HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

久々にきょうHAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 2/ 2 13:07 更新
やや早めに高速太陽風が始まりました。激しいオーロラ活動も発生しています。

とあり、今の時期は太陽風は結構強いようである。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_151728100.jpg

e0171614_1312402.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_15173210.gif

e0171614_15173552.gif

e0171614_15173792.gif


e0171614_13125941.gif

e0171614_13131248.gif

e0171614_13131945.gif



今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_15191272.gif

e0171614_13133436.gif


VHF Riometer
e0171614_1521554.jpg

Electron density
e0171614_15211850.gif

Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。

さて、ここからは今のところ特に何も出ていないが、備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-02 15:22 | HAARPモニター観察

<< 警察取り調べの実態:「お前の人... 「アトランティスの異常」と「パ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE