HAARPに地震波か?:日本国内のモニター群

みなさん、こんにちは。

早速、今度は日本国内にある地磁気観測所のモニターを見てみよう。
以下のものである。
地磁気データのプロット

この中で、国内の観測所の、MMB(女満別)、KAK(柿岡)、OKI(沖縄)
(これらの位置関係は以下のものである。)
e0171614_10192821.jpg

をクリックして、「描画」を押すと、以下のものを見ることが出来る。

MMB(女満別)、KAK(柿岡)、OKI(沖縄)

ここでは、地震電磁波に関係ある、垂直成分(Z成分)だけ取り出しておこう。
MMB(女満別)
e0171614_10202537.gif

KAK(柿岡)
e0171614_10202758.gif

OKI(沖縄)
e0171614_10202929.gif


今現在、柿岡のモニターが一番大きく揺れ出して来ていることがわかる。他の2つもかなり揺れ始めている。これがどこから来るものであるかどうかは、今度またもっと遠くにある他国の観測所のデータと重ねあわせてみれば良いということである。

いずれにせよ、今は日本上空の地磁気はかなり変動していることは間違いない。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-14 10:25 | HAARPモニター観察

<< 日本の地磁気モニター群に地震波か? HAARPに地震波か?:アラス... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE