HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

ここしばらくHAARPのモニター群の磁気計には特に地磁気変化はなかった。年末最後のメモを書き終わってHAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。

宇宙天気ニュース
によれば、
2010/12/29 12:46 更新
太陽風磁場が大きく南を向き、オーロラ活動が激しくなりました。

とあり、今の時期は太陽風は強いようである。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_17222988.jpg




Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_17224470.gif

e0171614_17224622.gif

e0171614_17224868.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_17231942.gif




VHF Riometer
Electron density
Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。

さて、ここからは
「父島圏内にM5~M6程度の地震発生合図が出ました。」
と今回警告が出されているので、要注意である。備えあれば憂いなし。日本国内でないことを祈るのみである。ちなみに、地震電磁波が捕らえられた後、2、3日後から2週間以内が危険時期である。


追記:
チリでM7・1地震、日本への津波影響なし
米地質調査所(USGS)によると、チリ中部沖の太平洋で日本時間の3日午前5時20分頃、マグニチュード7・1の地震が発生した。震源はチリ中部沿岸で、震源の深さは16キロ。気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はない。(2011年1月3日08時08分 読売新聞)

おそらく今回の地震電磁波はこれのものだったのかもしれない。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-12-29 17:26 | HAARPモニター観察

<< 謹賀新年:今年は波乱の年か? 来年以降を予想させるいくつかの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE