日韓ワールドカップにおける韓国の悪行の数々:イタリアの英雄マルディーニが怒った!

みなさん、こんにちは。

ところで、その韓国通の人が集めたものに、以下の記事があった。私は初耳だったが、「日韓ワールドカップ」で韓国はほぼ日本と同じようなホスピタリティー精神で各国の代表チームに厚遇を与えて来たのかと思いきや、現実はまったく違っていたようである。そこには我々日本人とは異なる民族の薄汚い根性が垣間見えている。

これなら我々日本人を「猿」と呼ぶ理由もうなづける。また秀吉を主題にするNHKの魂胆も分かる。なぜなら秀吉のあだ名は「猿」。朝鮮に初めて出兵した日本の武将でもあるからである。だからNHK総合「大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で日本の武将秀吉をバカな殺人鬼のような描き方をするわけである。

韓国の悪行
の中の極めつけはこれ。日韓ワールドカップでの韓国が行ったイタリア代表チームへの悪行。
スポーツ・グラフィック誌『Number』

イタリアのマルディーニ選手
e0171614_2057545.jpg

は、ソウル郊外の天安にある宿舎の環境に愕然とした。
「韓国という国は、俺たちにできる限りの嫌がらせをしてきた。 丘の上にある辺鄙なホテルは本当に汚かったんだ。 練習場のピッチは狭く、ロッカールームもない。 日本では、すべてがしっかりと組織化され、仙台市民は熱烈に歓迎してくれたというのに。 ワールドカップの試合前に、そんなシチュエーションに置かれるとは思いもしなかった

気を紛らわせるためにマッサージ室に向かったが、 そこでも手厳しい歓迎が待っていた。
「蛇が出てきたんだ。両手を広げたサイズのでっかいやつだ。失笑したね。」

前日のスタジアム視察では、韓国サポーター側スタンドに、 66年大会でイタリアが北朝鮮に負けたことを蒸し返す「AGAIN1966」と書いてあった。 イタリアサッカー協会は激怒し、FIFAに抗議した。

試合は、ご存知の通りにイタリアのゴールはノーゴールにされたりする不可解なジャッジが続くわけですが、 ベンチにいたイタリアの選手モンテッラ
e0171614_2103914.jpg


「はっきりと悟ったよ。 このスタジアムでゴールを決めるのは無理だと。 異質な空気と何者かの思惑が重なり合い、ついには具体的な形となって俺たちの目の前に示された。 全員がそう思ったさ。だから俺は、外的な力が介入できない戦いに懸けるしかないと誓った。 PK戦だよ。そのための準備を急いだ。」

しかし、モンテッラが交代する直前に、アンジョンファンのゴールで韓国の勝利。
「怒りが抑えきれなかった。あんなにも露骨な判定を 繰り返して勝とうとする国。その汚れた思惑に怒り、 涙を流すチームメイトもいた。俺の誕生日も台無しだ。」 

許せん。韓国はFIFAから除名だな。

問題の試合はこれ。
Korea Vs Italy 2002
Bad refereeing against Italy at 2002 World Cup


韓国はちょっと調子こきすぎているナア。まあ、どっちみち福島の風で韓国も滅亡するからどうでもいいがナ。


おまけ:
ついでに書いておくと、私は「日韓ワールドカップ」はハワイのオアフで見ていた。それをまとめたものが拙著「日韓ワールドカップ2002」というものである。その頃は、私は韓国びいきでいた。当時ハワイで見た韓国ドラマの面白さや良さを自分の掲示板で宣伝し、韓流時代幕開けの起爆剤の1つにもなったわけだ。しかし、ハワイにいたために実際に韓国人がイタリア人にこんな惨い仕打ちをしていたということは知らなかった。これではイタリアが勝てるはずもない。上の試合映像を見直した限り、当時のイタリアの試合はすばらしい。その後ドイツのワールドカップで優勝したチームよりずっと強かったのではないかとすら思える。すべてのゴールが正当なゴールだったが、ことごとく脅迫されたり金を握らされた審判やレフェリーのせいでノーゴールとなり、トーナメント初戦の韓国戦で敗退したわけである。これもFIFAにいる韓国人富豪のおかげですナ。キムヨナ問題もいっしょだ。あれから10年後の今になると、韓国人も本性をむき出しにしてきたようだから、これから極東アジアも本格的な戦争になることは間違いだろうと私は予感している。必ず朝鮮は戦争を起こすだろう。それほどまでに韓国人は米イルミナティーに見事に洗脳された国民になったということですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-12 21:08 | 韓国・ウリナラ・法則

<< 現代版「韓国の諺」(ジョーク)... 福島の放射能のせいで全米で新生... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE