NASAに「喝!」:しょうもない会見をするな!

みなさん、こんにちは。

いやはや、今朝も熟睡してその時間をちょっと寝過ごしてしまった。しかし、早く起きるまでもなかったようである。昨日までの「NASAの宇宙生命体公表会見」の大げさな思わせぶりからすれば、まあ予想通りの展開であった。この一件からしても、NASAは昨今の日本のマスゴミやハリウッドと同じような「隠蔽工作機関」であるということが明白になっただろう。

結局、NASAの発表とは以下のような陳腐なものであった。
NASA、ヒ素で成長の細菌発見 異なる生命要素か

【ワシントン共同】通常の生物にとっては有毒なヒ素を生命活動の根幹となるDNAに取り込んで成長できる細菌を発見したと、米航空宇宙局(NASA)などの研究グループが2日、米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。
 地球上の生物は主に炭素、酸素、水素、窒素、リン、硫黄の6元素でつくられており、これらは生命活動に不可欠と考えられている。だが、この細菌はリンをヒ素に換えても生きることができるという。
 現在知られているものとは異なる基本要素で生命が存在する可能性を示すもので、生命の誕生、進化の謎に迫る発見といえそうだ。
 専門家らは生命を構成するのが6元素であることを前提に地球外の生命探しを進めているが、研究グループは「どのような物質を追跡の対象にするか、より真剣に考えなければならない」と指摘している。
 研究グループは米カリフォルニア州にあるヒ素濃度の高い塩水湖「モノ湖」に生息する「GFAJ1」という細菌に着目。
 ヒ素が多くリンが少ない培養液で培養すると、リンが多い培養液よりは成長は遅くなるものの、細胞数が6日間で20倍以上に増え、GFAJ1はヒ素を取り込んで成長することを確認した。


NASA、ヒ素を活用して生存する細菌を発見 生命の既存概念が拡大
e0171614_118444.jpg

ワシントン(CNN) 米航空宇宙局(NASA)などの研究チームは2日、生物が生命を維持して増殖するのに必要な「6元素」のひとつであるリンの代わりに、ヒ素を利用して成長することのできる細菌を見つけたと発表した。生命維持の仕組みや宇宙での生命体探索に関するこれまでの考え方に劇的な影響を与えそうだ。
 発見された細菌は、ガンマプロテオバクテリアのハロモナス類に属する「GFAJ―1」株と名付けられた。天然のヒ素が多く含まれる米カリフォルニア州の「モノ湖」の堆積(たいせき)物から採取された。
 研究チームは、天然の細菌の生体分子に不可欠な栄養源の1つとされるリンがごく少量しかない条件下で、この細菌を増殖させることに成功した。さらに、この細菌は単に増殖しただけでなく、リンの代わりにヒ素分子を自身のDNAに取り込んでいたという。
 研究者は会見で、「1つの栄養源を別の栄養源で代用することのできる生命体を発見した」と述べた。
 会見に先んじNASAは、「地球外生命(ET)の兆候探索に影響を及ぼす宇宙生物学的発見」について発表すると事前に予告していた。このためインターネット上では、宇宙人が見つかったのではないかなどと臆測が飛び交っていた。
 この発見は、生命体の構成要素を決定づけると考えられていたこれまでの化学的条件を拡大するものであり、今後の宇宙でのミッションにも影響を与える可能性がある。

わざわざ古細菌の一種で「お茶を濁す」とはNASAもいい根性しているといえるだろう。こんな程度のものならもうずっと昔からその専門分野では知れ渡っていたことであろうからである。

だいたい周期表
e0171614_1114266.jpg

を見れば分かるように、リン(P)は3価(結合ボンドの足が3本)の原子の系列に入る。窒素(N)がその上、ヒ素(As)がその下に来る。これらは化学的性質がほとんど同じ。だから置き換える事が可能。まあ、地球上の現存しているほとんどの生命がリンをベースにしたDNAの主鎖を持っている。
e0171614_11223187.gif

(外側のオレンジ色のものがリン原子)

まあ、ここがヒ素に変わろうが、窒素に変わろうが、それほどDNAの物性において差はない。これは、いわゆる固体物性理論の半導体理論の説明の通りである。特にここでわざわざ説明する必要もないだろう。例えば、キッテルの固体物理の教科書に書いてある。むしろ、リンの部分の一部が3価と共役である5価のボロン(B)、アルミニウム(Al)、ガリウム(Ga)などと置き換わった方が面白かったに違いない。

思い起こせば、かの中村修治博士の青色発光ダイオード(LED)は、西澤潤一博士がそれまでの4価の1元系(一種類の原子のみという意味)のシリコン(Si)半導体やゲルマニウム(Ge)半導体を、2元系(2種類の原子でできているという意味)のガリウムヒ素(GaAs)の半導体に変えて「赤色発光ダイオード」を誕生させたのに対して、そのヒ素の部分を窒素に変えてガリウム窒素(GaN)の半導体を作る事に成功してできたものである。したがって、もちろんガリウムリン(GaP)もあり得る。このような意味で、リンがヒ素に置き換える生物機構があったとしても何ら衝撃ではない。

むしろ、もっと衝撃なのは、DNAの2重螺旋が逆巻のものが見つかるとか、3重DNAの生命体が見つかったとか、そんな類いのものだろう。前者はキラリティーの問題と呼ばれ、いまだにどうして地球上の生物はすべて同じ向き右巻きのDNAだけを使っているのかという大きな謎に答える事が出来ていないからである。後者の3重巻きなら、その生命体の生殖のありようが変わる。地球上の生命に男女、オスとメスがいるのは、基本的にDNAが2重らせんだからである。対となるDNA塩基配列を父と母から半分ずつ受け継ぐ方法をとるからである。もし3重DNAであれば、少なくとも3つの性が必要となる。

まあ、そんなわけで、今回のNASAの思わせぶりな公表は、不足がちな研究資金集めのための一種のやらせか、あるいは、インターネット上のリンク情報を知るための一種の実験のようなものであった可能性が高いだろう。ほんとNASAも落ちぶれたものである。

ところで、今回のNASAの公表をかなり正確に予想して当てた番組があった。昨日のスーパーモーニングの「スパモニ情報局」の中の解説である。私もその時間に聞いていたのでよく覚えている。フェアのためここにそれもメモしておこう。
スパモニ情報局

NASAのHPで、宇宙生物学上の発見に関する会見があると発表があり、インターネット上ではWikileaks に流出したからか、など騒然としているという。 宇宙生物ではないか、と、最強生物と言われるクマムシについて解説。乾眠になることができ、真空状態でも生きていられる。元NASA研究員による、今回の会見はDNA構成の必須元素リンがヒ素でもOKという内容なのでは、とのコメントを紹介。

その元NASA研究員の話は、今回の発表者の顔ぶれを見れば内容が分かると言っていた。要するに、専門家の間ではすでによく知られた研究内容だったということである。だいたい自分が研究していることしか知らないというのが昨今の研究者だから、それが「だれか」を知れば、おおよそその内容が分かるのである。例えば、パーデュー大の根岸博士と言えば、「クロスカップリング」の話だろうとか、ホーキング博士と言えば、「ブラックホール」など宇宙論の話だろうとか、シッチン博士と言えば、「ニビルとシュメール」の話だろうとか、顔ぶれで内容が予想できるのである。顔を見ただけでは、いったい何の話をし始めるか分からないというのは今では私ぐらいのものですナ。


おまけ:
むしろNASAのこの自称発見は、「有毒化したDNA」の発見、ないしは「DNAの有毒化」の手法の発見と見るべきかもしれないですナ。もしモンサントのような巨悪の大企業がこのアイデアを基にDNAの主鎖に猛毒のヒ素を組み込んだ遺伝子作物を作ったとしたらどうなるだろうか? あるいは、この猛毒遺伝子を組み込んだ植物の花粉をまき散らすとしたらどうなるだろうか? こう言ったものはもはや生物兵器である。NASAの今回の発見は、イスラエルの生物兵器開発者やアメリカ軍の生物兵器開発者たちへの何かのメッセージであったのかもしれない。

こう言っても分からない人は以下の記事を読むべきだろう。
食品安全「近代化」法
e0171614_12293385.jpg


いわゆる「悪魔教」の人々は、我々の信じる善と悪の関係が入れ替わる。善い事は悪い事であり、悪い事は善い事だとなる。民衆を守る事は善い事ではなく悪い事になり、民衆を虐げる事は悪い事ではなく善い事となる。上は下、下は上。光は闇、闇は光。右は左、左は右となる。すべてが本末転倒、主従逆転、意味逆転化するのである。

宇野正美1989_(3/14)

(21年前のアメリカの良心的神父さんディール・プラウディ先生の言葉をいま噛み締めてみるべきだろう。)
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-12-03 11:53 | マスゴミ

<< 1989年ディール・プラウディ... NASAが開発したUFO:スペ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE