現代人の祖先、別人類「デニソワ人」と交雑?:シッチン説vs化石人類説

みなさん、こんにちは。

今回は、「デニソワ人」なる新種の現世人類の話に関する以下のニュースをメモしておこう。

現代人の祖先、別人類「デニソワ人」と交雑
e0171614_22231326.jpg


 現代人の祖先が、別の人類とされるデニソワ人と交雑していたことが、独マックス・プランク進化人類学研究所などの国際チームの研究でわかった。
 現代人の祖先が、世界各地で先住の人類を絶滅させつつ広がったとする従来の説を、覆す可能性がある。23日付の科学誌ネイチャーに発表する。
 シベリアのアルタイ山脈の遺跡で発見されたデニソワ人の骨を使い、細胞核のゲノム(全遺伝情報)の一部を解読した。世界各地の現代人のゲノムと比較したところ、オーストラリア北東の島々に住むメラネシア人は、ゲノムの4~6%がデニソワ人固有のものと一致していた。
 研究チームによると、人類の祖先は40万~30万年前にアフリカを出て、ヨーロッパに移動した集団がネアンデルタール人に、アジアに広がった集団がデニソワ人になった。それに遅れて6万~5万年前にアフリカを出た現代人の祖先が先住者と交雑し、今に至ったらしい。欧州やアジアなどの現代人の祖先とネアンデルタール人との交雑を示す研究成果は、今年5月に発表されている。異なる人類どうしの交雑、共存が一般的だった可能性が出てきた。
e0171614_22231153.jpg


この研究とゼカリア・シッチン博士の研究を比べると非常に興味深い。

ペルシア湾で未知の海底遺跡発見!?:はたしてニビルの神々の住処か?
ペルシア湾で未知の海底遺跡発見!?:はたしてニビルの神々の住処か?2:おまけ

シッチン博士の古代シュメールの石碑文の解読によれば、シュメールの神エンキが行った遺伝子操作によって誕生した地球人類には、以下のものがある。

(1)エンキ+類人猿女性の子=アダムゥとティ・アマト。
   アダムゥとティ・アマトの子孫。

(2)エンキ+アダムゥとティ・アマトの子孫の1女性の子=アダパ
   エンキ+アダムゥとティ・アマトの子孫の1女性の子=ティティ。
   アダパ+ティティの子=カ・イン、アバエル(死す)、サティ。
   カ・インの子孫=アジアに広がる。
   サティの子孫=ヨーロッパに広がる。

(3)エンキ+サティ子孫ル・マクの妻バタナシュの子=ジウスドラ(金髪碧眼)。
   ジウスドラ+エムザラの子=セム、ハム、ヤフェト。その子孫。

(4)「エジプトの初代ラー」マルドゥクとサティ子孫エンキメの娘のサルニパトの子
   =アサル(死す)、サツ、ナブ。
   アサルとシャムガズの娘アスタの子=ホロン。その子孫。
   サツとシャムガズの娘ネバトの子=?

(5)イギギの反逆首謀者シャムガズと200人とアダパ族の女性たちの子孫。


はたして、シッチン博士の人類創世の歴史と化石人類の歴史はどのように繋がるのだろうか?
今後の進展を期待したい。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-12-24 23:01 | シッチン&ニビル

<< みのもんた問題:「TBS朝ズバ... 「偽野菜テロ」?:米国偽ユダヤ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE