次のターゲットは関東・東海地方なのか?:NWOは死神が好き?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの世界、あまりに多くのことが起き過ぎてETの手も借りたいほどである。さて、まずは地震の話題から。

先日
HAARPに地震波か?:研究用17
でメモしておいた、300nT程度の地震電磁波で予兆された地震はすでに起きたようである。したがって、その次の
HAARPに地震波か?:研究用18
でメモしておいた、600nT程度の地震電磁波で予兆されたかなり大きな地震が、(おそらく)北米中南米方面で起こると、その直後に日本(かアジア方面)にも同程度の地震が起こる可能性が高いだろう。これまでの地震電磁波のパターンからすると、その後は、再び、それより小さな地震が連日起こるはずである。

さて、昨日の朝、こちらで見かけた地震雲のいくつかをメモしておこう。以下のものである。
e0171614_1156118.jpg

e0171614_115631.jpg

e0171614_1156839.jpg

これらの方向は揃って東側、つまり関東方面を指しているようである。

同様にケムトレイル・気象操作掲示板には、昨日神奈川近辺に住む2人ほどの人が、摩訶不思議な虹を撮影したようである。以下のものである。

e0171614_11581197.jpg

(雨が降らないのに虹が出たという。私がジョギング中に見た直立虹もそう。その後ここに地震が二発来た。「ピンポイントHAARP!?:徳島阿南がHAARPで地震攻撃2発!?」)
e0171614_1158856.jpg

(これは四川大地震の時の虹に極めて似ている。)

同様に、昨日のNASAの人工衛星画像にも怪しいものが存在した。以下のものである。

AERONET_Osaka Subset - Terra 1km True Color image for 2011/151 (05/31/11)
e0171614_1214081.jpg


この画像には明らかに、「ピンポイントHAARP!?:徳島阿南がHAARPで地震攻撃2発!?」でメモした時に存在した「正方形の窓」
e0171614_9253158.jpg

と同じようなものが関東上空に存在する。関東というよりは、東海地方上空である。

まあ、そんなわけで、東北大震災の引き金を引いた連中が再び今度は関東東海地方を狙っていることは間違いないだろう。なぜなら、すでに日本に仕込まれた地震学者に「大地震は南下する」という神話を公表させたわけだから、東日本の次はそれより南の関東・東海地方で起こるという風評に従って、地震を起してもばれない状況が作られているからである。いつでもお望みの時にこの場所に人工地震を起すことが出来るわけである。

欧米イルミナティーNWOは、極悪非道の死神菅直人民主党政権を維持したくてたまらないわけだから、TPPに日本が加盟するまでは、そしてすべての極悪非道法案を日本の仕込み官僚が通すまでは、菅直人でいて欲しいと思っているわけである。それが通れば後の祭りで、菅直人には用はない。すぐに(社会的に)死ぬことになるだろう。だから、今菅直人を打ち倒そうという流れが出来て来ているわけだから、連中からすれば大地震を起すのは今このタイミングしかないというわけである。それで今必死でその仕込みの真っ最中なのであると私は見ている。

実際、東日本大震災は再び小沢一郎無罪判決で政界の中心に復帰しそうな時を狙って、その出身である岩手のある東北を象徴的に狙ったわけである。この意味では、今回の東日本大震災には小沢一郎の責任も大きなものがある。何でもかんでもウスノロだからである。やるならやる、やらないならなやらないとはっきりして即効で行動しない愚図だからである。愚図は囲碁では通用するがこの世界では無意味である。

今回も、自民党公明党と小沢鳩山がぐずぐずしていると、連中に仕込みの時間を与えるわけだから、同じ過ちを犯す可能性が高いということになるわけである。

ちなみに、例のちきゅうはちゃっかりいるべき場所にいるようですナ。
現在のちきゅう
e0171614_1223291.jpg



まあ、こういう場合「祈り」しかないという説もある。杞憂に終わり何事も起こらないことを祈るのみ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-01 12:24 | HAARPモニター観察

<< 「悪魔の2・5ヘルツの強烈電磁... ふくいちライブカメラの設置場所... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE