シーシェパード日本本土上陸:裁判の報復か?

みなさん、こんにちは。

いやはや、なんとも言えないニュースがあった。
「イルカ漁を妨害せよ」SS、太地町に活動家
 【シンガポール=岡崎哲】米国の反捕鯨団体シー・シェパードは3日、和歌山県太地町で2日に始まったイルカの追い込み漁を妨害するため、豪州、ニュージーランド、米国、日本の活動家計6人を現地に送り込んだことを明らかにした。
 同団体の豪州人活動家マイケル・ダルトン氏(44)が本紙に語った。シー・シェパードは今後さらに20~30人を派遣し、他の動物保護団体も合流する見通しだという。
 ダルトン氏は、実力行使をするかについて、「漁師たちの(追い込み漁の)やり方次第だ」と語った。太地町では、2003年に、シー・シェパードの活動家2人がイルカ漁妨害のために網を切断して和歌山県警に逮捕されている。
(2010年9月3日20時14分 読売新聞)

まさしく新手のテロ行為だろう。どうして日本政府はこんな連中にビザを発行するのだろうか? 日本人に犠牲者が出ないことを祈るのみ。連中が爆弾持って突っ込んだらどうするのかネ? またこういう組織に入ってしまった日本人はどういう人なのか調べるべきでしょうナ。

参考:
「白人至上主義団体」シーシェパード、ついに日本の調査捕鯨船を爆撃!?
もはやノーベル賞も死んだ。アカデミー賞も死んだ。ハリウッドも死んだ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-09-03 22:03 | コンスピラシー

<< プロジェクト・キャメロット「ミ... インセプション:「自殺」を洗脳... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE