古歩道ベンジャミン、日本のタブーを語る!:戦後の総理で日本人は田中と小渕のみ!

みなさん、こんにちは。

いやー、最近、つむじ風氏が紹介した、
ベンちゃん、ガンバレ!! 洗脳された日本人の脳みそに渇を!!
の中にある、ホワイトドラゴンソサエティー(白龍会)のベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)氏の講演は結構面白い。細かいところでは、それぞれの内容に突っ込みどころもあるが、大筋では正しいようである。

Benjamin Fulford VS POCO凸凹BAND (Lesson 1 America)


Benjamin Fulford VS POCO凸凹BAND Lesson 2 (Prime Minister)



ベンジャミン・フルフォード氏によれば、戦後の日本の総理大臣で、日本人だったのは、田中角栄
e0171614_10511595.jpg

と小渕恵三
e0171614_10495221.jpg

だけだったという。あとはみんな在日外国人だという話。その理由が語られている。この2人とも毒をもられて脳溢血で死亡ですナ。おそらくホウ酸団子かワーファリンの多量投与だったのだろうヨ。ご冥福を祈ります。

なんか情けなくなって来る話ですナ。まあ、それも福島原発の放射能で全滅するから実に面白い展開になってきたようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-12 10:57 | コンスピラシー

<< ハワイアン・スターゲートが開い... HAARPに地震波か?:研究用... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE