菅直人は人間ではない!?:「人でなし」だから。

みなさん、こんにちは。

いやはや、この人(たぶん、人じゃない。人でなしだから)いっちゃっているネ。

原発事故検証の第三者委員会設置へ…首相方針

 菅首相
e0171614_23315215.jpg

は26日の衆院予算委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を検証する委員会を近く設置する方針を示した。
 原発の安全規制に関する経済産業省原子力安全・保安院や内閣府原子力安全委員会の活動や組織のあり方も点検するため、検証委はこうした関係機関から独立した第三者委員会とする方針だ。
 首相は予算委で、社民党の阿部知子氏の質問に対し、「事故原因を検証する態勢をそう遠くない時期に立ち上げなければならない」と述べた。これに関連し、内閣府原子力委員会の近藤駿介委員長は26日の衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会で、「(国内外で)動いている原発があり、世界の方々にとって同じ問題が潜んでいるのか、福島だけの問題なのか、正しく原因究明して伝える(ことが重要だ)」と述べた。(2011年4月26日21時45分 読売新聞)

このだんなは何か勘違いしている。というか、物事がすこしも理解できない痴呆症ですナ。福島第一原発はまだ何も解決していないのである。解決どころか、このまま行けば、原発1機の内部にある、広島型原爆(ウラン235、60kg程度)

e0171614_11272524.jpg

1000発分(100トン)を水蒸気爆発させることになるのですナア。

きっと史上最大の打ち上げ花火になることだろう。隅田川の花火大会どころの話ではなくなるのである。小出博士の見積もりでは、事故が起こって半年以内というから、9月前には確実に水蒸気爆発を起こすという話である。

そんな状況下では、事故の原因がどうこう言っている場合ではないことくらい明白である。

だいたい保安院は、メンテナンスの事務員に過ぎない。建築で言えば、家は建築会社が建てるのであって、不動産会社が所有し、メンテナンス会社が物件を管理する。その不動産会社に当たるのが、東電であり、メンテナンス会社が保安院である。いくら不動産会社やメンテナンス会社に地震で崩壊した家を直せと言ったところでは、そりゃー無理。不可能である。家を建てた建築会社に頼む他はない。

これと同様に、原発はGEか、その下請けをした日立や東芝の技術者に頼まなくては復旧は無理だったわけだ。保安院や東電に頼むのはお門違いであった。しかし、菅直人はこれを指示した。

これまた、業務上過失致死罪である。このまま行けば、懲役1万年は避けられませんナ。10万年になるかもしれないヨ。

いやはや、だれも菅直人がこんな人間(まあ、人間じゃない。人でなしだから)だとは思わなかったに違いないですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-26 23:34 | 原子炉被災

<< HAARPに地震波か?:研究用11 311M9の巨大地震の音:やは... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE