HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

ここしばらくHAARPのモニター群の磁気計には特に地磁気変化はなかった。今日HAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。

宇宙天気ニュース
によれば、
2010/12/20 09:29 更新
太陽風の速度が400km/秒に上がっています。太陽は無黒点です。

とあり、今の時期は太陽風は特に問題ないようである。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_203326100.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_20331583.gif

e0171614_20331885.gif

e0171614_20332420.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_20353886.gif



VHF Riometer
Electron density
Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。

さて、ここからは今のところ特に警告が出されていはいないが、要注意である。備えあれば憂いなし。


おまけ:
これだったのだろうか?
イラン南東部でM6・5地震 7人死亡、多数下敷き
【テヘラン共同】米地質調査所(USGS)によると、イラン南東部で20日午後10時12分(日本時間21日午前3時42分)ごろ、マグニチュード(M)6・5の地震があった。メヘル通信によると、7人が死亡、数百人が負傷、数百人が建物の下敷きになっている。
 震源はイラン南東部ケルマン州バムの南西約100キロで、震源の深さは約12キロ。

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-12-20 20:37 | HAARPモニター観察

<< 「上場企業の7割が法人税を納め... 中澤佑二選手、「日本サッカーの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE