてしまったのだろうか? 今回の参院選が7月11日。今度の民主代表選が「911」の9月11日だという。
民主代表選、「9月11日」で最終調整

「911」というのは、2001年の9月11日の無差別同時多発爆破事件を彷彿させる。そればかりか、欧米のNWOイルミナティーのオカルト信仰の中では有名な邪悪な日の1つである。それゆえ、「911」では「何か不吉なことが起こる」というような意味合いを込められた日時なのである。そういうものの代表格の1つである。菅政権のメンバーは「9・11」の犠牲者の気持ちというものがわからないのだろうか? 不思議である。

さて、そこで、これまで自民党政権とつるみ、今回は民主党の菅直人政権とつるんでいるらしき、日本のマスゴミに関して、非常に教育的なものを最近見つけたのでここにメモしておこう。以下のものである。

THINKERの記事:
マスメディアが伝えない”新聞・テレビの歴史と今”
e0171614_154918.jpg

これは非常に良く調べ上げられている良い記事である。

これに関連して似たようなテーマのYouTube番組もメモしておこう。以下のものである。

2010.7.17_06/15 リチャード・コシミズ【官僚という生き物】阿久根講演会


「真実を報道しない地上波」5-1(H19.1.20)


こういったものを見ていくと、リチャード・コシミズ氏が言うまでもなく、マスゴミの真実がどのようなものかよくわかってくるだろう。要するにマスゴミは裏社会と繋がっているわけである。もちろん、ここでいう「裏社会」とは、やくざも暴力団も秘密結社も新興宗教カルトの類いも全部含めて言っていることはいうまでもない。

ところで、最近では、日本のマスゴミさんたちは、大相撲が裏社会と繋がっていると必死で大相撲つぶしを行っているようだが、私の個人的印象では、その本当の目的は、自民党時代の官房機密費のマスコミ汚染の問題から国民の目をお相撲さんの裏社会問題にすり替えたいということだろうと思う。まあ、スケートゴープ、生け贄というやつですナ。お相撲さんたちをマスゴミの生け贄にすることによって、マスゴミは正義の味方を演出しつつ、国民が官房機密費問題を忘れ去るまで時間稼ぎするということだろうと私は見ている。

いずれにせよ、先週の「龍馬伝」で、若い野心家グラバーが同じイギリス人に「もうすぐイギリスに征服されることも知らずに、日本人とは馬鹿な国民だ」と話す場面があったが、今の日本人も似たようなものでしょうナ。

おまけ:
年金制度「改革」は、戦争実行のために行われている
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-07-24 15:45 | マスゴミ

<< 「マネーハンドラー ロックフェ... 最近、地球の「地軸」がずれた?... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE