マスゴミさんヨ、「空気が読めない(KY)報道」ではなく、「先読み(SY)報道」をせよ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、日本のマスゴミさんは相変わらずである。現段階ではまだ被災中である最中、まるで災害が終わった事後処理報道のような他人事の報道である。まさしく「空気が読めない(KY)」報道である。

緊急災害時の報道とは、「今から何が必要となるか?」の「先読み(SY)報道」が必要である。現状を報道すると同時に、今後何か不足して来るか、どこへ移動すべきか、何をすべきかの、おおまかだが、正確な内容を報道すべきなのである。

今現在被害状況がつかめない時に、「今死者100人」と報道しても、これは時々刻々と変化し続け、最終的な情報が得られるまでずっと続くことになり、これを報道している内に、本来今すべきこと、そのチャンスを逸してしまうという恐れがあるからである。

見積もりは、おおまかでいいから、かなり多めに取り、救助支援を要請し、万全の準備をする。後で、実際の被害が当初の予想より少なかったから、余ったものはそのまま返す、というようなやり方である。

マスゴミのヘリコプターは、上から被災者を見殺しレポートするのではなく、レポートしながら救助できる人を救助すべきである。1人でも2人でも拾ってやり、ヘリに乗せて安全地帯へ搬送すべきである。

いずれにせよ、素人内閣、素人政府を持つ国は、こういう烏合の衆となるのである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-12 09:54 | マスゴミ

<< 「3月11日19時までの日本列... HAARPに地震波か?:前より... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE