民主党代表選共同記者会見:政治屋菅直人vs政治家小沢一郎の観あり!

みなさん、こんにちは。

いやはや、民主党代表選の共同記者会見
菅首相と小沢氏が共同記者会見…民主代表選
のNHK報道をリアルタイムで最初から最後まで見たが、これは実に面白かった。

まず小沢一郎氏は、日本という国、いまや沈没の危機に瀕する日本国、それをどのように立て直して行くか、そういう「原則論」の部分から、今や自分が出馬しないことには日本を救う道がなくなったという、明らかに自分の政治生命(きっと命も)をかけて発言していた。

これに対し、菅直人氏は、棚からぼたもち式に総理大臣職を手に入れた現職の強みを生かして、首相がコロコロ変わるのは良くないとか、毎日毎日総理大臣としての仕事に忙しい、今日もどこそこに行ったというようなかなり小手先の話題で応戦した。

この部分のやり取りが全部何の脚色や嫌がらせもなくテレビに報道されたり、新聞に掲載されるとは思えないが、私の個人的印象では、「政治家」小沢一郎vs「政治屋」菅直人の観があった。横綱小沢一郎に対し、小結の菅直人という様相すら感じた。この論戦の部分では、明らかに小沢氏の一本勝ちであった。

ところが、実に興味深かったのは、質疑応答の時間であった。質問には小沢一郎、菅直人、次は菅直人、小沢一郎としりとり式に順番を変えて返答した。

新聞メディア各社の質問の時間になると、あらかじめ予定されていた主要3社、たしか時事通信社、朝日と毎日だったか、この質問の段階で、「まるで最初から予定されていたかのような」小沢一郎氏のイメージダウンを計るような質問が行われたのである。

それに対して、小沢一郎氏は非常に冷静に、かつ言葉を慎重に選びながら応答した。大筋では、その前の演説時と同様に「政治理念」のレベル、民主党の「公約」のレベルなど、理念を中心に返答した。

一方、菅直人氏は、用意されていた新聞各社の質問にこれまた「執拗」かつ「ねちねちと」小沢一郎のかつての悪事を彷彿させるかのような印象づける話に終始し、まったく政治理念や自分の思想に関する説明はなかったのである。

その後もいくつか質問を朝日新聞者などが行ったが、これまた最初から用意されていたようである。官房機密費による、いわゆる「記者クラブ」の新聞記者と政治家の密約のようなものを感じさせるものであった。

いやはや、マスゴミ界では「豪腕の小沢一郎」などと闇将軍的な悪いイメージを付けているが、この会を見る限りでは、かつて田中角栄氏が「この若者は器が違う」といったというエピソードがあながちウソではなかったのではないか、と感じさせるものであった。

その一方で、薬害エイズ問題の頃の菅直人さんはいったいどこへ行ってしまったのか、あのさわやかで人間的な菅直人は何だったのか? そう考え直させられる菅直人氏の答弁であった。

この共同記者会見は、仮にも次の総理大臣を選ぶためのものである。かつての野党時代に与党の政治家にいちいち文句をつけてどうこうするという次元とは全く異なるものである。それゆえ、自らの政治理念、これからの日本の姿、未来像を語らなくてどうする。仮にも相手がそういう思想で対抗して来たのであれば、自らの思想で対抗するのが侍であろう。

私の中では菅直人さんの政治生命は終わった。もう二度と応援することはないだろうナ。ほんとお粗末な人物だった。


おまけ:
イルミナティーマークを会社のロゴに使っているフジテレビ
e0171614_22302487.jpg

と産経
e0171614_22302684.gif

は、やはり論評に品位がないようですナ。

【民主党代表選】内ゲバ?「政治とカネ」「普天間」めぐり火花 
民主党代表選で菅直人首相と小沢一郎前幹事長が顔をそろえた1日の共同記者会見。「政治とカネ」や普天間問題をめぐり、火花を散らした。
 会見は都内のホテルで午後4時に始まった。小沢氏が笑顔で登場すると、先に着席していた菅氏が握手で迎え、なごやかなムードに覆われた。
 しかし、冒頭のあいさつで菅氏が小沢氏の恩師、田中角栄元首相のロッキード事件を引き合いに「古い政治家からは脱却しなければならない」と述べると、不穏な雰囲気に転じた。
 小沢氏がマニフェストの堅持を打ち出すと、菅氏は「マニフェストを作った当時、代表だった小沢氏。『政権を取ればカネなんて出てくるんだから』とおっしゃられた」と財源不足に陥った経緯を暴露した。
 普天間の問題でも、小沢氏が「沖縄も米政府も納得してくれる解決策が知恵を絞れば必ず出る」と息巻くと、菅氏は「小沢さんが幹事長時代に合意されたこと。責任を持って臨んでほしい」と当てこすった。
 報道陣からの質問が小沢氏の「政治とカネ」の問題に及ぶと、司会を務める民主党の小平忠正中央選管委員長が「2人とも簡潔に」と過熱議論を避けるよう両氏に“忠告”する一幕も。
 まず菅氏が、野党から追及された小沢氏を「幹事長辞任が一定のけじめ」と擁護してきた経緯を挙げ、「それを超えて代表、総理になりたいということであれば、しっかりした説明が必要だろう」と突き放した。これに対し、小沢氏は「私は公開の義務のない事務所費についても領収書も含め、すべて公表した」と主張。菅内閣の閣僚にも政治とカネの問題が噴出していることを念頭に、「すべて公開したのは自分だけ。透明な政治資金を主張するのであれば、全員が公開すべきではないか」と応酬した。

いやはや、1時間以上の記者会見の長い話の内容からごく一部だけを取り出して、ここまでウソ八百を脚色した記事を公表できるとは、もはや公共新聞の資格なし。 もう営業停止処分だろう。「あるある大辞典」のねつ造問題などかわいく見えてくる。

「報道陣からの質問が小沢氏の「政治とカネ」の問題に及ぶと、司会を務める民主党の小平忠正中央選管委員長が「2人とも簡潔に」と過熱議論を避けるよう両氏に“忠告”する一幕も。」とウソを書いているが、実際に見た限りでは、新聞社の質問が長く、時間がなくなったために簡潔にしてと言ったまでのことだったヨ。また、「不穏な雰囲気」など一度もならなかったし、小沢一郎氏の雄弁に困った表情で目が・になっていたのが菅直人氏方だった。そこで菅直人氏が焦ってウソを言ってしまったところへ、小沢氏が手をあげて菅氏の話に修正を加えたのが唯一の「緊張の一瞬」だっただけである。会見全般はいたって平穏無事の実に静かな会見だったのだ。

フジテレビはイルミナティーNWOの「3S(=Screen, Sex, Sports)」路線を突っ走る。産経新聞は政治もなにも国民をなめきってなんでもかんでもゴシップネタにしてしまう。国民を犯罪者に仕立て上げては高額の給料をもらうという実にけしからん会社のようですナ。ホリエモンを復活させて、フジテレビは買収してもらった方が国民のためなのかもしれないですナ。ホリエモン、もう一度フジテレビと産経の大株主になって買い取ってしまったらどうですかナ。

おまけ2:
イスラエル空軍の戦闘機のマーク。フジテレビ/産経と同じイルミナティーロゴがある。
e0171614_1642277.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-09-01 19:47 | 反日・在日の陰謀

<< ワクチンの公費助成?:「馬鹿は... ケムトレイルは横田幕府から:我... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE