アラスカHAARPモニターが死んだか?:予測不能ですナ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、ここ最近の一般人のアクセス急増でアラスカのHAARPモニターが遮断されたようですナ。
Magnetometer
e0171614_1647784.jpg


これで私のモニター観察も当分は出来そうにない。困ったことである。

このモニター画像を見て来ていない人には、画像を見ても大きな振動が見えるだけで、特に意味ある情報は引き出せないはずである。それは、素人さんが、エックス線写真を眺めてもどこにガンがあるか分からないのと同じである。私はすでに2年ほど毎日観察して来ているから、分かっただけのことだ。

ぜひ復旧できるように、見ても何だか良く分からないという人は、
アキラの地震予報
東海アマ
の方を見ることをお勧めしたい。

アラスカのHAARPモニターしか今の所全世界の地磁気情報を得る方策はないから、ぜひ御考慮して欲しいところである。

私は、次の危険日は、2011年4月6日あたり関東沖だろうと見ていたが(これは私の個人的推測にすぎず、確証はないので信ずる必要はない)、その直前情報をこのHAARPモニターで見ようと思っていただけに残念である。上の画像のFlux induction meterは3カ所同時測定しているため、この情報は実に大切なのである。大まかな方角が分かるからである。

あとは、例の超能力者のHP頼みと思っていたが、その超能力者のHPもおばかな書き込み集中して遮断されてしまったようである。おっと、今見たら生きていた。こっちを見て欲しい。

これで、次に大地震が来た場所もまた、ご臨終ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-17 17:01 | HAARPモニター観察

<< 3・11人工地震の情報が出て来... 首都圏の人々、地方自治体へ送金... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE