アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」3

(つづき)
イラク戦争の同等の衝撃の未来”地球外のイベント”とはどういう意味ですか?

記事の私達の調査シリーズは、現在オバマの就任演説の音声認識分析は、オバマ政権の任期(4または8年)の間にグローバルなインパクトを持つ、起こりえる地球外イベントの隠されたメッセージを明らかにすることを報告しました。 音声認識の専門家ジョン・ケリーは、この地球外のイベントについて”イラク戦争と同等の社会的、文化的、政治的、軍事的、精神的な影響を与えるものとして説明しました。”

イラク戦争自体は、 侵略の違法な戦争でした。この戦争犯罪では、人類と大量虐殺に対する犯罪が犯されました。そしてまた、劣化ウラン兵器が、中央アジア、インド、北米大陸と西ヨーロッパに対するサイレント核戦争で放射能毒を広めるために使用されました。 2009年1月現在、劣化ウランから電離放射線に起因するイラクを含む湾岸とアフガニスタン戦争での兵役によって、 100万人の米兵が永続的に障害者になっている。米国と連合軍の攻撃によって1,000,000人の民間人がイラクで殺害されたと推定されている。 一専門家は、ヒトのDNAや人間の健康上、劣化ウラン兵器の世界的な影響は、非常に厳しいので、人間の人口の1 / 3と2 / 3の間を除去するために、国際的な戦争犯罪の恐喝組織による意図的な人工削減化戦略の一部であるようだと述べています。

オバマ氏の逆講演就任演説が記述するこの予測された地球外のイベントは、人類の利益や不利益のためになるのでしょうか?

それは、我々はすべての政治団体として取り組む必要がある重要な問題です。

オバマ政権に関するこの一連の調査記事は、次の質問から始まりました。

我々はUFOや地球外生命に関してオバマ政権の間に何を期待できますか?

♣未確認飛行物体(UFO)と地球外生命体の明瞭な開示?
♣”エイリアン”偽軍事作戦の侵略”は、報告された2001年9月11日の偽軍事作戦攻撃が行われたのと同じように、闇の予算軍事諜報部によって実施されるのか?
♣地球外開示は、地球全体を通じて公式の公共の場やメディア上の情報市民団体や専門家によって、実施されるのか? 知的文明の宇宙社会から地球の惑星隔離は終わりを告げるのか?

我々は現在までにこのシリーズで実証しました。どのように”UFO宇宙人”の宇宙人の偽軍事作戦の侵略の心理社会的インフラが米国とロシアの指導者たちによって設立されたのか、そしてどのようにロナルド・レーガン(”UFOエイリアンの侵略”ミーム)ジョージ・W・ブッシュ(2001年9月11日psyops) を含む元米国大統領が米国本土に対する偽軍事作戦行動のための基礎を築いたか、または承認し参加したかを実証しました。

もしバラク・オバマの逆演説就任演説で参照されるこの世界的な”地球外のイベントが、”UFOエイリアン”偽軍事作戦の侵略、を”具体化する、または、であるのなら、このシリーズは、どのように(米国政府闇の予算の単位)、いつ(2009 -2017)、その行動が発生するかの予備的な実現可能性報告書を今公表したことになります。

このシリーズのオバマ政権、国連、UFOや地球外生命に関する調査記事は、このような偽軍事作戦の”地球外生命体のイベント”の最終目標を確証しています-秘密の戦争犯罪の恐喝エリートの下でグローバル警察国家を確立するために-。また ”衝撃と畏怖”の方法論は、人間の人口の恐怖と征服を浸透させることを目的とする”UFOエイリアン”偽軍事作戦の侵略の基本となるだろう。

我々が以前の記事で示したように 、”UFOエイリアン”侵略ミームを使用している高位米国の関係者は、その現実感のための証拠のかけらを与えている。 したがって、任意のそのような”侵略”は、偽軍事作戦行動でなければならず、本物の敵対的な地球外生命体による侵略であってはなりません。

外宇宙政治(exopolitics)の科学は、倫理的な宇宙人が人間の自治国家を促進していること、そして征服を計画していないことを示しています。

将来の事象を予測する上での逆音声分析の科学的信頼性

音声認識専門家の一人によれば 、”... ...言語は、フォワードおよびリバースの2値レベルです。 人間の脳は音声の音を構築するとして、それは2つのメッセージが同時に配信されるような方法でこれらの音を形成している。 1つは前方へ進む;これは意識を話している。そしてもう一つは逆に送られる;これは無意識の精神が話している。表面のレベルで、それは、通常リバーススピーチが前方スピーチの不整合を修正するように、真理値検出器の一種として機能することができます。 嘘が前方に話されている場合、真実は逆に通信することができる。 もし該当する事実が前方にスピーチから取り残されているのなら、これらはまた逆に話されることがあります。 それが、隠された動機と議題と他の意識的な思考プロセスを明らかにすることができます。 より深いレベルでは、リバーススピーチは、行動や病気の背後にある理由を含めて、無意識な思考パターンを明らかにすることができます。 この情報は治療と治癒プロセスを非常に強化するために使用することができます。”

音声認識の専門家ジョン・ケリーによると、”雑誌Natureが数年前にカリフォルニア大学機構の科学者たちが、それが増大的に時間分割され、逆方向に再配列される時のスピーチを検出する人間能力を研究したことを報告しました。AP(アメリカの報道)は、”脳は話を逆に理解する”という話を伝えました。Scientific Americanの最近の記事もまた、時間が逆に走るという多宇宙を論じました。現実次元の間の時間対称性は、我々の世界の時計とは時間が逆転しているメッセージを合成し転送する可能性がある環境を許すことがでしょう。”

イラク戦争の開始の2年前に公的にかつ正確に”衝撃と恐怖をレポートしたことに加えて、カナダ人音声認識専門家ジョン・ケリーは、”自白する15分前のワチタの朝のラジオ番組でBTK殺人者を同定した;そして昼間のテレビでのウソとして彼女が彼を呼ぶ2週間前にジェームズ・フライ(James Frey)についてのオプラ(Oprah)の本当の気持ちを信頼性をもって暴露した”とレポートしました。

従って、次元間のインテリジェントな文明によって引き起こされた2010年10月13日のUFO目撃のその部分は、実際にはオバマの就任演説のジョン・ケリーの逆音声分析の擁護の始まりかもしれません。

偽軍事作戦の段階的”宇宙人侵略”は現実的な未来の出来事なのか?

1. 1938年のオーソン・ウェルズ(Orson Welles)の”宇宙戦争”は、段階的”宇宙人侵略”だった – 一つの情報源が言います、”宇宙戦争は心理的な戦争実験だったと暗示されている。1999年の独メンタリー番組、宇宙の支配者:連邦予備隊の秘密の誕生では、作家ダニエル・ホップシッカーが、ロックフェラー基金が放送を設立し、パニックを研究し、2、3のものに利用できるレポートを編集したと主張しています。1つの変化が陰謀者としてラジオプロジェクトとロックフェラー基金です。彼の映画 F For Fakeのための予告編で、ウェルズはそういう理論について、放送は”極秘のスポンサーをもつ”とジェスチャー入りでジョークを飛ばしました。”

”マーキュリー劇場はないスポンサーを持っていませんが、CBSとロックフェラー財団は、時間の主要な群衆心理学の研究者を契約された、CBSは、エドワードバーネイズを持っていた、ロックフェラー財団は、アイビーリーを持っていた。 ラジオプロジェクトとCBSの研究部門における彼の立場でフランクスタントンの関与と、それはオーソンウェルズの”創造的好奇心は”これらのビジネス界内での会話から来た可能性があります。 これらの円の詳細なドキュメンタリーと社会的な行動の背後にある考え方は、自己の世紀と呼ばれるBBC、によって作られた。

”宇宙戦争によって生み出されたパニックは同様のパニックを避けて、UFOの証拠を隠蔽するために政府を刺激することだったという憶測が続いています。米空軍キャプテンエドワード・J・ラペット(Edward J. Ruppelt), UFO研究のプロジェクト・ブルーブックの最初の長は書いています、”[]UFOファイルは、オーソン・ウェルズが彼の有名な宇宙戦争放送を行った時の、1938年10月30日のほとんど大量パニックへの参照でいっぱいである。”

2. ’段階的宇宙人侵略’はミームである このミームは、新世界秩序(NWO)と永遠の戦争経済は、HAARPと類似の心理的操作兵器を使って、公衆のパニックと恐怖を植え付ける目的や宇宙空間兵器化と世界的警察国家のアジェンダを遂行する目的で行われていますというものです。

3. 911の偽軍事作戦についての真実の抑制 911の偽軍事作戦についての真実とその高度な量子アクセスタイムトラベルや反重力UFO宇宙船の使用、NSAや他の政府機関による911運動への浸透などの抑制は、もし偽軍事作戦についての公衆の無関心の程度や政府抑制と警察国家の度合いが増大するのなら、成功した段階的’宇宙人侵略’偽軍事作戦が実行されたということを示しているように見えます:

4. 真実運動 –その段階的’宇宙人侵略’が効力を発揮するのを食い止めるために十分大きな数の知識ある意見を創出するように、真実運動の告発者や真実運動それ自体が公衆の大きな部分で知られるようになることは不可欠です。

5. 知識ある市民のET暴露

火星表面の下に住んでいる人間文明との透明性のある、相互作用のある外交関係を復活するための、そして地球による植民地化から繊細な火星生態系を保護するためのイニシアティヴのような、知識ある、市民ベースのET暴露イニシアティヴの重要性は、段階的’宇宙人侵略’のようなドラコ爬虫類人の行動を未然に防ぐためには不可欠です。

6. UFO発光:プロジェクト・ブルービーム、’星座(Star Sign)’または倫理的ETの姿見せ?
一つの視覚的かつ分析的疑問が残ります− 世界中で目撃されたUFOスパイラルや星の光(スターライト)は、プロジェクト・ブルービームの一部、あるいは、多くの信者が言うところのマイトレーヤの’星座’、あるいは、知的多次元文明の次元間探査機の結果、あるいは、単に説明できない自然現象なのでしょうか?

簡単な、全面的な答えはありません - のみ、ケースバイケースの科学的、UFO学的、地球外政治的分析だけがあります。

7. 良いニュース -
我々の宇宙の中心における特異性がいま啓発された統一意識エネルギーの波を放っているということを知る興奮と共に、洞察と慎み深さが適切です。このように、どんなプロジェクト・ブルービーム、段階的’宇宙人侵略’、偽メシア降臨は、意識の二重性からやって来そうであり、失敗します。逆に、倫理的知的文明、すなわち我々の宇宙の中心の特異性(入り口)によって放っている啓発された統一意識エネルギーの波と調和している、真の世界指導者による奉仕活動が成功しそうであるということです。

地球外政治とこの記事のシアトルの関係
Examiner.comによれば、このレポート作成者−アルフレッド・ランブレモント・ウェブレ−は、”地球外政治の分野の2人の専門家の1人”であり、このトピックは一般的に言って局所的な角度に留めるものではありません。このレポーターは、シアトルに本拠地のある、この地球外政治調査コラムを持つことに誇りを感じています。歴史的に言うと、”UFOと’空飛ぶ円盤’の現代的現象はワシントン州では1947年6月24日に始まりました。ケネス・アーノルド(Kenneth Arnold)が、レーニア山近くのカスケード山脈の尾根に沿って、9つの奇妙な、’皿板’のような飛行物体を発見した時のことででした。彼のレポートは、国際的な大見出しニュースとなり、国の内外で何百もの同じような’空飛ぶ円盤’目撃”の引き金になりました。” こうしてシアトル地域のコネクションは、どのExaminer.com記事に埋め込まれています。このレポーターはシアトルの聴衆のために書くことに威信を感じています。

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 11:51 | マッカラム・シーゲート

<< マイケル・プリンス「WWIII... アーロン・マッカラム「宇宙人は... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE