台風の雨で3号機が水蒸気爆発を起したのではないか?:状況証拠多数

みなさん、こんにちは。

次は福島第一原発の話。

最近、ふくいちライブカメラの設置場所が4号機を見る位置から突然1号機を見る位置に変わった。同時に、いつも1〜4号機を全部見ることので来たJNN 福島第一原発 情報カメラ (Live)が、宙を見せたまま何も見せなくなった。はたしてここに何らかの事件が潜んでいるのか? あるいは、何かを隠蔽しようとしているのか? 

どうやらそれを知る鍵は、以下のものにありそうである。
3号機原子炉が傾いている!!IAEA調査の映像
ビフォー
e0171614_1341677.jpg

アフター
e0171614_13244641.jpg

(廃炉、廃炉。こんなものを復旧出来ない。廃炉、廃炉! 廃炉あるのみ!)

福島原発4号機近く、地形が変わった?
ビフォー(5月27日 9:00)
e0171614_13264848.jpg

(これは私もよく見て来たものである。)

爆発?(5月28日 10:00)
e0171614_1872081.jpg

(これは、私もふくいちライブカメラにも何やら異変が???:無数の瓦礫のようなものが飛散?でメモしておいたもの)

アフター(5月29日 5:00)
e0171614_13285142.jpg

(確かに、私が「いつも光っている」と言っていた場所が見晴らしが良くなり、光っている場所が2つに増えた。)


これらをつなげると、どうやら3号機が爆発した可能性が高いのではないだろうか? 東電も政府もこれを隠蔽して黙っているようである。

おそらくこの原因は台風の雨であろう。その時に降り積もった雨水のせいで3号機が水蒸気爆発を起したのではないか? その爆風が、私が「いつも光っている」という穴の空いた方向に起こり、周辺の木々を木っ端みじんにすっ飛ばした。一種のジェットのような爆発である。横に穴の空いたやかんから水蒸気がしゅっと吹き出すような爆発である。前にも何かが飛散していたことがあるから、3号機はすでに時々そうやって周辺に放射能を吹き出していたのかもしれない。

早急の究明を望むところだが、菅直人民主党、官僚、東電、保安院と御用学者のばかのペンタゴン(五角形)では隠蔽するだけだろう。

いやはや、大変な事態になっているのではないか?

そういう理由で、向こう側から見られてはまずいということになり、何の前触れも無く、即座にふくいちライブカメラの設置場所を変えざるを得なくなったということだろう。いずれにせよ、私の目は誤摩化せんゾ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-01 13:42 | 原子炉被災

<< 元イーホームズの藤田東吾氏、孫... 「悪魔の2・5ヘルツの強烈電磁... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE