「日本人が知らないニッポン」:「我々と奴ら」日本人にはマハトマ・ガンジーがよく似合う!

みなさん、こんにちは。

やはり新年の第7番目の話題はこれだろう。「マハトマ・ガンジーの非暴力不服従の思想」である。今も未来もこの惑星地球を良い方向に変えるのはこれしかない。

そこで、まずは以下のものをここにもメモしておこう。
THINKER "Us and Them"

e0171614_17572164.jpg

(オバマの「チェンジ」はこれと真逆。偽物のチェンジにすぎないですナ。)

さて、このガンジーのビデオを紹介していたのは、以下のサイトである。
e0171614_17583916.jpg

日本人が知らないニッポン

おそらく、私がこれまでいろいろなサイトを見てきた中でも、この「THINKER」というサイトのこのレビュー(解説)はもっとも優れていると思う。ぜひ一読し、自分なりに考えてみることを勧める。

特に、今のNHKは反日在日の「電通CIA」に乗っ取られ、「歴史改変のための歴史番組」が反乱する昨今である。例えば、「坂本龍馬」やら「坂の上の雲」などの原作はともかく、脚本や脚色はかなりのまゆつばものの噴飯ものである。それゆえ、本当の歴史、真の歴史とはいかなるものであったかを知るという意味では、この日本人が知らないニッポンは実に良い教材となっているようである。


おまけ:
暴力でチェンジする世界がどういう結末に終わるかを象徴する「謎の映画メトロポリス」。
1927年のこれから世界同時大不況に突き進む頃の無声映画。

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-01-11 18:09 | 真の歴史

<< ピンクフロイドの「私たちとそし... 「巨大製薬会社の誕生」:これが... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE