ドイツ気象庁の放射能予報:地球の歴史上初、巨大台風と崩壊原発のコラボレーション!

みなさん、こんにちは。

例のドイツ気象庁の放射能予報が出ている。以下のものである。

http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif
e0171614_22382819.jpg


季節外れの猛烈な台風2号の暴風雨
e0171614_22383199.jpg

e0171614_22383881.gif

と崩壊した福島原発の1号、2号、3号、4号の死の風。


はたしてこのコラボレーションはどんなものになるのだろうか?

すべての建屋の屋根が吹っ飛ぶか?
放射性物質が飛びまくるか?
放射能がまき散らされるか?
放射能を吸い込んだ猛烈台風となるのだろうか?

崩壊原発と猛烈台風。歴史上初めての組み合わせですナ。要注意あるのみ。


おまけ:
IAEAはメルトダウンを知っていた
e0171614_2303153.jpg

アメリカとIAEAは福島原発が地震の後3.5時間でメルトダウンしたことを3月の終わりには知っていて、それを大衆から隠した

米国高官とIAEAは福島原発の原子炉が地震の3.5時間後にメルトダウンしたということを示すデータを提供されていながら、2ヶ月間も発表しなかった。その理由は、東電が公式にそのデータを確認するのを待っていたからだという。

アメリカの研究者Chris Allisonは福島原発一号炉に関してソフトウエアでシュミレーションを行って、冷却系が失われて3.5時間後にメルトダウンが起こったという結果を得て、3月の終わりにIAEAに報告した。
だから、日本の不幸な国民を除いては、世界中がそれを知っていたのだ。

US And IAEA Knew Fukushima Had Meltdown 3.5 Hours After Japan Earthquake And Hid It From The Public

IAEAと東電の幹部連中は全員絞首刑だな。
e0171614_2331582.jpg


おまけ2:
Wanted! 即刻こいつを逮捕せよ!:原発のドン、天野之弥帰国
やっぱり俺が正しかったようだナ!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-27 22:45 | HAARP・台風・ハリケーン

<< HAARPに地震波か?:研究用17 「世見」の照氏の「海水に隠れた... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE