ついに「惑星ニビル」がやってきた?:今はぎょしゃ座の近くに存在か?

みなさん、こんにちは。

シッチン博士はもはやこの世にはいなくなったが、シッチン博士の残した「惑星ニビル」の謎は永久に不滅である。

2年ほど前、私は昔のブログに以下のものを書いていた。
e0171614_23124541.jpg



このように、「惑星ニビル」は3600年の公転周期を持ち、近々地球に近づくと考えられて来た。果たしてこの謎の惑星はいまどこにいるのだろうか? そこで、最近「惑星ニビル」はどこにいると考えられているのか?、と調べてみると、実に興味深いものを見つけたので、ここにもメモしておこう。以下のものである。

Could this really be Planet X? March 18th, 2010 update


Planet X? It's Moving!! Update 040910 @ 1:15 am EST



これらは、アマチュア研究者が、自分の赤外線カメラを望遠鏡に取り付けて、「惑星ニビル」を発見したというものである。

そこで、この人が見つけた位置に何かあるのか、グーグルスカイとグーグルアースの両方で見てみる事にした。すると、どちらにもその問題の位置は、ぎょしゃ座の近くにあり、四角のマスクがかかっていたのである。

グーグルアースの星空
e0171614_2328693.jpg

e0171614_23281281.jpg

e0171614_23282491.jpg

この2つの位置を延長して行くと、たしかにオリオン座のベルトの方向へ行く。
e0171614_23283281.jpg

問題の場所の右にも同じような長方形のマスクがある。
e0171614_232838100.jpg


グーグルスカイ
e0171614_23272059.jpg

e0171614_23272586.jpg



「惑星ニビル」は褐色矮星(ブラウンドォーフ)と考えられているから、いまのところ赤外線でしか観ることが出来ないという。しかし、そろそろ(2010年の10月過ぎに)肉眼でも見えるほど大きくなるだろうという予測が以前あった。

というわけで、そろそろ我々も自分の目で確かめることができるだろう。真偽のほどは、自分で確かめる他はない。



おまけ:
Planet X Nibiru Nasa 2012 Doomsday Info Leaked


NASA & Nibiru & 2012

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-10-27 23:40 | シッチン&ニビル

<< 「ライアン航空のおそるべき実態... やった!ついにグーグルアースで... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE