これこそ悪質なデマだ!:責任転嫁するな!見苦しいゾ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、またまた懲りずに、「国の地震調査研究推進本部」が、まるで自分が大手柄をたてられたかのように演出するという、姑息な手を打って来たようですナ。

間に合わなかった東北巨大地震の予測…公表目前

 国の地震調査研究推進本部が、宮城県沖から福島県沖まで連動する巨大地震を、長期評価の対象に追加し、今月公表する方針だったことが分かった。
 大津波を伴う約1150年前の巨大地震の全体像が最近明らかになってきたためで、同本部は宮城県には2月に事前説明を終え、福島県にも3月中に説明する予定だった。公表を目前に東日本大震災が起きたことに対し、専門家からは「想定されていたより大きい地震が発生する可能性を、事前に伝えておければ……」と悔やむ声も出ている。
 同本部では2005~09年度、宮城県沖で起きる地震を重点調査。古文書の記録で知られていた869年の貞観地震は宮城県―福島県沖の長さ200キロ、幅100キロの断層がずれたマグニチュード(M)8クラスとみられ、津波により宮城―福島県沿岸部の内陸3~4キロまで浸水していたことを地質調査やコンピューターの想定実験で明らかにした。東日本大震災の浸水域は最大5キロ程度。
 調査ではまた、貞観地震の前後400~500年の地層にも、津波の痕跡とみられる堆積層が見つかった。
 長期評価ではこれまで、宮城県沖で発生する地震については、三陸沖南部海溝寄りの領域の地震との連動しか想定していなかったが、調査結果を受けて福島県沖を含む三つの領域内での連動を新たに加えることにした。今月にも公表する予定だったが、東日本大震災(M9・0)は三陸沖、茨城県沖も含み、さらに広い範囲で連動したため、長期評価は根本的な見直しを迫られている。
(2011年4月6日16時13分 読売新聞)

こういうものこそ、「悪質なデマ」であろう。だれも公表前だったかどうか、確認しようがないからである。何の歴史的根拠も無い。本当に見苦しい。往生際のわるい奴らですナ。こういう組織は即刻「事業仕分け」してもらおうか!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-07 22:18 | 原子炉被災

<< 昨夜の東北地震で何かが”光った... 掘削船「ちきゅう」は今ここに:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE