正体見たり!「脱帽して、真実を語れ!」:いやー、世の中には鋭い人物がいるネー。

みなさん、こんにちは。

連日、嘘つきニュースを垂れ流す、プルトニウム並みの極悪非道報道局になりさがってしまった国民放送(という自画自賛、自称)のNHK。このNHKの定番となったのは、この人のニュース。経産省の西山英彦大臣官房審議官の報道である。

福島原発2号炉に真水注入へ 汚染された水を除去

 東日本大震災による福島第1原発の事故で、東京電力は26日、2号機の原子炉を冷やすために注入している海水の真水への切り替えなど復旧に向けた作業を進めた。
 原子炉から漏れたとみられる高い濃度の放射性物質で汚染された水たまりの除去も課題。作業員の深刻な被ばくが再び起きるのを防ぐため、タンクなどへの回収を実施する。2号機ではさらに、中央制御室の照明を点灯し、計器で原子炉を監視できる状態を目指す。
 各号機のタービン建屋で見つかった水たまりのうち、1、3号機は通常の炉心の水の1万倍と高濃度。まだ濃度が分かっていない2、4号機の水の分析を進めるとともに、除去作業を行う。
 2号機の原子炉内には消防ポンプなどを使い、近くのダムから仮設タンクにためた真水を注入する計画。冷却機能を失った原子炉を冷やすため、これまでは海水を入れていたが、塩分で冷却効率が悪くなる懸念がある。すでに1、3号機は真水への切り替えを済ませている。
【写真説明】 福島第1原発について記者会見する経産省の西山英彦大臣官房審議官
e0171614_11183926.jpg

=26日午前、経産省


なんと、この人の秘密を暴露していた人がいた。以下のものである。

Sat, March 19, 2011 18:07:55
原子力安全・保安院で活躍中。。。

e0171614_1121731.jpg

西山英彦さん ・・・ カツラだ!!

保安院のカツラのおっさん 西山英彦

このヅラ東大法学部卒

あのニタクソ笑いながらカツラかぶってる人は西山英彦

カツラの人で有名になってしまった・・

分かりませんでした。

言われてみれば、、、でしたけど。。。

西山英彦(保安院の真中の人)
e0171614_11215834.jpg


1980年 東大法学部卒業 通産省入省
1984年 ハーバードロースクール修了
2001年 通商政策局課長
2006年 大臣官房総務課長
2009年 通商産業政策審議官
現在   大臣官房審議官(通商戦略担当)

外見はともあれ、、、経歴がすごい!!

近い将来偉くなる人と思いました。

(某所より抜粋)(↓)

西山さんはめっちゃ頭いいんですよ。
学生時代に 公務員試験とか司法試験とか(忘れちゃった)
すごいの3つも現役合格の三冠王なんですよ。
中越地震の時にも関係してて、原子力ものすごい勉強したから
今回抜擢されたらしい…。
日本の宝!!素晴らしい頭脳の持ち主!!

(^_^;)


いやはや、絶句。この西山氏は、東大法学部卒の文系出身。これでは、原発のことは何も分かるはずがない。即刻、武田博士と入れ替えるべきである! 

この人の説明は、聞いているとなぜか、どこかうさん臭さを感じたが、カツラが原因だったとは。

脱帽して、真実を語れ!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 11:28 | マスゴミ

<< 聞け!チェルノブイリの体験者の... プルトニウムは極悪非道:「三十... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE