「世界経済の破壊」は始めから意図されたもの!?

みなさん、こんにちは。

昨今の日本の情勢や世界の情勢を見ていると、いろんなことが錯綜し、ここでメモしておきたい事ばかりでETの手も借りたいほどである。いよいよ世界はしかるべき段階に突き進んで来たナ、と感じる。例えば、以下のもの。

ヨーロッパ通貨危機:盲目的に1931年の事態に向かっている
◆11月18日
 アメリカだけでなく、ヨーロッパもまた通貨危機の中にある。2008年のリーマンショック以来、問題は解決はされていない、ということだろう。アメリカの問題と同じように金融問題から、ヨーロッパの統合そのものが崩壊しそうになっている。

# 米国政府は「本当の負債総額を隠蔽している」
米国の国家債務の本当の数字は、連邦議会予算事務局(Congressional Budget Office)が公式に発表している金額の13.4兆ドル(14.3兆ドル)よりも遙かに巨額であると、ニューヨークポストの記事でアナリストが主張している。

「負債総額に関して政府は嘘をついている。それはエンロンの不正会計(Enron accounting)に連動しているのだ」とボストン大学の経済学者で、破産する未来(The Coming Generational Storm: What You Need to Know about America's Economic Future.)の共同執筆者でもあるローレンス・コトリコフ(Laurence Kotlikoff)博士は話す。

果たして、そのブログの人が言っているようなものだろうか?

私は2年前昔のブログに以下のようなものを書いていた。
e0171614_1803320.jpg

e0171614_1804155.jpg

e0171614_1804832.jpg

e0171614_1805458.jpg

e0171614_18109.jpg


e0171614_1811342.jpg

e0171614_1814946.jpg

e0171614_1815738.jpg

e0171614_182375.jpg


そこにあるように、「世界経済の破壊」は始めから意図されているものである。


おまけ:
噂のマイクロファイナンスが破綻!?

ついにグラミン銀行もご臨終か?
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-11-18 18:20 | コンスピラシー

<< アデン湾で何が?:海底10km... 『創価学会ー21世紀のカルト』... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE