ポール・ヘルヤーの講演:「嘘と騙しと闇への戦いを始めよう! 真実と透明性と光の勝利のために!」

みなさん、こんにちは。

今回も「UFO暴露」に関するものである。先日紹介した以下のものの内容をここにメモしておこう。これは、カナダ人の政治家、元カナダ防衛大臣であったポール・ヘルヤー氏の講演である。かなり米語であるために結構聞き取りにくい箇所が多いが、講演内容自体は非常にすばらしいものである。

UFO DISCLOSURE 2010 MUST SEE!!!



かつてのJFKの
President John F Kennedy Secret Society Speech version 2


に匹敵する内容がある。ケネディー大統領はこの講演の直後に暗殺されてしまったが、我々はこのヘルヤーさんの言葉に真摯に耳を傾けなくてはいけないだろう。語られた内容は、故ウィリアム・クーパーの講演とも100%一致している。

たぶん私の聞き取りの悪さのために間違っている部分も多いだろうが、だいたい以下のものであった。
Thank you very much Steven Sherril for much much too generous introduction.
If my late mother were here, being my mother she was leave every work it.
If my late father were here, being a realist he probably wondered what is talking about.

But introductions about thoughts me remind me of small boy who fell head first into the viral molasses.
When they pull them out, he licks some of the molasses from his face.
He said "lower my tong out of this occasion".
Actually this is not my naked humor, and not much of some or neither of Steven George.

So, I'm not going to be, not trying to be funny.
Except my first line in this listen that after this wonderful bankrupt,
I thank I have exceeded feed limit.
Bad humor you'd better believe it.
I wish I were in a mood.
Forget humor. But I'm not.

We are helping the direction of destroying our planet.
In frankly, be prepared to doing very little about it.
Decades ago, visitors from other planets warned this
about where we are headed and ought to help.
But instead we at least some of us interpreted their visit as threat,
and decided shoot first questions after.
The inevitable result was some of our planes lost,
but how many were due to retaliation?,
and how many were as a result of our own stupidity is a move point?

Robert Smith, one of the first Canadians who take active interest in the subject of UFOs,
asked visitors about accidental destructions of
our aircrafts by flying disassemble by flying saucers.

Response of this is Hoover's words:
"We were informed that although few of aircrafts come to unfortunate end
of what they considered call us so stupidity of pilots,
We are now taking in correct measure to avoid aircrafts.
I asked them this is Still Smith. I asked them what happened.
They said,
Well, the fields around the saucers are in order to hold them up,
in order to produce the gravity differential,
the time field differential which were necessary to operate the ship.
These sometimes produce field combinations which reduce to
the strength of the materials to the point where they are no longer
strong enough to carry the lowered materials expected to carry.

Now as we know, their crafts particularly the military type
were build with rather small factor of safety.
And then these reasons reduce binding materials no longer strong enough
to carry the load and the crafts simply comes a part. "

When I read that, I was remind of those the late great supplier Alemy Pones
who used to smash crystal drop doublets with high sea.
She was directed to sound out them and something in sound waves
would change structure of the glass and would fly a part.

Wouldn't satisfied us by a military achieves must fret.
But that was more important was to secure nuclear superiority,
even though using the result of annihilation of us all.
And they take the hint.

To start moving the planet back from the big global disaster,
they the military must have been and still are so paranoid.
They feel necessary to use the visitor's technology to fight them off,
rather than welcome of mispartners of development,
though they may have the secondered view to relegate
to assist them what can be best of review of diabolical developments.

Steven has said, talking about UFOs in past age,
and we should be talking or limiting our talk to exopolitics.
Steven agreed with Witchman's theory.
But in reality we have a problem.
The official US policy insist UFOs don't exist.
The veil of secrecy must be lifted, has to be lifted now,
before too late.

This is ironic.
The US would begin the devastating war
allegedly in search of weapons of mass destruction
when the most recent developments in this field are recurring in own backyard.

It is ironic.
The US should be fighting monsterously expensive wars in Iraq and Afghanistan,
allegedly to bring democracy to those two countries.
And itself no longer legitimately claim to be called democracy
when trillions I mean thousands of billions of dollars have been spent on projects
about which both the congress and the commander in chief
have been kept delivering in the dark.

How much has been accomplished in sixty years of feverish activities
by some of most educated minds in the United States?
Has America developed flying saucers that are visually indistinguishable from visitor's?
Has alleged, if so, what do they propose to do with them.
Even more critical, what progresses have been made in clean energy sources?
It could conceivably replace fossil fuels and save the planet from becoming waste lands.

Who has the answers?
Someone does.
But apparently I was telling either secretary of defense or presidents
because they don't have pro they need to know.

In the story told by Steven Greer, President Clinton was asked a question
by White House reporter Sarah MacLendon,
about why he doesn't do something about disclosure?
Clinton replied,
"Sarah, there's the government inside the government. I don't control it."

Excuse me.
Dozens of commanders in chief and the persons who eligibly
finger on the nuclear trigger have a right to know what is supposed to doing?
The people of the United States we've payed the bills have the right to know.
The people of the world demands know because our descendants too
who thrives in mortal danger.

It is the time for the people of the united states to launch new war
against the evil of lies, deceits and darkness,
goal out to win the victory of the truth and transparency and light.
Thank you.
とても寛大なご紹介に対しましてスティーブン・シェリルさんにとても感謝いたします。もし亡き母がここにいたらきっと母であるための仕事に出かけたことでしょう。もし亡き父がここにいたらきっと現実主義者として何の話だろうといぶかしがったことでしょう。しかし私について考えてくれた紹介が私に毒の糖蜜に頭を突っ込んだ小さな少年のことを思い起こさせます。頭を引っこ抜くと、彼は顔からしたたる糖蜜をすこしなめ、彼は「この状況から出るために私の舌を下げよう」と言った。実際にこれは私の生のユーモアではありませんし、他の人のものでも、スティーヴ・ジョージのものでもありません。

そんなふうに、私は面白く行こうとはしませんし、面白くしようともおもいません。このすばらしい倒産の後のこの話の最初の線を除いて、私は私が食事制限を超えてしまったことに感謝します。悪い冗談ですが信じてください。私はそんなムードにありたいです。ユーモアは忘れなさい。でも私はそうではありません。

私たちは私たちの惑星を破壊する方向を助けています。率直に言えば、そういうことについて何もしないことを準備しています。何十年も前、他の星からの訪問者たちが私たちが行こうとする方向についてのことを警告し、手助けしようといいました。しかし代わりに私たち、少なくとも私たちの一部の人たちは彼らの訪問を脅威とみなし、攻撃第一質問は後だ、と決定しました。その避けられない結果は私たちの飛行機のいくつかを失ったことでした、しかし報復によるものはいくらあったのでしょうか? 私たち自身の馬鹿さの結果としてのものはいくらあったのでしょうか?

ロバート・スミス、UFOの分野に非常に関心を持った最初のカナダ人の1人が、訪問者たちに空飛ぶ円盤による空中分解による飛行機の偶発的破壊について聞きました。

この答えがフーバーの言葉にあります:
「私たちは、飛行機のわずかなものが彼らが私たちをパイロットのあまりの馬鹿さと呼んだ不幸な終末に陥ったけれども、私たちはいま飛行機をうまく避けるように補正していると知らされた。私は彼らにこちらがスティル・スミスと尋ね、何が起こったのかと聞きました。
彼らは言いました:
そうですね、円盤の周りの場はそれらを取り巻き、重力差や時間場の差を生じるためのもので、それらは船体が機能するために必要なものです。これらはときどき場の組み合わせを生じます。これは物質がもはや十分な強さを持たない点まで、持つと期待される下部物質を強度を下げる方向に物質強度を失わせます。

いま私が知るように、彼らの乗り物は特に軍事タイプのものはかなり低い安全性の因子の下に建造されています。そしてその理由が結合物質をもはや負荷に耐えるに十分な強度を持たないところまで下げ、乗り物は簡単に分解してしまうのです。」

私がそれを読んだ時、私は亡き偉大なアレミー・ポーンズのことを思いだしました。彼女は海で結晶のダブレットを打ち砕いたものでした。彼女はそれらの音を消し、音波の何かがガラスの構造を変化させ、ばらばらにしました。

軍の達成によって私たちは満足もしませんが、驚かされます。でも、より重要なことは核の優位性を保証することでした。私たちすべてを消し去る結果を使うことですらありますが。そして彼らはこれをヒントにしました。

大きな地球的災害からこの惑星を元にもどす方向に動き出すためには彼ら軍隊は精神分裂的でずっとありましたが、いまだにそうであります。彼らは、訪問者のテクノロジーを彼らと戦うために使用する必要を感じます、むしろ、進歩の招かれざる客を歓迎するということよりは。彼らは、不愉快な発達の最高の解説をするお手伝いをするということをいやがり、第二の観点を押しやるように受け取りましたけれども。

スティーヴンは言いました。昔の時代のUFOについて言うと、私たちは話すべきであるのか、政治の外に話すべきではないのか。スティーブンはウィットマンの理論に賛成しましたが、現実においては私たちは問題を持っています。公式のアメリカの政策ではUFOは存在しないと強く主張しています。でも秘密のベールははがされなければならなし、手遅れにならないうちに、いますぐはがされなくてはなりません。

これは皮肉です。アメリカ合衆国は、大量殺人兵器をさがそうとやっきになって破滅的な戦争を開始しようとしています。この分野のもっとも最近の発達は私たち自身の裏庭で再発している時にです。

それは皮肉です。アメリカ合衆国は、イラクとアフガニスタンに民主主義を持ち込もうとやっきになって、それらの2カ国の怪物的に高価な戦争を戦って行くべきだとしています。そして、それ自体もはや民主主義と正当化して呼ぶことはできません。その計画にトリリオンのドル、つまり何千ビリオンダラーが費やされている時だからであります。その計画というものは議会と責任ある指揮官の両方が闇にお金を流すためにやっているようなものだからです。

アメリカ合衆国のもっとも教育を受けた心を持つ人々の何人かによる情熱的活動の60年においていったいどれほどのことが達成されたでしょうか? アメリカは、訪問者のものと見かけ上区別できないほどの空飛ぶ円盤を発達させたでしょうか? 断言しますが、もしそうなら、彼らは何を彼らにするように提案しましたか? もっと批判的に言えば、クリーンエネルギー源においてどんな進歩があったでしょうか? 化石燃料を置き換え、この惑星を廃棄物の土地になることから救うことのできるものです。

だれか答えを持っていますか? だれかは持っているでしょう。でも見かけ上、私は国防長官や大統領たちに言って来ました。なぜなら彼らは彼らが知る必要のあるプロを持っていないからです。

スティーブン・グリアによる話では、ホワイトハウスレポーターのサラ・マクレンドンがクリントン大統領にどうして大統領は暴露について何もしないのかと聞いたそうです。クリントンはこう答えました。「サラ、政府の中に政府があるんだよ。僕にはそれをコントロールできないんだ。

失礼。何十人もの責任ある指揮官や核ボタンの上に指を乗せる権利のある人々は何をすべきことか知る権利があります。税金を支払ったアメリカ国民には知る権利があります。致命的な危機にされされた子孫をのために、世界の人々は知る必要があります。

アメリカ合衆国の人々は嘘や騙しや闇の害悪に抗して新しい戦争を始める時がきました。真実と透明性と光明の勝利を得るためのゴールに向う時が来ました。ありがとう。(誤訳満載かもしれないが、あしからず。)


おまけ:
CNN Cooper Anderson covers UFO disclosure


Vatican and ET Disclosure

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-10-03 15:38 | コンスピラシー

<< 尖閣諸島問題、やはり米国の計略... 「この宇宙は我々だけではない」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE