徳島の恥?:「秘密警察的」仙谷由人と「断種ワクチン推進派」仁木博文

みなさん、こんにちは。

もうすぐ民主党代表選があるが、この際、皆さんに謝っておこうとおもう。それは、ここ徳島から出た国会議員が日本国民に悪さしていることに対してである。有権者の1人としてかつてこういう人々に投票してしまったことに対する「お詫び」である。(まあ、もっとも私が謝ったところで何になるというものでもないのだが。)

その2人とは、一人は今や「ワクチン推進派」の急先鋒となった観のある、仁木博文議員
e0171614_10521347.jpg

である。

この人は、ここ阿南市から当選した。しかし、はっきりいって我々阿南市民はこの人に騙された。この人物は、一度も「ワクチン推進派」のエージェントであるという事実を言わず伏せていた。当選後にいきなりいつの間にか「ワクチン推進派」の代表格になっていったのである。もう二度とこの人には私は投票しない。

この人は、今や南出弁護士のような人々から、「名指し」で非難されるようになってしまった。



もう一人は、今や押しも押されぬ菅直人民主党政権の重鎮となった観のある、仙谷由人議員
e0171614_10534696.jpg

である。

はっきりいってこの人物は顔つきが変わった。この人の左翼系運動員だったという昔の経歴はともかくとしても、民主党で偉くなるに従い、昔のさわやかなおじさんという顔つきから、その昔の自民党議員のようなジャークな顔つきに変わったのである。ここにすべてがあると思う。この人がさわやかな顔つきの時、われわれ徳島県民は自民党の悪政を退治してくれる有力な候補としてみんななけなしの金をはたいて手弁当で選挙協力したのである。そういう恩を忘れるような政治家に国を任すことはできないだろうヨ。

ところで、今日偶然以下のサイトを見つけた。文芸評論家、山崎行太郎という人のブログである。そこにこんなものがあった。
「悪徳弁護士・仙谷由人」こそ自民党的な秘密警察的政治を踏襲し、日本の政治を暗黒時代に導こうとしている元凶ではないのか。
仙谷由人が、引退した元自民党官房長官・野中広務に接触し、何か相談しているらしいという情報が、つい最近、流れてきたが、その情報を裏書するかのように、民主党代表選挙の投票日が近づくにつれて、かなり怪しい事件(「鈴木宗男事件」)が引き起こされたり、スキャンダル情報(「青木愛不倫報道」)等が流され始めたように見えるが、これらの事件やスキャンダルの発信源が、悪徳弁護士出身の仙谷由人現官房長官周辺であることは、ほぼ間違いないと思われる。したがつて、今こそ悪徳弁護士・仙谷由人の正体を暴き出しておくべきだろう。菅直人内閣を裏でコントールしているのは仙谷由人だと言われているが、仙谷由人こそ、野中広務に接触し、指南を受けたことからも明らかなように、自民党的な秘密警察的政治を踏襲し、日本の政治を暗黒政治に導こうとしている元凶ではないのか、という疑いが濃厚になってきたと言っていい。仙谷由人は、小沢一郎に関しても、たとえ首相になっても、検察審査会において、いわゆる「起訴相当」の決定がなされるならば、強制起訴、有罪の可能性が高いとか、自民党と組んで「内閣不信任決議」を可決し、首相の座から引き摺りおろすとか、かなりいい加減なことを発言しているらしい。早速、郷原信郎弁護士(名城大学教授)が、検察が強制捜査や家宅捜査のあげく、具体的な証拠や証言が見つからず、すでに「不起訴」にした事案を、司法の素人たちで成り立つ検察審査会が「起訴相当」と議決したところで、それは検察が「起訴」した場合と同じではないと批判しているが、まったくそのとおりであろう。仙谷由人が、このように先走った発言を繰り返すのは、明らかに政治的意図がある。ところで、仙谷由人自身が「政治とカネ」に汚い、かなり怪しい人物であるらしい。たとえば、仙谷由人の「事務所疑惑スキャンダル」はどうなったのか? いずれにしろ、元左翼過激派の残党であり、悪徳弁護士出身の陰湿な陰謀政治家・仙谷由人の暗躍を許してはならない。(続く)


もうひとつ。
村木冤罪事件判決と鈴木宗男最高裁棄却事件は連動している。ここにも悪徳弁護士出身の陰謀政治家・仙谷由人の政治的策謀があることは明確である。
おそらく、ここにも悪徳弁護士出身の陰謀政治家・仙谷由人の政治的策謀があることは明確である。しかし、「策士、策に溺れる」の言葉どおりに、その余りにも露骨な政治的陰謀の故に、三流の策士家・仙谷由人の手の内は、すでに多くの日本国民に見透かされている。つまり、一昨日、明らかになった鈴木宗男最高裁棄却事件は、本日、下されるという大阪地検による冤罪事件、いわゆる村木事件の無罪判決の検察に対する余波を出来るだけ小さく抑制し、出来るならば、大阪地検によるデッチアゲの実態を隠蔽するための煙幕として仕掛けられているという構図が、誰の目にも鮮やかに見えてしまっているということである。そもそも、鈴木宗男事件を、民主党代表選の渦中にぶっつけてくるということが、菅直人・仙谷由人陣営の政治的陰謀でなくてなんであろうか。こういうミエミエの政治的陰謀は、自民党時代からの悪習というよりは、小泉政権時代から始まったと言っていいが、菅直人・仙谷由人等は、なんと、小泉時代の政治的謀略を、権力維持の成功例として模倣し、反復しているつもりらしい。「居眠り菅直人」(笑)が、民主党代表選になるや、突然、目を覚まし、小泉純一郎ばりのハッタリ演説とパフォーマンスを始めたのも、その一つであろう。笑止というしかないが、いずれにしろ、本日の村井事件の裁判に注目したいと思う今日、このごろであった。悪徳弁護士出身の陰謀政治家・仙谷由人の政治的策謀を許すな。日本国家を「暗黒裁判国家」に突き落とそうとしている策謀家・仙谷由人を、即刻、政界から、追放せよ。


いやはや、なんとも。われわれ田舎の有権者にできることといえば、次回の選挙で投票しないということしかできないのだが。

というようなわけで、どうも皆さん申し訳ありませんでした。とはいっても私は徳島出身ではない。山梨甲府市出身の生粋の甲州っぽであるのだがナ。


おまけ:
私が個人的に信じている言葉。というか教訓ですナ。

「口の悪い人に悪い人はいない」
「第一印象のいい人にいい人はいない」
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-09-12 10:55 | 人物

<< ウィリアム・クーパーとその死の... アメリカ西海岸の”謎の飛行機墜... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE