「何をか言わんや」:ワクチンの初期接種で死亡多数。

みなさん、こんにちは。

いやはや、私が昨日メモしておいた
ワクチン神話から目を冷ませ!:ワクチン接種は百害あって一利なし!
に関連した、痛ましいニュースが飛び込んで来た。以下のものである。

ヒブ・肺炎球菌ワクチンを一時中止 接種後に4児死亡

 厚生労働省は4日、小児用肺炎球菌ワクチンとインフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンの予防接種後に乳幼児4人が相次いで亡くなったことを明らかにした。いずれのワクチンも接種を一時見合わせることを決め、自治体や販売業者に通知した。週明けにもワクチンとの因果関係を調べる専門家による検討会を開き、接種の再開を判断する。

 同省によると、2日以降死亡が報告されたのは、兵庫県宝塚市、同県西宮市、川崎市、京都市で生後3カ月〜2歳代の4人。このうち2人は心臓に持病があった。接種の翌日〜3日後に死亡していた。接種した医師らの報告では、接種と死亡との因果関係は「評価不能」や「不明」という。小児用肺炎球菌とヒブは、乳幼児の細菌性髄膜炎を防ぐワクチンで今年度の補正予算で公費助成が始まった。

 4人が小児用肺炎球菌ワクチンのプレベナー(販売名)を打っていた。このうち3人がヒブワクチンのアクトヒブ(同)との同時接種。もう1人はジフテリア・百日ぜき・破傷風混合ワクチン(DPT)との同時接種だった。プレベナーを製造・販売するファイザーのスペシャリティ・ケア事業広報部は「詳細情報の収集を進めている」と話している。

 宝塚市は4日、当面、複数のワクチンの同時接種を中止することを決めた。同市内と西宮市で亡くなった2人が打ったプレベナーと同じロット(製造群)番号の製品の使用中止も決めた。

 野々山恵章・防衛医大教授(小児科)
e0171614_10355566.jpg

は「米国ではヒブワクチンは約20年前、肺炎球菌ワクチンも約10年前から打っており、同時接種もしていて問題は起きていない。今回、死亡した子どもの死因について検証は必要だが、不用意にワクチンを怖がって、やっと日本に導入されたワクチンが打たれなくならないようにして欲しい」という。
(このお方は何を言っているのか自分で分かって言っているのかいナ? 1本のワクチンが大事なのか、1人の命が大事なのか、分かっていないようだ。そもそもワクチンの目的は何か?人命救助のはず。1人でも死ぬのであれば、中止が当然だろうヨ。医師免許剥奪すべし。)
     ◇

 〈小児用肺炎球菌ワクチン〉 5歳未満の乳幼児の細菌性髄膜炎や中耳炎を予防するためのワクチン。厚生労働省によると、乳幼児の髄膜炎の発症者は年間400人以上(推計値550人)とされ、死亡する確率は2〜5%。後遺症の残るケースも10〜25%とされる。厚労省の承認を受け、昨年2月に発売された。接種は任意だが、同様に細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンとともに、国の昨年11月からの助成事業を受けて、各自治体で接種費用を無料化する動きが広がっている。

お亡くなりになった子供たちのご冥福を祈ります。またその家族にはかける言葉もない。が、もう数年前からこういうことを主張し公開して来た私としては、あえて厳しいこと言えば、「親にも責任がある」ということである。これほどまでにさまざまなワクチン危険情報が溢れている時代に、現代医学を妄信したツケがきたということである。

さて、この記事にある、「小児用肺炎球菌ワクチンとインフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチン」とは、先日の、ワクチン業界が大喜びしている、ワクチン接種プログラム:
e0171614_2126153.jpg

にある一番上の、一番最初のワクチン接種である。ここから32種のワクチン、計90回ほどのワクチン接種を行うというのが、このプログラムである。いかに馬鹿げているか、いかにたわけているか、いかに危険なものか理解できるだろう。

人間は、生物学上、6ヶ月経てば子供に免疫防御システムが出来、しっかり働くようになる。だから、最初の半年は、母親の母乳から母親の抗体をもらって免疫機能を借りるように出来ている。

この時、母親がB型肝炎のキャリアとか、エイズのキャリアとかの場合には、スクリーニングのためにワクチン接種という、苦肉の策を取る必要があるが、両親が健康の場合に、こんなワクチンを打つ必要はまったくない。

というのも、仮に親がキャリアの場合でも、さらに母乳を飲んだ場合でも、本当にそこから感染するかどうかという問題は、実際にはよくわかっていないのである。感染しない場合もほとんどなのである。もしすべての保ウィルスキャリアの子供に感染するのであれば、日本人はとうに消滅していたに違いないからである。それほど、肝炎のキャリアが多かったのである。

ましてや、女児に子宮頸癌ワクチンの無料接種などもってのほかである。普通の女児は娼婦ではない。このワクチンは、夜の帝王、プレイボーイや娼婦や売春婦やアダルトビデオ俳優に義務化して有料で打つべきものであり、一般人の子女に接種する理由はなにもない。大人になって、イボチン男と接触したとしても、それがもとになって子宮頸癌になる確率は非常に低いという、ウィルスの中でも極度に感染力の弱いウィルスなのである。

子宮頸癌の場合には、クラミジアカンジタなどの方が実際には主役であるという可能性が高いのである。要するに、こういう菌に感染した時、言い換えれば、身体の健康状態が悪く、免疫力が落ちているという時に、イボチン男から人パピローマウィルスが感染する。あるいは、これらの菌がガイド役となって他のウィルス感染を引き起こす、という可能性が一番高いのである。あるいは、クラミジアやカンジタ自体も癌を引き起こす場合も考えられるのである。私はそう理解している。

いずれにせよ、こういう研究は製薬会社にとって儲からないし、大学の生物学者も研究費がもらえないからやらないのである。

しかし、ワクチンの場合は話が逆で、製薬メーカーは儲かるから湯水のように金を出し、大学の研究者を金と研究費やさまざまなキックバックで囲い込むのである。だから、ワクチンのいい面ばかりを強調する情報しか流さないのである。

私の個人的考えでは、やはり政府にも企業にも大学にも左右されない、まったく独立した研究機関を作り、そういうところで、だれの権力や金力も及ばない形で、ワクチンや薬の安全性の検証や研究を執り行うという方法に変えないと、ますます同じような問題が出て来るだろうと見ている。こういう正当な研究機関でないと、欧米の悪徳巨大製薬メーカーの魔の手から逃れられないだろうヨ。

要するに、「開国」という意味は、勝海舟が長崎の造船所で日本製の蒸気船を作り出したように、自分たちの力で物事を生み出し検証するという作業をやって、開国するということでなくてはならないのである。つまり、「開国」とは「国を開く」ということではなく、「開眼」、「自分の眼を開く」という意味でなくてはならないということですナ。

海外には確かにいい薬がある。できるだけ早くそういういい薬が手に入れば、それで助かるという日本人も出て来る。しかし、実はそれが、一種の「まき餌」であり、本当はもっと危険な薬を売りさばき、もっと多くの日本人を虐殺することが本当の目的であるという可能性が高いのである。

事実、良い抗がん剤の導入のために、許認可審査が単純化されたからこそ、欧米のワクチンがろくに安全性を確かめることなく、欧米で認可されているからというたったそれだけの理由で認可されているからである。無知な日本の医療関係者は知らないのだろうが、ブッシュのプロザックにせよ、ラムズフェルトのアスパルテームにせよ、サッカリンにせよ、フッ素にせよ、ワクチンにせよ、欧米で認可された問題の多い、議論の余地ある薬剤の場合、企業からのエージェントが米FDA長官になり、その任期中に強行に認可し、認可した後にまた企業の顧問に返り咲く。とまあ、こんな調子で認可されただけに過ぎないのである。「越後屋、お前も悪よのう」の世界である。

アスパルテームの場合は、こんな感じ。
承認に関する疑惑 [編集]

FDAによる承認において最初にアスパルテームを承認しなかったJere E. Goyan(FDA長官在任期間1979/10/21 - 1981/1/20)はロナルド・レーガン大統領が就任した直後にFDA長官を解雇され、後任のアーサー・ヘイズ(FDA長官在任期間1981/4/13 - 1983/9/11)[14]
e0171614_13311355.gif

が翌年にアスパルテームを承認している。ヘイズは直後の1983年に辞任、人工甘味料製造会社「G. D. Searle & Company」に就職した。
「G. D. Searle & Company」はNeutraSweetの商品名でアスパルテームを販売し、同社CEOのドナルド・ラムズフェルドと共に莫大な利益を得ている。このため、利益のために人体への悪影響を無視し承認に踏み込んだのではないかという疑惑や批判があった[15][16]。


アムシェル・ロスチャイルド
e0171614_13424026.jpg

は1773年にこんなことを言っている。
12. 財を活用して、我々の要求に素直に従い、我々のゲームの駒となって、正規の助言者として政府 を陰で操ることを我々から任じられた学識と独創性を備えた人物にすぐ利用され得る候補者を選ばな ければならない。助言者として我々が任じる人物は、全世界の出来事を支配するために、幼い頃から 我々の考えに沿って育てられ、教育され、訓練された人物にすべきである。

18. 恐怖支配は、手っ取り早く大衆を服従させるもっとも安上がりな方法だ。

21. ゴイムからその不動産、産業を奪うため、経済的な国家利益および投資に関する限り、重税と不 当競争を組み合わせてゴイムの経済破綻を引き起こさなければならない。国際舞台においてゴイムが 商売ができないように仕向けることは可能である。つまりは原材料の巧みな支配、短時間労働および 高賃金を求める組織的煽動運動の普及、競争者の助成によってそれは実現できる。賃金の増加で労働 者が潤うことが決してないよう状況を管理しなければならない。

また、有名なユダヤシオニストの「シオンの議定書」にはこうある。
 われわれの勝利をいっそう容易ならしめた事実がある。好ましい人物たちとの関係を保つことによって、われわれは常に人間の心の琴線に触れ、金銭欲に、貪欲に、人間のあくことを知らない物質的欲望に働きかけた。言うまでもなく、これら人間の弱点のひとつひとつには、独創性を麻痺させる効果がある。この弱点のゆえに、かれらの行為に金を出してくれる人間に、自分の意志の最終決定をゆだねるのである。

 ゴイムはわれらの専門家たちの助言なしには、考えるという習慣を失ってしまった。ために、彼らは、われらの王国が実現したあかつきには、直ちに採択しなければならない必要欠くべからざることが見えない。すなわち、公教育の場においては、唯一単純かつ真実の知識、全知識の基礎を教えることが肝要であるということである・・それは、人間生活の構造に関する知識、社会存在のあり方に関する知識、労働には分業が必要であり、従って、人々は階級と身分に分かれなければならないということである。人間活動の実際にはさまざまな差異があって、平等などというものはありえず、なんらかの行為で階級全体に累を及ぼす者と、自分自身の名誉を傷つけるだけの者とは、法律の前では平等の責任を負うはずがないということは、万人が心得ておくことが肝要である。ゴイムには知らされていない秘密であるが、社会構造の真の知識は、身分とかけ離れた仕事をさせないようにしなければならず、個々人に要求される仕事と受ける教育との落差が悩みの元にならないように、万人に実地をもって示そうと思う。この知識を完璧に身に付けたあかつきには、人々は進んで権威に服従し国家に指示された仕事を受け入れるであろう。現状の知識とわれわれが人民を育成してきた方向からいえば、印刷されたものを鵜呑みにし・・われわれがかれらに誤りを吹き込んできたためと、彼ら自身の無知のおかげとで・・これまでに考察した身分という身分に対して、全面的に憎悪を燃えつのらせる。それは階級と身分の意味を全く理解していないことから来ている。


いやはや、何をか言わんや


おまけ:
New York Timesの創始者、ユダヤ人のアーサー・ヘイズ・シュルツバーガー
e0171614_13462250.jpg

とその一族後継者たち。
e0171614_13464362.jpg

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドとアーサー・ヘイズ・シュルツバーガーの顔は瓜二つだということが分かるだろう。実に興味深い。


おまけ2:
ヒブワクチンとBCG、同時接種の男児死亡
 厚生労働省は7日、インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチン「アクトヒブ」と結核のワクチンBCGを同時接種した宮崎県都城市の0歳男児が死亡していたことがわかったと発表した。
 接種と死亡との因果関係は不明という。
 男児は心臓などに持病があり、2月4日にアクトヒブとBCGを同時接種し、2日後に死亡した。国内でアクトヒブと他のワクチンの同時接種による死亡例は4人目、アクトヒブだけを接種した例を含むと5人目となる。
(2011年3月7日23時17分 読売新聞)

また薬害エイズと同じ構造。国の税金で保証せず、医師会や病院や都城市が保証すべきですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-05 10:34 | ワクチンコンスピラシー

<< さよなら〜、前原誠司さん:「誠... 前原さん、「ルールはルール」:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE