アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」2

(つづき)
段階的な"宇宙人の侵略"の技術要件

このレポーターアルフレッド・Lambremont・ウェブレは、段階的な"宇宙人の侵略"の偽軍事作戦行動のための技術的要件の多くを研究し、文書化しています。

文書化された技術的な構成要素と偽軍事作戦のシナリオとしての"段階的な"エイリアンの地球侵略"もっともらしいの動作の前提条件は以下のものを含みます:

(1)闇の予算の技術や兵器システム -段階的な"エイリアンの侵略は、その存在が信頼できる内部告発者によって確認されている闇の予算の交通システムと兵器システムなどを含む、高度な技術をもっともらしく採用するでしょう。

エイリアンの侵略の構成要素-闇の予算の輸送と兵器システム

段階的なエイリアンの侵略偽軍事作戦行動の適用のために都合良く利用できる主要な既存の闇の予算の交通システムと兵器システムの構成要素は次のとおりです。

A. 反重力UFOの宇宙船

米国の闇の予算反重力UFOの宇宙船は、ほとんどもっともらしいことに、段階的'エイリアンの侵略'の偽軍事作戦の重要な要素となります。

以下は、さまざまなプロジェクトから反重力UFOを採用した、秘密の米国の反重力UFOの宇宙船について知られているものです。 反重力UFOは、水中及び地下の米国の闇の予算の秘密基地にあります。それらは、ステルス・ホログラフィック機能を持ち、そして目に見えない状態、UFOの飛行物体の形状、またはボーイング747の形状と音を設定することができます。

エイリアンの侵略に使用:米国の秘密の反重力UFOの宇宙船は、偽軍事作戦行動の事前に配置されたスクリプトに従って演習を実施し、おとりの"侵略"エイリアンの宇宙船として採用されます。

B. HAARPと他の指向性エネルギー兵器を含む、多目的指向性エネルギー兵器

HAARPと知られる、多目的指向性エネルギー兵器は、おそらくエイリアン侵略の多機能を遂行するために適用されます。 地球全体に約17の HAARP兵器システムの設置があります。それは、段階的なエイリアンの侵略偽軍事作戦行動の実装のための万能の兵器システムとなっています。

HAARPの背景

HAARPは 1900年代初頭に最初に科学者ニコラ・テスラが発見した技術- "スカラー波の干渉"を使用している、宇宙の兵器化の一部であるエキゾチックな兵器システムです。 二つ以上の縦波の、超低周波数の電波が、どの時間でも、それらは非常にユニークな方法で相互作用し、地球を取り巻くエネルギーの無限の充満に"トントンと送り"、そしてこのスカラーエネルギーを兵器化して、交差ポイントを狙っています。

HAARPは、3つの主要な兵器システムの構成要素もつ:

* 宇宙拠点:HAARPは、地球の電離層をイオン化し兵器化する。
* 大気拠点:HAARPは、その地上と宇宙基地からの周波数の反射器として、そして人間の人口に対してバイナリ兵器システムとして、ケムトレイルを使用している。
* 地上拠点:HAARPの地上局がHAARPにエネルギーを注ぐ(アラスカ、グリーンランド、ノルウェー、オーストラリア)。

HAARP:報告されている兵器機能:

* SDI(戦略防衛構想)ラジオ波兵器
*環境戦争 - 気象と地震兵器
*宇宙戦争システム
*ミサイル防衛システム
*都市、工業用地、建物、人口、および個人を含む土地と人口の目標に対する、スカラーエネルギー戦争
*対象となる集団や個人の行動電磁ハラスメントや精神操作のためのELF兵器
*人口(ケムトレイルの成分を持つ) に対する、生物的&バイナリ兵器

段階的エイリアンの侵略の構成要素としてのHAARP兵器システムのアプリケーション:

1 空のホログラフィック的と超次元的UFOの作成 ​​-4次元や平行宇宙または太陽系外からのエイリアンの侵略の超次元UFO艦隊をシミュレートするために、空にHAARPホログラフィック機能によって作成されたUFOの艦隊。 HAARPは、すでにおそらくノルウェーのバラク・オバマ氏の訪問の間にノルウェーとロシア上空でUFOをシミュレートするために使用されています。
http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/two-researchers-attribute ...

2 スカラーエネルギー戦争 - それは、スカラーエネルギービームが空におとりとされた秘密の米反重力UFOまたは空のUFOのホログラフィック艦隊(またHAARPによって作成される)から来たように見えるような方法で、偽軍事作戦行動の都市の中心部や他の選択したターゲットを破壊するスカラーエネルギーの戦争。

3 宇宙戦争システム - HAARPからの無線周波数ビームは、地上の"飛来する"防御なミサイルまたは宇宙防衛軍から航空機を検索して破壊するために使用されている。それはホログラフィックUFO艦隊または反重力UFOが地上ミサイルとインターセプタ航空機などを撃墜しているかのように見せかけるためです。

4 攻撃目標となった集団と個人の電磁ハラスメントと精神操作のELF兵器 -  恐怖とパニックのHAARPの精神操作は、人間の人口を恐怖とパニックの状態に置くために使用されているので、それは本物の"エイリアンの侵略"として段階的なエイリアン侵略を受け入れるやすくなるように、そしてこのようにしてどんなドラコ宇宙人の厳格な法律が地球全体に課されていたとしても受け入れやすくなるでしょう。

C. テスラベースの量子アクセス・テレポーテーションとタイムトラベル能力

米国政府の高度に機密扱いの国防プロジェクトの元参加者の複数の独立した内部告発者-アンドリュー・D・バシアゴ(Andrew D. Basiago)、マイケル・レルフェ(Relfe)、そしてアーサー・ノイマンなどの米国の秘密プロジェクトから内部告発者を含む-によって確認されたように、米国の闇の予算は、テスラベースの量子アクセス・テレポーテーションと時間旅行の技術を少なくとも40年間所有している。

2001年9月11日の偽軍事作戦行動を含めて、これらの技術が秘密裏に偽軍事作戦行動の計画に適用されているように見えるという合理的な証拠があります。

二つの主要なタイムトラベルの技術は、(1)Chronovisors(クロノヴィサー)-これはオペレーターが時空間のホログラム内の任意のシーンの過去や未来の実際の"画像"にアクセスを許可するホログラフィック装置。;と(2)量子アクセスするスターゲート型の技術-これは、個人や物品をホログラフィック時空間の特別な場所に送ったり戻したりする装置。

量子アクセス・スターゲート型のタイムトラベルの技術は、証拠によれば、米国DARPAから1971年まで過去に戻り、今年2045年の未来の時間基盤に行って帰り、1971年9 / 11のイベントの画像を取得するために採用されたという。

タイムトラベルの技術は、段階的な"宇宙人の侵略"の加害者によって、偽軍事作戦行動の時空間位置をあらかじめ表示し、その成功への鍵となる重要な戦略と物流情報を得るように、もっともらしくするために使用されます。

(2)"影の政府" -エイリアンの侵略は、2001年9月11日の偽軍事作戦行動のように、は 、これらの兵器システムを命令し制御している国際的な"影の政府"のために実行されます。 "影の政府"内の個人、銀行、金融、などは、国際的な戦争犯罪の恐喝組織として、RICOの法令、ジュネーブ条約、及び国際刑事裁判所の下で訴追の認定強化するでしょう。

エイリアンの侵略の目標は次のようなものです:(1)"侵略エイリアン"との戦争経済のための新たな市場を永続させること;(2)惑星の服従とパニックに人類を征服すること;(3)グローバルな軍事法と独裁の状態を課すこと;(4)倫理的で知的な文明と対話する宇宙の市民としての人類の集団のすべての潜在能力を否定すること。

(3)9/11 兵器アナロジー -エイリアンの侵略に最も近い作戦上のアナロジーは、2001年9月11日 の偽軍事作戦行動です。ここには、最善の証拠が少なくとも4つの既存の高度な闇の予算の技術が採用されたことを示しています:(1)ステルスホログラフィック機能を搭載した米国の反重力UFOの宇宙船;(2)指向性エネルギー兵器による世界貿易センターの建物の分子溶解;(3)高度な第4世代のミニ核兵器;(4)911の計画者に1971年のイベントの作戦知識を事前に与える、量子アクセステスラベースのタイムトラベルの監視。

(4)文脈に埋め込まれて -  エイリアンの侵略は、次元間、銀河系、太陽系やグローバルな文脈に埋め込まれている。そこでは、偽旗行動方法論によって必要とされるように、世界のメディア展開偽軍事作戦のシナリオにおいてそれらの適切な役割を果たすために、世界の政府、軍隊、そしてメディアに埋め込まれた、命令および制御ネットワークを通じて、世界政府の意思決定者、世界の人間の軍隊は操作されています。

(5)'侵略するエイリアン'はどこにいるの ?- 技術的に言えば、実際の'侵略するエイリアン'は、段階的"エイリアンの侵略"の偽軍事作戦行動の必要な構成要素ではない場合があります。 偽軍事作戦のシナリオは、地球上でグローバルに機能する独裁を設置する代償として、地上軍が正常に侵略エイリアンのUFO探査機を撃退するように設計されているのかもしれません。

また、"インデペンデンスデイ"のシナリオは、ニューヨークの国連ビル、ワシントンのホワイトハウス、イギリスの国会議事堂、北京の紫禁城などの重要なモニュメントの上を浮遊する秘密の反重力UFOの宇宙船を見せています。...まあ、 - あなたは画像を取得してみてください。 そこにいる実際の侵略するETsを"見る"必要がありません、新世界秩序(NWO)の守護者としてのただ彼らの宇宙船を見ます。

"ETが姿を見せること" vs 倫理的なETの着陸

2010年10月13日のUFO目撃は - それらは次元間の知的に指示された現象またはHAARPプロジェクト・ブルービームまたは自然現象またはこれらの混合物の一部である - 私たちの3次元地球に並行した次元にある、または高度な不可視の技術を使用している可能性のあるインテリジェントな文明の乗り物や宇宙ステーションの"姿を見せ(decloaking)"の問題を提起します。

私が報告したように、カナダの音声認識の専門家と旧CBSラジオプロデューサーのジョン・ケリーは、逆演説分析のために2009年1月20日に米国の国会議事堂での壇上のオバマの就任演説の録音を受けています。 ケリーの逆演説分析では、(下記参照)、オバマの就任演説は、オバマ政権の任期で発生する"イラク戦争の"規模でグローバルに影響する地球外のイベントを予測する秘密のメッセージが含まれていることを示しています。 第2期目に再選された場合、2008年に選出された、オバマは、2013年1月20日または2017年1月20日までとすることがあります。

従って、次元間の知的文明によって引き起こされた2010年10月13日のUFO目撃の部分は、実際にはオバマの就任演説のジョン・ケリーの逆音声分析の擁護の始まりかもしれません。

バラク・オバマの就任演説は、音声認識の専門家ジョン・ケリーが米国大統領の就任演説で秘密のメッセージを明らかにする逆音声分析を使用したのは今回が初めてではない。 元米大統領ジョージW.ブッシュの2001年1月20日の就任演説のケリーの逆音声分析は、2003年3月20日に実際の米国のイラク侵攻に2年間先立ってイラク戦争を開いた"衝撃と畏怖"応酬を公正で正確に報告しました。

逆演説におけるオバマの就任演説

この記者への独占的リリースでは、ケリーは述べています、"[オバマの逆演説]のメッセージは以下の括弧[テキスト]内で発生します。"

ケリーが参照しているオバマ氏の就任演説の一部は次のように読み取ります。

オバマ大統領就任演説:"我々はこの遺産の管理者である。もう一度これらの原則のもと、我々は一層の努力-国家間の一層の協力と理解-を要求するこれらの新しい脅威に対処することができます。我々が[責任を持ってそれにイラクを離れるために ]の人を開始する、そしてアフガニスタンで苦労して得た和平を推進する。"

逆音声分析の手法で解析したケリーによると、バラク・オバマの逆演説の状態のメッセージは述べています:

オバマの逆演説:"エイリアン円盤の力を知っている"

読者は、音声認識の専門家ジョン・ケリーがこの記者に利用できるようにした、オバマ氏の就任演説のこの一節の逆音声分析の特殊なオーディオリンクを聞くことができます。

AUDIO LINK:オバマ氏の就任演説の逆の音声メッセージを聞くには、ここをクリックして。

音声認識の分析の方法論

下記はバラク・オバマの就任演説逆演説のサンプルの波形グラフです:

専門家のジョン・ケリーは言います、"これらの努力によって生成される情報(この記事で何度も説明した)だけでなく、私の音声認識のドキュメントを制約する品質基準についてその客観的なフィードバックが、品質基準が非常に高いことや情報は非常に信頼性が高いことを示唆しているということを指摘したい。"

ケリーは続けます、"私は、何百ものラジオのインタビューの間で、主要なイラク戦争の諜報機関がイラク戦争の開始をマークする地理座標とその座標を記述するのをレポートした。客観的なフィードバックは、最初のガーディアン紙の記事を通して登場した。
初期の軍事攻撃を説明する知性の間に報告を行った:
http://www.guardian.co.uk/world/2003/mar/11/usa.iraq 。2001年1月に発見され報告されたメッセージで説明されているように、バグダッドで"衝撃と畏怖"ストライキの症状は、再び私の観察の客観性を認定した。"

ケリーは述べています、"これらは実際のイベントであった"という事実は、私が実際に'本物の言葉'を文書化されていることを重要な証拠です。"

ケリーは逆演説を評価する際に言います、"私はコミュニケーションのミラー指向のセットを含む、組織の複数のレベルを示す信号を研究しているということだ。視覚の世界では、私のコンピュータの画面上のピクセルが、光の明暗の交互のパターンを表示していますが、まだどうにかして、これらの一見ランダムなパターンを一貫したメッセージとして解釈することができます。"

オバマ就任の逆講演メッセージの意義は何ですか?

オバマの就任演説の逆の演説を評価する際に、音声認識の専門家ジョン・ケリーは、その重要性の詳細な評価を行っています。 ケリーは言います、"[オバマ就任]メッセージの重要性は2重です。" ケリーは続けます、

"就任演説内での発見は、ブッシュ大統領2001年就任演説で逆にイラク戦争が述べられたような、歴史的なグローバルなイベントを密かに発表するという、以前に実証された能力を考慮して、このメ​​ッセージに意味を与えることです。"


評価のこの部分では、ジョン・ケリーは、米国大統領のジョージ・W・ブッシュの就任演説の逆演説中に隠されていた2003年のイラク侵攻に関する秘密のメッセージを参照している。これを、ケリーは実際の侵攻の2年前に、ラジオ放送で公に明らかしました。

ケリーは、オバマの就任演説の彼の評価のコア分析を述べるために進みます、

"この[オバマ就任演説]のメッセージは、イラクの戦争と同等の、社会、文化、政治、軍事、経済的、精神的衝撃の地球外起源のグローバルイベントが、今後4年間に発生する可能性を示唆している。"


音声認識の専門家ジョン・ケリーが、それがブッシュ元大統領の2001年の就任演説の秘密のメッセージを暴くことによって、それが発生した2年前に、2003年のイラクの侵略の衝撃と畏怖作戦を予測したという正確さは 、見事な大きさのグローバルな地球外のイベントに関するオバマ氏の逆演説メーセージをケリーが暴くことに信憑性を与えます。

音声認識分析とジミー・カーター元米大統領

オバマの逆講演メッセージの評価で、音声認識の専門家ジョン・ケリーは言います、"[オバマ就任]メッセージの語彙は、次の点で意義深い。それがジミー・カーター大統領の秘密の逆メッセージと同一の言語を使用する点で。カーター大統領のメッセージは、"円盤。裸で出かけろ。外へ出ろ。彼らは彼にそれを置くだろう"と言っていて、拉致と注入の可能性を記述していました。

音声認識の専門家ジョン・ケリーは、Exopoliticsラジオの2008年の独占的ラジオ放送で、地球外生命体に関するジミー・カーターの文の彼の逆音声分析をかなりの長さで説明しました。またそれは、クリントン前米大統領、2008年のアメリカ共和党の大統領候補ジョン・マケイン、そして元宇宙飛行士エドガー・ミッチェル博士の地球外生命体に関する逆演説文を分析しました。 読者はここをクリックして、その画期的なプログラムを聞くことができます。

ケリーの音声認識の研究は、元米国大統領ジミー・カーターの逆演説文が、カーターが地球外生命体の拉致被害者であることを確認する傾向があると確証します。 "ジミー・カーターがET / UFOコンタクティですか?"として設定されたように、研究は、カーターが地球外の拉致被害者のいくつかの行動規則性を見せることを示しています。 入手可能な証拠によって、ジミー・カーターは、第一種接近遭遇を持っていました。 これは、彼が彼自身の1973年のUFO目撃報告書で報告しました。したがって、彼は潜在的なUFO / ET拉致被害者としてのしきい値のテストに合格しました。 カーターはまた、感情や精神的な結合の地球外の拉致被害者のしきい値のテストに合格です。 カーターが彼の第一種接近遭遇の繰り返される、深く感情的な思い出は、第四種の接近遭遇(地球外の拉致)の隠された記憶へのトリガー応答である可能性があります。

もし実際には米国大統領ジミー・カーターが地球外のコンタクティであった場合、カーターと地球外文明との間のこの関係は、オバマ就任演説が逆の発声で予測されている、"地球外生命体のイベント"のための地球外文明によって開発された心理社会的インフラの一部とすることができる。

このレポーターは、1977年10月におけるSRI -米国国防総省(DOD)密告の介入によって突然終了される前に、スタンフォード研究所(SRI)によって承認された1977年提出のジミー・カーターホワイトハウス地球外通信の研究のディレクターを務めていたものです。 本研究のDOD終了の基本的な目的は、極秘の米軍-人間諜報機関-地球外密通プログラムの公開を避けるためでした。これは、研究が文書化されていたでしょう。

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 11:49 | マッカラム・シーゲート

<< アーロン・マッカラム「宇宙人は... アーロン・マッカラム「宇宙人は... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE