投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

芸能界の鬼畜orプレデター?:谷口元一氏とは何ものだ?

みなさん、こんにちは。

今回はちょっと気になる話題。まあ、マスゴミさんの話だからどうでもいいのだが、そこにレイプやインサイダー取引や公私混同があるとすればただごとではない。

2年ほど前に女性キャスターの川田亜子さんが自殺した。この事件に関して、以下のYoutube番組が最近登場した。

川田亜子 自殺の真相


まあ、これを見ると、芸能界ではよくある、公私混同の話である。俊腕ディレクターや社長が、「君を売り出してやるから、俺の女にならないか」という、一種の取引である。テレビドラマにもよくあるストーリーである。

我々科学者がこれを大学の中で行えば、「セクハラ行為」で、即解雇の憂き目に遭う。「君の研究を手伝ってやるから、俺の女になれ」とは、例え心の中で妄想したとしても、けっして口に出せないものなのである。そのくらいに厳しいものである。

ところが、マスゴミ、いわゆる芸能界では、これが未だに健在であるらしい。

確かに、プライベートなのか、仕事の話なのか、一般社会の中では判別が難しい。目撃者や証人もなかなか見つけられないということもあるだろう。しかし、相手を自殺に追い込むのは立派な犯罪行為である。それも第一級のものであろう。その原因が変態セックスとあれば、なおさらである。セックスは神がくれた本能である。健康的かつ幸せにやりたいものだ。

さて、この話の中に登場する、T元一とはだれのことか? と調べてみると、以下のものがあった。
「東京アウトローズ 人物ミニデータ 松浦勝人、谷口元一」

【谷口元一】(ケイダッシュ取締役)[芸能界のプレデター、ただし女優・タレント・モデル] 創価大学卒業。本籍はケイダッシュで、現住所はバーニングプロダクション。谷口は、芸能界のドンである虎(周防郁雄と川村龍夫)の威を借りる狐。谷口の仕打ちが、川田亜子アナウンサー(享年29歳)を自殺に追い込むとの疑惑。多くの女優およびタレントが谷口の餌食になっているとの疑惑もある。


疑惑は解明すべきであり、変態野郎は虚勢すべきだろう。第二、第三の被害者が出てからでは遅い。しかしながら、こういう人物たちがイルミナティーごのみの人物なんですナ。困ったものである。

ところが、その人物が、創価大学出身、あるいは、創価学会メンバーだととたんに捜査当局の手が鈍る。その人物が創価学会メンバーだからという理由で、犯罪者を見逃すとすれば、それこそ政教分離の原則に反するだろう。だれにも信教の自由があるということは、その人物が犯罪を犯した場合にも信教の自由の自己責任を伴うということである。つまり、その犯罪はその人物個人が犯したことであり、その人物の信じる宗教組織が犯したとはならないということである。

それゆえ、警察は、相手がどんな宗教組織のメンバーであれ、その人物が犯罪の疑いがあれば、即刻捜査すべきである。見逃してはならない。

ところで、これほど怪しくおぞましく痛々しい事件に対して被害者の両親や親族は何らかの報復をしないのだろうか?

もしこれがユダヤ人であれば、まず翌日には東京湾に沈むだろう。イスラム教徒でも似たようなものかもしれない。それほど悪質行為だということである。テロにすら近い。

こんな下らん事件が頻繁に起こるようであれば、もう日本の芸能界をつぶしてしまえ。その方が国民のためであろうヨ。だれか全く新しい芸能界を作ったらどうだろうか? いずれにせよ、大相撲の世界よりもっと芸能界マスゴミの方がいかれていることだけは間違いないだろう。


おまけ:
川田亜子 自殺
ついに明らかになった谷口元一の素顔
性暴力ホットラインを開設 全国女性シェルターネット

by Kikidoblog | 2010-08-16 14:47 | 人物

<< 「ワクチンには何が入っているの...  ジュリアン・アッサンジ登場:イ... >>