世界でもっとも優しい目をした男、ブライアン・ホーさん死去

みなさん、こんにちは。

デービッド・アイク氏のサイトの最新ニュース
Parliament Square Peace Campaigner Brian Haw Passes Away
によると、ここでも以前取り上げた、
「現代医療」と言う名の殺人機関:ブライアン・ホー氏が末期の肺がんに!
のイギリス人のブライアン・ホー氏

e0171614_2005142.jpg

e0171614_2005434.jpg

がお亡くなりになったようである。


THE Parliament Square Peace Campaign
Brian Haw : January 7th 1949 - June 18th 2011


ブライアン・ホーは、英米の中東政策やアフリカ政策など、女子供にまで平気で攻撃して殺傷するような戦争や政治に反対して、イギリスの国会議事堂前でたった1人で寝泊まりして抗議活動をしてきた人物である。最近、肺がんを発症して闘病中であったが、イタリア人のシモンチーニ博士の癌治療を受けることが出来ず、いわゆる西洋医学の抗がん剤治療を勧められていた。しかしそれを拒否して静養中であったという。デービッド・アイクはホーの癌治療にいろいろ尽力したが、その甲斐もなくついにお亡くなりになったようである。

ホーさんの活動がどんな効果をもたらしたか分からないが、ご冥福を祈ります。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-19 20:18 | 人物

<< 宇沢弘文博士が語る「TPP」:... 青い目の見た東日本大震災と福島... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE