アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」1

みなさん、こんにちは。

さて、今回は最近見た中では最もアウトレージャスな話題である。つまり、「とてつもない話」である。だから、おそらく何もこの手の世界に関する情報を知らない人は首を突っ込まないことである。単なる「キチガイのたわ言」にしか見えないからである。あるいは、あまりにとてつもないことの情報量が多すぎて脳がパニックになり、精神分裂してしまうだろうからである。

君子危うきに近寄らず。さりとて、虎穴に入らずんば虎児を獲ず、である。何事にも一長一短。もしこういう内容を自分も知りたい、理解してみたいと欲する人は、まあ、現実的なやり方として、寄せては離れ、寄せては離れるの、ヒットアンドアウェー方式が一番の方法だろう。すぐに理解しようとすると、アナフィラキシーショックのようになるから、時間をかけ、ゆっくりと接近するのである。ちょっと感染し、徐々にならすという免疫療法のやり方と同じである。

実は、あまり知られていないだろうが、脳細胞系と免疫系は非常に似ているのである。これは利根川進博士の昔の言葉にもあったものだが、普通の細胞にとっての外敵や害敵は、脳細胞にとっての外情報や害情報のようなものなのである。自分になじみがあるものが、正常状態だとすれば、自分になじみのないものが、異常状態なのである。

なじみのあるものからなじみのないものを排除するのが免疫機構なのである。これが急激に起こるものが、要するにアレルギーなのである。同様に、なじみのない考えを排除するのが、脳細胞の免疫機構なのである。これが急激に起こるものが、心理的アレルギーなのである。とまあ、そんなうんちくですナ。

さて、トウシロウ相手にそんなことはどうでもいいのだが、以下の記事は実に面白い。両者ともにイルミナティ-NWO側のインサイダー工作員だった若者による話である。片方はまだ現役の暗殺者であるという。一人は、アーロン・マッカラム、もう一人が、マイケル・プリンス(ジェームズ・コズビー)である。

まずは、アーロン・マッカラムのお話から。

内部告発は、企てられたETの操作、"フェスティバル"の偽軍事作戦を暴露する
ExopoliticsTV上アルフレッドLambremontウェブレとの、2011年1月2日独占インタビューの50分ビデオの中で、プロジェクト・シーゲートの内部告発とプロジェクトキャメロット証人であったアーロン・マッカラムが、コロラド州、エバーグリーンでJune 13~19、2011年"啓蒙のフェスティバル" の主催者による、フェスティバルと子供の参加者の上に"decloak"する地球外生命体との間のマニピュレータとして彼を登録するように企てられた募集があったことを露出している。

マッカラム氏はまた、5万人の参加者を誘致する計画がなされており、ライブエイドのボブ・ゲルドフ卿と交渉しているフェスティバルが、参加者と大規模人口に"プロジェクト・ブルービーム'型心理戦の攻撃を加える機会を与えることができることを注意しています。

マッカラム氏は、エバーグリーン、CO及びその三角地帯と米軍基地:フォートコリンズ、コロラドスプリングス、デンバー、CO(報告された深部地下軍事基地を持つ)を持つ3つの領域に近い場所のフェスティバルの開催地の孤立した位置取りと偽軍事作戦のプロジェクト・ブルービーム型の"ETの遭遇"のための肥沃な会場となることを指摘します。

アーロンマッカラムとExopoliticsTVのインタビューを見る

Examiner.comの読者は上記のアーロンマッカラムとか、ここをクリックしてExopoliticsTVのインタビューを見ることができます

http://www.youtube.com/watch?v=MtGf7rva-IA


フェスティバルの主催者は、ハリバートンのために働いている

同社のウェブサイトによると、 啓蒙のフェスティバル主催者ビル・とヤン・ムーアは、"それらの間の80年以上の国際ビジネス経験を持っている。 数百万ドルのビジネスの所有権、100社との資産管理、成功ソリューション指向とパフォーマンスベースのコンサルティングを通じて、彼らは大規模な事業戦略と開発にまたがる知識、プロジェクト管理、販売およびマーケティング、小売マーチャンダイジング、顧客サービス、商業用不動産、インターネットとソーシャルメディアを持っている。 米国のコンサルティングのクライアントは、3M社、テキサスインスツルメンツ、ハリバートン、ジョンソン&ジョンソン、Peterbuiltとロックウェルインターナショナルが含まれています。 英国のコンサルティングのクライアントは、セインズベリー、テスコ、コンパスグループ、アルゴス、ブリティッシュテレコム、ベースブルワーズ、ハーヴェイニコルズ、ブリティッシュカウンシル、そして国際開発省が含まれている。"

アーロンマッカラムの2011年1月2日声明

マッカラム氏は、彼の文を裏付けるフェスティバルの代表者とメールの対応と一緒に6月13~19、2011"啓蒙のフェスティバル"で彼の試行募集について2011年1月2日公開声明を発表した。

"次の文は、私の初期の接触、プライベート電話、応答と後の発見だけでなく、啓発のフェスティバルでされているものの真の本質についての私の考えの私の個人的な証言です。

"今年の12月8日に私に啓蒙のフェスティバルというイベントで講演し、積極的に参加したいかどうか問い合わせする人からメールが届きました。 私に連絡した人は既に私は2011年2月6日に彼のブログトークショーにでる予定だった。 当初、私は非常に記念碑的に見えたイベントの一部であることが求​​められることに幸せだった。だからその担当者に翌日また電話し、このイベントの詳細を議論するように頼みました。私は簡単に、あまり詳しくなく、そのウェブサイトをスキャンしていた。 でも私の腹の中の何かが私に言っていた、私はその瞬間に実感したよりもっと多くのことがこれにはあった。 しかし、私はフェスティバルのために企画委員のメンバーに話すまで言わないでおくことにした。"

"翌日私は、なぜ私が選ばれたのかという理由と私が何をして欲しいかの詳細を議論するために最初に私に連絡し人から電話を受けた。 話が面白くなってくるここです。 私は、主催者が明示またはそう思っているよりも、より多くフェスティバルの形而上学的側面を包含したいと考える委員会内のグループがあると聞いていますので、私はその後、注意深く耳を傾ける。 それは形而上学ベースのフェスティバルなので、もちろんこれは私が奇妙に思うことなのです。 この人が私に明らかにすることは、密かにこのグループでは、このイベントの目的がイベントのクライマックスでのフェスティバルの上に彼らの宇宙船を見せるためにプレアデス種族を招待することのように彼らが感じるということです。 良いアイデアのように正統に聞こえる? まあ、いつも物事は見かけのようではないということです。 この電話の持続時間の間に、私は主催者の許可を得て、私がすべての年齢のスターシードを扱うが、特に子どもたちに焦点を当てた一連のオンラインセミナーの一部になると聞いています。 この理由は、私がこれらの幼児の振動を高めることを支援するためにあらゆる種類の送信機になることです。 十分に無実だ、正しい? 間違っている。ここに私が言う理由があります。私が言われたように、今これらのWebセミナーは、これらのスターシード・チルドレンを準備することです。私は理由を尋ねました、そして私の答えはとどめの一つである。 子どもたちは、フェスティバルの特定の部分の間に私と一緒になり、そこで我々はサークルかそのような何かのなかに入り、"儀式"が実施されると、プレアデス宇宙宇宙船が上空に姿を見せると、これは銀河アセンションの始まりとなるであろうというようなものでした。 何人かの子供は滞在し、一部は行くだろう。 他の言葉で、これは、地球外救助ミッションです。 私は今のように人類自身を救うことは人間の種族にあると何度も述べていますが、一度我々の惑星を取り戻せば、接触が非常に大規模に行われることには私は疑いの余地がない。 これが、単にこの問題の私の考えです。 電話が終わりに来ていたとき、私は私が最初から持つべきであった、問題をより深く検討する強い必要性を感じました。それは、私は諜報機関の私の緊密なネットワークの友人の助けを借りて、私がしたこととまったく同じものです。

"私は詳細に話すことができるが、私はそれが自分自身のためにこれらの事を調査するための個人のものだと思っています。 私の最良の説明は、私が添付されている文書に含まれています。 "スタースタッズ講演者(星を代表する講演者)"のこの巨大なラインアップではどこにも私が示唆した名簿に含まれている方はありません。 アルフレッド・ウェブレ、ミリアム・デリカド(Delicado)、ビル・ディーグル(Deagle)博士、ジェフ・ハーヴェイ、ボブ・ディーン、ローラ・アイゼンハワー、アンドリュー・バシアゴ(Basiago)などなど、もっといますが、はいません。 その代わりにローマクラブ、ブダペストクラブ、そしてネスレ、シェル石油、プルデンシャルなどのような世界で最も危険な企業のいくつかのための訓練のコンサルタントの現在の肩書きを持っている、エリートタイプの意欲を高める講演者があります。 加えて、私の考えでは、U2の歌手ボノとVirginの最高経営責任者(CEO)リチャード・ブランセン(Bransen)卿のようにこの真実の運動への建設的な何かを持っていた人々。 公に彼らの優生学への支持を多く論じている人と露骨なマインドコントロール"ワークショップ"を持っている人の講演者があります。 再び私は子供のためのフェスティバルのゾーンをさらに詳細に話すことができます。 もっと知りたい? それはあなた自身のためにチェックアウト。"
http://www.festivalofenlightenment.com/

"あるものはこの次のコメントが的外れと言うかもしれないが、真のサイエントロジーについて何かを知っている場合は、このウェブサイトは全体でそれの感覚を持っています。 私は彼らが所属しているというつもりはないが、私の考えではいくつかの類似点は再び存在する。 これは、このフェスティバルをどうレイアウトするかのためには重要です。 再び前に言ったことと同じように、私は草の根レベル、独立したラジオでは、大小のイベントで市民に発言する多数の個人を懸念しています。 だれもいません。 選ばれた人々はこれらの明らかな世界的に有名な講演者です、まだ私が聞いたことが非常にまれであり、私の仕事の線で私は驚かされます。"

"今これがどのように私には思えるかという軍事面について。 あなたが考慮するためだけのシナリオ。 私は任意の男性、女性または子供を除外できないすべてのありふれた風景の中にいて、何か大きなことを計画するつもりだった場合、私は史上最大規模の最も大きなイベントのように思われるように企画されたイベントとなるようにするか、または計画するでしょう。 ライブエイドよりも大きい、ライブ8より大きく、これまでの任意のLightworkingイベントよりも大きいものを一緒にしたようなもの。 その後、私はそれを標準の会議と異なるイベントにします。 それはそれより大きくなる必要があります。 子どもたちは、会議に行く必要はありません。 だから、フェスティバルのラベルに平手打ちし、それは家族全員で楽しいものです。 さて次は即時認識されるような、ボノ、リチャード・ブランセン(Bransen)卿とさらにはディーパック・チョプラのようなよく知られた人を持ち込むことです。 順番に他の講演者が誰かを検討してから、あるいは彼らがしたいことが何かという関心からそらす。 場所はまた、そのような大きなイベントで考慮すべき重要な要素です。 私が言われたように、このイベントは、おそらく5万プラス係員が待っているはずだ。 あなたは、まだそのような小さな場所が選ばれたために大きなスペースが必要になりますし、その場所はコロラド州エバーグリーンです。 町のそれに出入りする主要な3つだけの道路で、軍事考え方にある私にとって非常にご都合主義的です。 戦略は、正確な実行とイベントを実行するために、ここで重要なのです。 このような場所で非常に多くの方法をどのように切り上げるのですか? サンゴに牛を放牧するようなものです。 それは三角測量と呼ばれている。 そこから三角測量してから、震源地を選択してください。 北へ63マイルは、フォートコリンズです。 南へ66マイル、コロラドスプリングスです。 東に約23マイルはデンバーです。これらの3つの場所は巨大な地下深部軍事基地を持っていることを知っている人のためです。 実際には企画委員会のメンバーとの電話のすぐ後に、コロラド州の私の情報筋から電話を受けました。彼はコロラドスプリングスのすぐ外の施設が大規模な軍事運動があったことや基地の周辺ではまだ仕事をしていた一部の業者は、契約の仕事の終わりのために解放された秘密の建設があったことを、任意の提案の拘束なしで私に言った。しかし、建設はまだ続いている。 "

"それでは、何がこれのすべてでしょうか? 私は、このフェスティバルの詳細データを得るために、私の調査に深入りするが、私がそれを言うまで、私ははるかに私が説明するつもりのことより以上のものを持っています。 イルミナティは、一生懸命働いていました、1960年代以来、いくつかのケースで成功裏に真実運動に潜入し、すべてはCOINTELPROとして知られるFBIの作戦で始まった。 それは、以来、意識的な戦争をしているが、正直にその戦争は、イオンに対して続いている。 プロジェクト・ブルービームは、かなりいつか今のために米国政府によって"保留"にされている作戦です。 このプロジェクトは、私が大衆の制御のためのグローバルエリートの"最後の手段"と呼んでいるものです。 それは、現在DUMBsと秘密の宇宙計画で使用されるさまざまな高度な技術の構成されています。 ホログラフィック技術、HAARP、衛星グローバルマインドコントロールのモニタリングと最後に"UFO"の使用、これは 最もよく目撃される宇宙船の一つと同じ外観を持っている高度な軍事技術にすぎない。これは、もともとAurora/TR-3Bであった現在TR - 3Dである、三角UFOとして知られています。 ゼロポイントエネルギーと低温核融合のような技術を使用した高度な航空機。 他のすべてが大衆を完全な制御下に維持するのに失敗したときに、2つのシナリオを実行することができます。 一つめは、悪意のあるまたは友好的エイリアンの侵略であり、2つめは、キリストの再臨、すなわち歓喜です。 "

"企画委員会にあるこの個人によって私に語られたすべてのものが本当であり、それが究極のプランの場合は、私は強く遠く離れるように助言する。 フェスティバルには、1つの一般的なテーマを持っています。 そのテーマは、スターフレンズがコロラド州の私達に会いに来るときすべてがうまくなるように、あなたの心をこの"新世界の啓発"に行かせて受け入れるようにすることです。 一度それが起こると、それが本当の情報開示と非常に長い間エリートが抑制してきた内容の完全な露出のための私たちの運動に大きな打撃となるでしょう。 "

"私はこれについて完全に間違っているかもしれないが、非常に正直に言うと私が間違っているとは私は信じていない。 今年私は、私がした予測が良いものではなかったので、いくぶん満足していない、かなり良い実績を持っている。 私は、すべての人にこのメッセージを配信し、彼または彼女が私が彼ら自身のために言ったことを分析できるようにすることが、私の責任だと思っています。 そんなわけで、結論として、私はイルミナティの啓蒙のフェスティバルに参加しないつもりです。そして、これを読んでいるあなた方も参加しないことを願っています。 もしあなたが参加するなら、どうか細心の注意を続行してください。 私はこの問題を調査し、できるだけ早く更新プログラムを提供していきます。 我々は本当にこの惑星で今エキサイティングな時代にあり、それは急いで緊急性につながることができますが、我々は急いではいけません。 我々は、注意深く、観察深く、計算高くなくてはなりません。そして、常にあなたの"直感"があなたに告げる時に不確実であるかのような問題のあらゆる種類を検討する必要があります。 私の友人として、ジェフ・ハーヴェイは、常に"我々は、この中で一緒にいるすべてである"、そしてそれを理解することが非常に重要だと言います。 私たちは、エリートが何を行ったとしても彼らが失敗するように、強く留まり、まとまりのある集団的意識として働く必要があります。 ポジティブ思考の投影は強力なものですが、行動の非常に重要なバランスなしでは、それは単なる思考にすぎません。

"ありがとう、"

署名/アーロンマッカラム

ET 偽軍事作戦の操作の技術-段階的な"宇宙人の侵略"のための段階を設定する

このレポーターとしてアルフレッド・Lambremont・ウェブレは2010年10月15日に書いている、もしエイリアンの侵略の有名な映画とテレビシリーズが、段階的な"エイリアンの侵略"の先駆者であるなら、2011年はどの段階のUFO侵略の犯人によって先駆者の年として計画されたのかもしれない。

"宇宙人侵略"映画の市場は、間違いなく実際の"エイリアンの侵略"段階の大量心理条件付け装置(前編)です。私たちは、公共に行く映画と地球上の宇宙人の実在ミームに宇宙人の恐怖を注入するそれぞれの、エイリアンの侵略映画の本当の勃発へ、まさにハリウッドでいざなわれているところです。 もし"エイリアンの侵略"映画"が、実際に段階的な"エイリアンの侵略"を条件づける前編であるのなら、偽軍事作戦の"エイリアンの侵略"の現実は、(疑問の)2011映画とTVのプレミアシーズンに続いてやってきます。

1つの情報源が言います 、"スティーブン・スピルバーグは、TNTのテレビネットワークと共同で、Falling Skiesというタイトルの新しい空想科学小説シリーズを生産するところです。Falling Skiesは、宇宙人の侵略の余波に基づいている。Falling Skiesは、2011年の夏のいつかにTNTで初公開される。彼はScifiのためのナインライヴズの12時間ミニシリーズを生産するように指示し、SF映画のRobopocalypseが作成する予定です。"

別の映画産業の情報源は言います 、"信じられない、エイリアンの侵略の最前線に関するさらに多くのニュースがあります-それのいくつかは大きいニュースです。 明らかにサム・ライミは、アメリカが共産主義中国との小競り合いをすることを含む、地球防衛軍と呼ばれる新しい映画を準備している...宇宙からの訪問者からはるかに大きく、より致死的な侵略へのプレリュードとして。 それでこの映画は、最近の二つの映画の傾向:反共産主義とエイリアンの侵略を結合します。 すばらしい。"

"しかし、今やそれらの上空における混雑の種類を楽しもう! 特定の時点で、これらのエイリアンの侵略者の一部は、おそらくお互いの戦いを開始する予定です。 なぜ? なぜなら、 現在、ローランド・エメリッヒのオリジナルのインデペンデンスデイには2つの続編の可能性があるという噂が駆け巡っているからです。これらの他の作品のいくつかは彼を出し抜くので、エメリッヒはよりよいものと急いでいたもののですがね。そのような映画の1つが、我々が以前にここに関するいくつかの予約を登録したが、これだけ素晴らしい新しい予告編がデビューしたスカイラインです。 この映画は$ 10M(1000万ドル)かけて作られたことに留意してください。 驚異的です。"

"そして、十分皮肉にも今日:リドリー・スコットは、明らかに彼のエイリアンの続編に$ 250万ドルの予算を望んでいる。また、彼は"ハードR"格付けを持っている映画を望んでいる。 フォックスは、明らかに、両方の計算にためらっている。 正直、リドリー卿は引退を検討する必要があります。 彼は、ボックスオフィスで不振の映画に関して長年の間、他の人々の莫大な資金を吹き飛ばしました。また、報告したように、これらの要求が本当の場合、彼はマトリックス-形式の夢の状態に生きている必要があります。 彼は、スカイラインの予告編を見て、今日では金銭のために何ができるか分かるはずです。"

"他の宇宙人の侵略のニュースでは:エマ・トンプソンは明らかにMIBの3Dを回している;リハンナ(Rihanna)は彼女の仲間の戦艦キャストメンバーから絶賛を得ている;いくつかの興味深いセットの写真は、J.J.エイブラムス/スティーブン・スピルバーグ・スーパー8から流出している;コミック-コンは今後5年間、サンディエゴに滞在している;トムハンクスはエレクトリックシティと呼ばれる未来的な新しいウェブシリーズにデビューする;そしてMTVが「スターウォーズ・サーガ:3Dで見るのが待ちきれない 」から10シーンの素晴らしいリストを実行している− しかし、何らかの理由で、かれらは、デススターのトレンチのシーンを忘れてしまった! デススターがない?!"

しかし、上記のようなもの、スティーブン・スピルバーグ監督のフォーリング・スカイ、エイリアンの侵略の余波に基いた2011年のテレビシリーズは、プロジェクト・ブルービームのような段階的な"宇宙人の侵略"のミームを維持するために十分ですか? 予想しにくい。

2人の研究者はプロジェクト・ブルービーム&HAARPをノルウェーの光の原因とする

このExaminer.comの記者は、 2009年の12月9日、ノル​​ウェーのノーベル賞受賞者のバラクオバマ氏の平和賞受賞式のまわりで段階的な"エイリアンの侵略"の可能性について初めて報告した。"2人の研究者は、ノルウェーの光の原因をHAARP、すなわち反ET宇宙空間設置の大量破壊兵器のせいにする"

私は書きました、"オバマのノーベル賞受賞スピーチの前夜に2009年12月9日ノルウェー上に青緑色の光の渦の解釈のクロスボレー(ロシアのミサイル、ロシアのミサイルを破壊するETS)の後、2人の研究者が独立して仮説を立て、HAARPこと、1つのスペースベースの大量破壊兵器(その1つのアンテナの場所がノルウェーの渦巻き光の地点に近い)と断定しました。"

"研究者の一人デビッド・ウィルコックによると、彼の秘密の情報源の一つは、ノルウェーの渦巻き光はプロジェクト・ブルービームの一部だったと述べた。ウィルコック氏のインタビューは、ケリー・キャシディのプロジェクト・キャメロットのラジオ番組で表示されます。"

"プロジェクト・ブルービームの主張な目的の1つは、グローバル企業の新世界秩序(NWO)目的とした大量心理的動機付け装置として、HAARPによって生成し、ノルウェーの渦巻き光に表すというような、高度な電磁波イメージングを使用することです。"

"もしこの分析が正確であるなら、ノルウェーの光は、次の日2010年11月10日のオスロでのオバマ米大統領のノーベル賞の受諾演説あたりで、地球外生命体のようなもの、または、超越"オーラ"を固定しようとするためのHAARP誘発効果であったのかもしれない 。"

(つづく)
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 11:46 | マッカラム・シーゲート

<< アーロン・マッカラム「宇宙人は... HAARPに地震波か?:研究用22 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE