HAARPとブルービーム計画:すでに人工的UFOは演出されている!?

みなさん、こんにちは。

最近、デービッド・アイク氏のヘッドラインニュースに出ていた、以下のものは実に興味深い。
HAARP and Project Bluebeam

これは、すでにかなりの人々に知られるようになった、「HAARP」と「ブルービーム計画(Project BlueBeam)」のことである。この2つはいわば兄弟のようなものである。

H A A R P Project Bluebeam part 1


この中の大半は、ここでもすでに取り上げた内容のダブりである。

Project Blue Beam? Pt. 2


一方、「ブルービーム計画(Project BlueBeam)」とは、世界の支配者と自称している、NWOイルミナティーの連中が、「宇宙人の襲来」、あるいは、「宇宙人ショー」や「UFOショー」を人工的に引き起こすというものらしい。これは、地球の大気を一種のスクリーンに見立てて、宇宙に打ち上げた人工衛星から、ビームを発射し、それで大気中に宇宙人のUFOの襲来を描いたり、イエスやマリアの降臨を演出するものと言われている。その程度のものは、すでにできる準備が整えられているらしい。

私が感じるに、この目的のために、どうも一番怪しいのが、どうやらいわゆる「ケムトレイル」である。金属イオンを大量に含んだエアゾールを空気中に旅客機でまき散らすことで、一種の「人工のスクリーン」を大気中に作っているわけである。金属イオンは、レーザービームで光らすことが出来る。そのために、世界中にせっせと撒いているのではないか、というもう一つの目的もあるように見えるのである。


実際、最近世界中で以下のような「UFO現象」が多すぎるのである。

Real UFO in Chhattisgarh


UFOの中で、空飛ぶ円盤に見えながら、あまりに映像や蜃気楼のような、物理的実体のないUFOが多すぎるのである。

プロジェクト・アバロンのビル・ライアン氏の支配者の僕であるという、「Charlesとの対話」によれば、「ブルービーム計画」はまだ始めていないというような話であったが、おそらく実際にはすでに実験的に実施されてきているのだろうと思う。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-01-22 15:35 | HAARP

<< 「天は人の上にA層を作り、人の... 虹色に発光する棒状の雲:これは... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE