イスラエルは対イランの開戦準備しているのか?:その火の子は極東にも及ぶ?

みなさん、こんにちは。

昨日の「ワクチンには何が入ってるの?」の話題は非常に重要だが、それは今度また書くことにして、今緊急のニュースとしては、「イスラエルとイランの情勢」をメモしておこう。大半は私の妄想のようなものだから、良い子のみなさんは無視してくださいヨ。

一般に、欧米人の世界では、何事かが起こる前には、金融の世界にその前兆現象として必ず大きな動きがある。ちょっと前では、911の時にそのツウィンタワーのオーナーが保険に入ったとか、最近ではBPのオイル漏れの直前にオーナーが株を売っていたとか、もっと昔ではロスチャイルドがナポレオン戦争の時に株の売り買いで大もうけして今の基礎を築いたとか、そんな動きが必ず起こる。

これは、要するに、連中は「インサイダー情報を知っている」からである。あるいは、「インサイダー情報をお互いに交換している」からである。こういう仲の人間を英語では「フレンド(味方)」と呼ぶ。エネミー(敵)とは、こういうインサイダー情報を流してくれない関係の人のことである。


まず、以下の不思議な動きが起こった。
ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する by Hillel Koren
# ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する
Harvard University fund sells all Israel holdings
No reason for the sale was mentioned in the report to the SEC.
15 August 10 17:15, Hillel Koren
In another blow to Israeli shares, the Harvard Management Company notified the US Securities and Exchange Commission (SEC) on Friday that it had sold all its holdings in Israeli companies during the second quarter of 2010. No reason for the sale was mentioned. The Harvard Management Company manages Harvard University's endowment.
Harvard Management Company stated in its 13-F Form that it sold 483,590 shares in Teva Pharmaceutical Industries Ltd. (Nasdaq: TEVA; TASE: TEVA) for $30.5 million; 52,360 shares in NICE Systems Ltd. (Nasdaq: NICE; TASE: NICE) for $1.67 million; 102,940 shares in Check Point Software Technologies Ltd. (Nasdaq: CHKP) for $3.6 million; 32,400 shares in Cellcom Israel Ltd. (NYSE:CEL; TASE:CEL) for $1.1 million, and 80,000 Partner Communications Ltd. (Nasdaq: PTNR; TASE: PTNR) shares for $1.8 million.
Harvard Management Company's 13-F Form shows some interesting investments. Its two largest holdings, each worth $295 million, are in iShares ETFs, one on Chinese equities, and the other on emerging markets. Harvard also owns $181 million in a Brazilian ETF.
Published by Globes [online], Israel business news - www.globes-online.com - on August 15, 2010


これは、親イスラエルの代名詞である、アメリカのハーバード大学が大学基金の保有するイスラエル関連株を全部高額の今の内に売りさばいてしまった、というニュースである。ここで、アメリカの大学のことを知らない人は多いだろうから、ちょっと補足しておこう。

アメリカの大学というのは、いわゆる「ファウンデーション(Foundation)」(基金)と呼ばれる、財団がお金の運営を行い、その利子で大学の運営資金を提供している、というスタイルである。だから、大学基金自体が資本運営するために、国からまったくお金が来なかったとしても、まったく問題なく大学運営できるシステムになっている。

それもそのはず、アメリカの老舗の名門大学は、「アメリカ合衆国」建国の200年前から、つまり400年以上前の英連邦のころから、独自に運営されているものだらからである。それゆえ、アメリカの大学は、アメリカ合衆国があろうがなかろうが、常に独自に生き延びることが可能なのである。ここに、アカデミズムと政治の分離の原則が働くのである。その1つの根源となっている。

ハーバード大学の年間予算(つまり、基金の利子)は、小和田雅子さんが留学した当時、1980年代で、6000億円と言われていたのである(基金の規模は3兆円)。したがって、現在では1兆円規模にはなっているのだろうと思う。

そのハーバード大学(イルミナティーNWOの総本山の大学、創価学会の創価大学に匹敵する)が、その基金運用において、イスラエル株を売りさばいたというのである。

なぜか?

その理由はもちろん明らかにするはずがない。さもなくば、おばかな我々ゴイム諸国の人間もまねをするからである。

この理由の一番のヒントは、おそらく以下のものだろう。


イスラエルで演習盛ん 戦争の準備 過去最大のイスラエル・米合同歩兵演習
War Preparations? Biggest U.S.-Israeli Joint Infantry Exercise Ever
The Israeli military on Saturday carried out maneuvers in a terrain that resembles south Lebanon as part of exercises on the occupied Palestinian territories’ borders with Lebanon and Syria.

The maneuvers were the first of their kind. Israeli TV channels showed parts of the exercises in which occupation soldiers engaged in street battles with “Hezbollah”.

TV footage also showed U.S. marines participating in the drills with their Israeli counterparts.

U.S. military aid to Israel has increased markedly this year. Top-ranking U.S. and Israeli soldiers have shuttled between Tel Aviv and Washington with unusual frequency in recent months. A series of joint military exercises in Israel over the past months has included a record number of American troops.

This month, about 200 U.S. Marines joined a battalion of Israeli soldiers for an all-night march through the Negev desert, the culmination of three weeks of joint drills. As dawn approached, they crept up on a mock village, an Israeli military-built recreation of a typical Palestinian hamlet, used for combat training, Wall Street Journal reported.

Behind a dune on the village's edge, a U.S. Marine company commander conferred with his Israeli counterpart before the two barked orders to soldiers scattered behind them. As dawn gave way to the Negev desert's grinding August heat, the forces battled house-to-house in mock battle, as Israeli and Marine generals watched on from the sidelines, the report said.

The exercise was the biggest U.S.-Israeli joint infantry exercise ever, according to officials. By comparison, at the same exercise last year, there were only around 20 U.S. Marines involved. In the fall, there will be an even bigger joint infantry exercise involving tanks and armored vehicles, WSJ quoted officials as saying.


要するに、きたるべきイラン戦争に備えて、イスラエル軍が米軍といっしょになって準備中ということである。

あとは、いわゆる「フォルス・フラッグ・オペレーション(偽軍事行動)」だけである。つまり、イランやイスラム圏内に仕込んでおいた「忍びの草」や「スパイ」などのエージェントに突発的な軍事行動を起こさせるのである。要するに、油のある場所でマッチをするのである。そうすれば、一旦火がつけば後は燃え盛るばかりとなる。

こうなると、これが誰の目にも「第三次世界大戦」勃発に見えるようになる。そして本格的な軍事行動となる。ここで核爆弾が使われるかどうか知らないが、おそらく核爆弾が使用されるだろう。しかしながら、イスラエルはアメリカと同様にすでに「地下シェルター」や「地下都市」を建設済みと考えられているから、イスラエルのユダヤ人は助かるはずだが、イラン人の大半は消え去るのかもしれない。そうすると、今度報復できないから、一旦戦争は終わる。

とまあ、これはビル・ライアンさんの「アングロサクソン・ミッション」そのもののストーリーというわけですナ。

しかしながら、話が中東だけで終われば我々には直接の問題はないのかもしれないが、実はそうではないのではないか、というのが私の個人的印象である。

すでに米軍は韓国軍と日本海で軍事演習を数ヶ月に渡り行っている最中にある。これは何を意味するのか?、ということである。

イランと北朝鮮は繋がっていると言われている上、両国にはともに「忍びの草」が仕込まれているという。したがって、もしイランとイスラエルで核戦争になれば、極東アジアでは、北朝鮮が本当に軍事行動を起こすかもしれないのである。その場合には、北朝鮮が韓国に核爆弾を打ち込むかどうかということである。

私の個人的印象では、韓国は近すぎるから、むしろすでに韓国や在日の領土と化している日本に打ち込むのではないかという気がする。おそらく、北朝鮮人からすれば、日韓の主導権は米軍の「横田幕府」
e0171614_1231891.jpg

(実際はキャンプ座間
e0171614_12311126.jpg

(思いやり予算(おもいっきり捨てる予算)で10兆円も援助してやっているのだから、一般の日本人にも使わせろヨ!マイケル・グリーンさんヨ。原子力潜水艦を私物化すんなっていうの。日本人にも使わせろ!)

にお城がある、お城の前には広大なゴルフ場がある。ここでゴルフしながら日本の要人を脅すとか)が仕切っているわけだから、日本も韓国もないはずであろう。韓国はなんといっても直接血の繋がった同胞で家族も多い。そうなれば、やはり日本が狙い目となるだろう。

というわけで、この問題は、我々日本人も遠い国のお話と思って暢気にやっていると、2度目の広島長崎になりかねないのである。きっと今度は、東京大阪だろう。あるいは、米軍のある沖縄岩國横田などかも知れない。

「日本人はパニックになりやすい民族だからいつもパニックにしておけ」という米軍のご指摘どおり、一旦攻撃されたら、マスゴミがパニックを煽り、きっと一気に徴兵制復活、そして軍事行動に出て、まんまとイルミナティーNWOのアジェンダどおりに進んでしまうのでしょうナ。

ところで、みんなの党のマニフェスト「アジェンダ」どころか、ついに「アジェンダ」という名前の報道番組まで出て来たから、日本のマスゴミさんはどうかしてるネー。

おまけ:
ハーバード大が単独首位 米大学ランク
【ワシントン共同】米誌USニューズ・アンド・ワールド・リポート(電子版)は17日、2011年版の全米大学ランキングを掲載、東部マサチューセッツ州の名門ハーバード大が単独で首位となった。2位は昨年ハーバード大と首位の座を分けたプリンストン大(ニュージャージー州)、3位はエール大(コネティカット州)。
 同誌は学生の卒業・在籍率、教授陣の質、財政状況などの項目から各大学の総合点を算出、比較した。
 4位はコロンビア大、5位はスタンフォード大とペンシルベニア大、7位はカリフォルニア工科大とマサチューセッツ工科大、9位はダートマス大とデューク大とシカゴ大だった。


イルミナティーNWOと結託したハーバードの一人勝ちですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-08-18 12:32 | コンスピラシー

<< HAARPに地震波か? 「ワクチンには何が入っているの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE