沖縄・久高島沖に巨大な渦:沖縄でシーゲートが開いた?

みなさん、こんにちは。

ここでもアデン湾の秘密に関してたくさん書いてきた。例えば以下のもの(「アデン湾」でブログ内検索すればたくさんみつかるだろう)。
「キメラ生物」から米軍の「スーパーソルジャー (超軍人)計画」へ

それによれば、アデン湾の海底には、米軍の「ブラックプロジェクト(闇の計画)」で作られた海底基地があり、そこには「シーゲート」と呼ばれる一種の「スターゲート」のような装置があると言われる。その海底基地やアメリカの内部にある地底基地と同様に、グレイエイリアンが米軍のなりをしたジェーソンスカラー(イルミナティー専属の科学者たち)と技術提携して今現在も共同研究していると言われている。

その海底のスターゲート、すなわち、シーゲートが開いた結果、米軍のロボット兵士や米軍兵士がまるでアバターのようにして、他の惑星に転送される。そして、海底基地に眠る米人超能力者が、送られた兵士の精神の中に憑依する。こういうプロジェクトが密かに進行したと言われている。1980年代後半のことらしい(スターゲートは1970年代以前)。アバターは、こういう米軍のブラックプロジェクトの1つにヒントを得たものである。さもなくば、普通の作家があれほどこと細かく装置部分を想像できるはずがないからである。

ところが、米軍の悪さを受けた方の宇宙人側が今度は同じような報復を行うことになったという。今度は連中のスターゲートが地球上に開く。このスターゲートが開きつつある場所が、アデン湾海域のどこかといわれ、そこに世界中の海軍の軍艦が集結しているというのである。もちろん、他惑星の宇宙人戦隊を迎え撃つためである。もちろんUFO、空飛ぶ円盤を迎え撃つのである。

そのスターゲートが開く時、その場所の上に何キロにも及ぶ「巨大渦」が存在すると言われているのである。私はそれを探しているがなかなか見つからない。

そう思っているうちに、そやつは日本の近海、沖縄の近海にやってきた? そう思わせるような「謎の大渦巻き」が日本に初登場したようである。
e0171614_12282190.jpg

沖縄・久高島沖に巨大な渦 台風の強風か

日本の科学者は、台風の影響による海流の変化が、海底の堆積物を吹き上げてこんな巨大な渦ができたという説明を加えている。しかし、それならこれまでにも同じことが何度か起こっていたはずである。鳴門の渦でもせいぜい10mから数十mのオーダーである。数キロにも及ぶ巨大な渦巻きを生み出すにはそれ相当の理由やエネルギーが必要である。

はたしてこれは何か?

だれかこの渦の中を潜らないか? ぜひビデオで撮影して来て欲しいものである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-09-03 12:34 | マッカラム・シーゲート

<< インセプション:「自殺」を洗脳... ワクチンの公費助成?:「馬鹿は... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE