e-piscoの弘原海清博士死去:ラドンイオン上昇による地震予知の創始者

みなさん、こんにちは。

「ラドンイオン測定による地震予知」の手法を発見した、弘原海清(わだつみ・きよし)博士
e0171614_20182793.jpg

が急逝されたようである。享年78歳。

弘原海清・大阪市立大名誉教授が死去
弘原海 清氏(わだつみ・きよし=大阪市立大名誉教授)3日、心筋梗塞のため死去、78歳。連絡先は同大学理学部事務室。告別式は5日正午から兵庫県川西市多田桜木1の9の22のベルコシティホール川西。喪主は妻、愛子さん。専門は地球環境情報学。


弘原海博士は、大学を定年退職後、ここでも何度も紹介した「e-pisco」システムの構築を手がけ、終世「地震予知」の研究に従事されたようである。

博士の著書には以下のものがある。
動物は警告する!
e0171614_2023299.jpg



ご冥福を心よりお祈りしたい。合掌。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-01-04 20:36 | 人物

<< 'Riddle of... 「2012年地球の危機問題」:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE